渋谷ABEMASMリーグ2021シーズン契約更新 多井隆晴・白鳥翔・松本吉弘・日向藍子との契約更改 を発表

渋谷ABEMASが所属する多井隆晴・白鳥翔・松本吉弘・日向藍子との契約更改 を発表

今後のスケジュール

7月10日まで:契約継続選手の公表
8月上旬:ドラフト会議
8月:2021シーズン契約選手ならびにチーム構成の公表
10月:2021シーズン開幕

8月上旬にドラフト会議が行われ、8月中に「2021シーズン」契約全選手ならびにチーム構成の公表を行い、10月の開幕を迎える。

オンライン対戦型麻雀ゲーム「雀魂」でタイトル戦!使用する「雀魂」って?そして多井隆晴とRMUとは?

プロ麻雀団体「RMU」は、対戦型麻雀ゲーム「雀魂-じゃんたま-」を用いての、公式タイトル戦開催を発表した。

予選から決勝まで、全てネット麻雀でやり通す

所属プロが300人を超すRMU代表のプロ雀士・多井隆晴が語る

3月6日の本戦と3月28日の準決勝・決勝は「雀魂」公式YouTubeチャンネルにて配信される予定

対戦型麻雀ゲーム「雀魂」って?

『雀魂 -じゃんたま-』は、中華人民共和国のコンピュータゲーム制作団体キャットフードスタジオが制作したオンライン対戦麻雀ゲームである。日本での運営はYostarが行っている。ブラウザ版、Android版、iOS版があり、日本式麻雀(リーチ麻雀)のルールで、四人麻雀と三人麻雀のプレイを提供している。

基本プレイ無料で、プレイヤーのアバターとなるキャラクター(雀士)やアクセサリ[注 1]はガチャ(祈願)などから入手できるアイテム課金制。中国開発の麻雀ゲームであるが、ルールは中国麻雀ではなく日本式のリーチ麻雀を採用している

オンラインで全国のプレーヤーとリアルタイムで対戦できる麻雀ゲーム。全世界のプレーヤーと対戦できる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレーヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルを、麻雀の初心者から上級者まで幅広く楽しめる。

ネットの声

プロ麻雀団体「RMU」主な選手紹介

RMU(アール エム ユー)は、競技麻雀のプロ団体である。2007年6月に設立。団体名称は、「Real Mahjong Unit」の略から。

【SSS級】多井 隆晴

【S級】阿部 孝則

【S級】河野 高志

【S級】谷井 茂文

【S級】松ヶ瀬 隆弥

【A級】藤中 慎一郎

【A級】仲川 翔

【A級】中村 浩三

【A級】楢原 和人

多井隆晴代表の声

僕の方から行かないといけないかと思って、VTuberの人や、麻雀配信をしている人に絡んでいったんです。

麻雀プロ団体の公式ルールで、重いタイトル戦に赤アリのものはない。だけど、今の流れはそちらに向いているし、たくさんの人が見てくれている。Mリーグはプロのものじゃなくて、ファンのものなんですよ。だからウケている。

本戦、準決勝、決勝は全部、同時接続で数千人が見ると思うんで、正直(不正は)やれないです。「やれるもんならやってみろ」という感じですね。もし何かあれば、全部僕が責任を取ります。

朝倉選手は天鳳位になって今Mリーガーなんて、誰が予想しましたか。だから今度は魂天(雀魂の最高峰)からMリーガー、第2の多井隆晴が生まれても、なんらおかしくないんです。将棋の世界だってAIが出てから、新たなスターがどんどん生まれている。麻雀もそうなってほしいんですよ。

プロ麻雀界、さらには頭脳スポーツ・テーブルゲーム界の考え方を大きく変えるかもしれないタイトル戦は、3月に幕が開ける。

終わりに

1月24日のお昼過ぎにネットニュースで「多井さんが・・・」。すごいことを始めるんだな~って思いました。RMUの代表で、Mリーグの渋谷アベマズに所属して「最強最速」と言われている多井隆晴さん。

私はリーグで多井隆晴の事を初めて知りましたが、アベマTVの麻雀チャンネルを見ていると「アンチ」も多い人だな~と思ってみていますが、実力はありますよね。2020年は最高位を取って、名実ともに日本を代表するプロ雀士になったんですから。

前回大会では、優勝まじかで大逆転で最高位と取れなかったと、長い間悩み苦しんでいたことは周知のとおりで、2020の最高位を取った時のインタビューは、感動ものでした。

そんな多井隆晴さんが、今度は麻雀ゲームとのコラボだそうです。以前からユーチューブを始めていて時々は見ることがあったのですが、そんなことになっていたとは?

渋谷アベマズの代表の藤田社長もお許しになったんですよね。ま~我々には分からないしがらみというかネット配信という仲間というか、そんなことも感じられます。

とにかく、多井隆晴プロは開拓者なのかもしれません。

多井隆晴プロフィール
日本の競技麻雀のプロ麻雀士。東京都葛飾区出身。RMU及びMリーグ・渋谷ABEMAS所属。RMUでは同団体の代表を務め、団体最高ランクのSSS級ライセンスを保持している。多くのタイトルを獲得し、最強雀士の1人として知られる他、トーク力を活かして様々な番組に出演し、雀士の中では抜群の知名度を有している。
手牌に安全牌を一枚抱えることが多く、両面待ちが好み。
テレビ対局の解説やネット麻雀の1人実況では、非常にフランクなトークが目立つ一方、理論的な麻雀論を時折織り交ぜている。
出身地:東京都葛飾区
生年月日:1972年3月17日(48歳)
プロ入会:1995年 プロ歴26年
所属団体:RMU

Mリーグ 渋谷ABEMAS 契約更改!自由契約の選手なし!4選手の残留決定!今年の抱負は?

2020年10月開幕の「Mリーグ2020」

渋谷ABEMASは、2018年「3位」2019年も「3位」と2年連続でファイナルステージに進出しています。

多井隆晴、白鳥翔、松本吉弘、日向藍子

多井隆晴

年齢出身地プロ歴
48歳東京都26年
個人スコア平均打点4着回避率半荘数最高スコア
211.4pt6,2970.81482759,900

白鳥翔

年齢出身地プロ歴
33歳東京都14年
個人スコア平均打点4着回避率半荘数最高スコア
290.2pt7,0560.70832462,400

松本吉弘

年齢出身地プロ歴
28歳神奈川県7年
個人スコア平均打点4着回避率半荘数最高スコア
-246.3pt6,6400.60872352,700

日向藍子

年齢出身地プロ歴
31歳長野県9年
個人スコア平均打点4着回避率半荘数最高スコア
18.6pt6,6020.68751651,200

補足情報

Mリーグでは2019シーズンを戦った選手の中から自由契約の選手が出る場合には、20日までの発表することになっている。

7月16日12時時点の来季契約合意を発表した選手の一覧

Mリーグ2020 開催までの間に多井隆晴が所属するRMUって?Mリーグ渋谷ABEMAS

私は恥ずかしながら、Mリーグに興味を持つようになったのが、Mリーグ2019がすでに始まっていました。アベマTVで毎夜のように見るようになり、Mリーグについて少しずつ知識をつけていきました。

2020年に入り、新型コロナ感染症のせいでMリーグが約3か月間中断がありました。セミファイナルが終わり、さ~ファイナルステージだ!と思った矢先でした。

その間もアベマTVで過去の対戦などを見るのを楽しみにしていましたが、とうとうMリーグ2019もファイナルが終わり、パイレーツの優勝が決定しました。

Mリーグ2020は、例年のサイクルよりは早く開催れることになると藤田社書も言っていましたので、その間「Mリーグロス」にならないように、さらに情報を収集してここに発表をしていきますので、お楽しみに!

渋谷ABEMAS 多井隆晴

出身地:東京都葛飾区
生年月日:1972年3月17日(48歳)
プロ入会:1995年
所属団体:RMU
Mリーグ:2018- 渋谷ABEMAS

RMUとは?

RMU(アール エム ユー)は、競技麻雀のプロ団体である。2007年6月に設立。団体名称は、「Real Mahjong Unit」の略から。

「真の麻雀プロを作る」という理念のもと、トイツ理論で有名な土田浩翔を始め、阿部孝則、多井隆晴、河野高志、古久根英孝といったトッププロが集まって創設された。その後、2010年3月末に団体の中心メンバーだった土田・古久根が離脱したため、後述するように組織の運営方針に変化が生じている。

RMUの主要タイトル戦

令昭位戦Aリーグ(旧称:RMUリーグ)

クライマックスリーグ

令昭位戦B1~D1リーグ(旧称:Rリーグ)

長崎リーグ

赤坂ぷろす杯

ティアラリーグ

歴代令昭位
第1期 2009年 多井隆晴
第2期 2010年 阿部孝則
第3期 2011年 多井隆晴
第4期 2012年 谷井茂文
第5期 2013年 河野高志
第6期 2014年 多井隆晴
第7期 2015年 阿部孝則
第8期 2016年 多井隆晴
第9期 2017年 松ヶ瀬隆弥
第10期 2018年 谷井茂文
第11期 2019年 多井隆晴

RMUに所属するMリーガー

多井隆晴さんだけでした。

日本麻雀機構との関係

2006年に日本プロ麻雀連盟を脱退したプロ雀士が中心となって設立された。理事長は土田浩翔。麻雀のもつ社会性・公共性を意識し、公共の福祉と安寧に寄与することを目的とする。またアマ・プロの共存する集団を目指していたが、2010年6月、土田の体調不良が原因で活動休止が発表された。

Mリーグ ABEMAS日向藍子/松本吉弘/白鳥翔/多井隆晴 Mリーグ2019セミファイナル3位成績

2020年月31日(火)に行われたMリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ最終日いより、4月13日(月)から行われるファイナルシリーズに出場するチームの紹介と個人成績の順位です。

セミファイナル第3位の渋谷ABEMASは、昨シーズンはファイナルで戦うことができずに苦しんだ年だったが、見事2019年のファイナルシリーズにも初出場です。

日向藍子プロフィール( ラブフェニックス )

Tweitter

競技麻雀のプロ雀士。最高位戦日本プロ麻雀協会所属。Mリーグ・渋谷ABEMAS所属。愛称は「ラブフェニックス」。長野県出身。2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位に位置する選手である。

獲得タイトル
第1回女流モンド新人戦
RTDガールズファイト3
プロクイーン決定戦(第16・17期)

出身地:長野県
生年月日:1988年9月24日(31歳)
プロ入会:2011年 プロ歴9年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

松本吉弘プロフィール( 卓上のヒットマン )

Tweitter

競技麻雀のプロ雀士。日本プロ麻雀協会所属。麻雀プロリーグであるMリーグのチーム・渋谷ABEMASに所属。愛称は雀風と容姿に由来して「卓上のヒットマン」と呼ばれる。神奈川県横浜市出身、血液型はO型、身長は187cm。

獲得タイトル
TwinCup 優勝(第9回)
發王位 1期(第25期)

出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1992年5月3日(27歳)
プロ入会:2013年 プロ歴7年
所属団体:日本プロ麻雀協会

白鳥翔プロフィール(麻雀ハイブリッド

Tweitter

競技麻雀のプロ雀士。本名同じ。東京都練馬区出身、血液型A型、日本プロ麻雀連盟所属、Mリーグ・渋谷ABEMAS所属。

「麻雀ハイブリッド」と言う異名の命名者は同団体の藤原隆弘であり、本人も気に入っており使っているとの事。
AbemaTVで放送されている「熱闘!Mリーグ」内の密着企画で、高校生の頃からパニック障害を患っていることを公表した。

出身地:東京都練馬区
生年月日:1986年8月27日(33歳)
プロ入会:2007年 プロ歴14年
所属団体:日本プロ麻雀連盟

多井隆晴プロフィール( 最速最強 )

Tweitter

日本の競技麻雀のプロ麻雀士。東京都葛飾区出身。RMU及びMリーグ・渋谷ABEMAS所属。RMUでは同団体の代表を務め、団体最高ランクのSSS級ライセンスを保持している。多くのタイトルを獲得し、最強雀士の1人として知られる他、トーク力を活かして様々な番組に出演し、雀士の中では抜群の知名度を有している。

手牌に安全牌を一枚抱えることが多く、両面待ちが好み。
テレビ対局の解説やネット麻雀の1人実況では、非常にフランクなトークが目立つ一方、理論的な麻雀論を時折織り交ぜている。

出身地:東京都葛飾区
生年月日:1972年3月17日(48歳)
プロ入会:1995年 プロ歴26年
所属団体:RMU

@shibuya_Abemas

まとめ

セミファイナルシリーズで勝ち残った4チーム(サクラナイツ・フェニックス・abemaz・Pirates)で戦い、ついに優勝チームが決まります。
開催期間:2020年4月13日(月)~4月21日(火)
開催日程:4月13日、14日、16日、17日、20日、21日(全12試合)

Mリーグ 松本吉弘~高身長と強面のルックスでヒットマン渋谷ABEMASからドラフト3位で指名~

松本吉弘プロフィール

競技麻雀のプロ雀士。日本プロ麻雀協会所属。麻雀プロリーグであるMリーグのチーム・渋谷ABEMASに所属。愛称は雀風と容姿に由来して「卓上のヒットマン」と呼ばれる。神奈川県横浜市出身、血液型はO型、身長は187cm。

獲得タイトル
TwinCup 優勝(第9回)
發王位 1期(第25期)

出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1992年5月3日(27歳)
プロ入会:2013年 プロ歴7年
所属団体:日本プロ麻雀協会

Mリーグ 白鳥翔~渋谷ABEMASから2巡目指名キャッチフレーズ「供託泥棒」「麻雀ハイブリッド」~

白鳥翔プロフィール

競技麻雀のプロ雀士。本名同じ。東京都練馬区出身、血液型A型、日本プロ麻雀連盟所属、Mリーグ・渋谷ABEMAS所属。

「麻雀ハイブリッド」と言う異名の命名者は同団体の藤原隆弘であり、本人も気に入っており使っているとの事。
AbemaTVで放送されている「熱闘!Mリーグ」内の密着企画で、高校生の頃からパニック障害を患っていることを公表した。

出身地:東京都練馬区
生年月日:1986年8月27日(33歳)
プロ入会:2007年 プロ歴14年
所属団体:日本プロ麻雀連盟

渋谷ABEMAS 第5位[ -40.5pt ](多井隆晴・白鳥翔・松本吉弘・日向藍子)Mリーグ2019チーム・個人成績ランキング

渋谷ABEMAS   @shibuya_Abemas

多井隆晴

個人スコア 10位 69.7

年齢:47歳
出身地:東京都
プロ歴:26年
麻雀日本シリーズ2015、2016、第31期王位、第1回、第9回日本オープン

大和証券Mリーグ、渋谷ABEMAS(アベマズ) の多井隆晴(おおいたかはる)です。RMU(あーるえむゆー)という麻雀プロ団体の代表をしております。よろしくお願いいたします。ϵ( ‘Θ’ )϶  @takaharu_ooi

【9.10月試合】
第01試合 9月30日(2回戦)3位
第02試合 10月08日(1回戦)1位
第03試合 10月18日(2回戦)1位
第04試合 10月24日(2回戦)3位
第05試合 10月29日(1回戦)3位
【11月試合】
第06試合 11月01日(2回戦)4位
第07試合 11月05日(2回戦)2位
第08試合 11月10日(1回戦)2位
第09試合 11月15日(2回戦)1位
第10試合 11月19日(2回戦)4位
【12月試合】
第11試合 12月03日(1回戦)3位
第12試合 12月08日(2回戦)4位
第13試合 12月13日(1回戦)1位
第14試合 12月13日(2回戦)2位
【1月試合】
第15試合 01月06日(2回戦)2位
第16試合 01月16日(1回戦)2位
第17試合 01月16日(2回戦)2位
第18試合 01月20日(1回戦)4位

白鳥翔

個人スコア 3位 163.1

年齢:33歳
出身地:東京都
プロ歴:14年
第24・25期麻雀マスターズ

日本プロ麻雀連盟23期生、白鳥翔です。大和証券Mリーグ、渋谷ABEMAS所属。第24、25期麻雀マスターズ。第18回モンド杯優勝。麻雀格闘倶楽部、ロン2、モンド杯、AbemaTVのRTDリーグなどにも参戦しています。 澪とマカロンが好き。金髪。 @s_Shochan0827

【9.10月試合】
第01試合 9月30日(1回戦)4位
第02試合 10月10日(2回戦)1位
第03試合 10月15日(2回戦)1位
第04試合 10月21日(2回戦)2位
第05試合 10月28日(1回戦)1位
【11月試合】
第06試合 11月05日(1回戦)4位
第07試合 11月10日(2回戦)4位
第08試合 11月21日(1回戦)1位
第09試合 11月25日(1回戦)2位
第10試合 11月28日(1回戦)1位
【12月試合】
第11試合 12月05日(1回戦)1位
第12試合 12月12日(1回戦)1位
第13試合 12月12日(2回戦)2位
【1月試合】
第14試合 01月09日(1回戦)4位
第15試合 01月10日(1回戦)3位
第16試合 01月17日(2回戦)4位

松本吉弘

個人スコア 28位 -269.1

年齢:27歳
出身地:神奈川県
プロ歴:7年
第25期發王位

大和証券 Mリーグ 渋谷ABEMAS所属 日本プロ麻雀協会の松本吉弘です。よろしくお願いします。 abemaTV RTD、Mリーグ参戦してます!『卓上のヒットマン』  @yoshihiro_npm

【9.10月試合】
第01試合 10月04日(1回戦)4位
第02試合 10月10日(1回戦)2位
第03試合 10月15日(1回戦)4位
第04試合 10月21日(1回戦)4位
第05試合 10月28日(2回戦)4位
【11月試合】
第06試合 11月01日(1回戦)1位
第07試合 11月11日(1回戦)4位
第08試合 11月11日(2回戦)3位
第09試合 11月19日(1回戦)4位
第10試合 11月25日(2回戦)2位
【12月試合】
第11試合 12月03日(2回戦)2位
第12試合 12月08日(1回戦)2位
第13試合 12月19日(1回戦)2位
【1月試合】
第14試合 01月06日(1回戦)2位
第15試合 01月10日(2回戦)4位
第16試合 01月17日(1回戦)3位
第17試合 01月20日(2回戦)2位

日向藍子

個人スコア 15位 -4.2

年齢:31歳
出身地:長野県
プロ歴:9年
第1回女流モンド新人戦、RTDガールズファイト3、プロクイーン 第16期

36期前期最高位戦入会(´艸`)渋谷ABEMAS所属!B1リーグ・第1回女流モンド新人戦優勝/AbemaTVガールズファイト3優勝/第16期17期プロクイーン連覇/フジテレビONE極雀実況/われポン解説/MONDO TV第14.15.16回女流モンド杯出場/ジャンバリ.TV百花繚乱/MJ参戦中/YouTube配信! @hinaai0924

【9.10月試合】
第01試合 10月04日(2回戦)2位
第02試合 10月08日(2回戦)2位
第03試合 10月18日(1回戦)1位
第04試合 10月24日(1回戦)4位
第05試合 10月29日(2回戦)3位
【11月試合】
第06試合 11月15日(1回戦)4位
第07試合 11月21日(2回戦)1位
第08試合 11月28日(2回戦)1位
【12月試合】
第09試合 12月05日(2回戦)4位
第10試合 12月19日(2回戦)4位
【1月試合】
第11試合 01月09日(2回戦)1位

これからの対戦予定

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

最近はアベマTVの麻雀チャンネルにハマっている!特に、Mリーグだ。

今年度から各チームに 女流雀士を必ず参加させなければならないというルールが発足したため、Mリーグの対局で 女流雀士を昨年に比べてよくみかけるようになった。

そして、女流雀士はみんな可愛いね!と思います。そこで、Mリーグの女流雀士の中で1番かわいい?と思う人を紹介してみます。

日向藍子 渋谷ABEMAS

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 (31歳)
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(B1リーグ)に位置する選手である(2019年度は産休のため不参加)

Mリーグ  渋谷ABEMAS

【所属選手】
 多井隆晴
 白鳥翔
 松本吉弘
 日向藍子

1番かわいいのは?日向藍子

終わりに

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS