女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

最近はアベマTVの麻雀チャンネルにハマっている!特に、Mリーグだ。

今年度から各チームに 女流雀士を必ず参加させなければならないというルールが発足したため、Mリーグの対局で 女流雀士を昨年に比べてよくみかけるようになった。

そして、女流雀士はみんな可愛いね!と思います。そこで、Mリーグの女流雀士の中で1番かわいい?と思う人を紹介してみます。

日向藍子 渋谷ABEMAS

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 (31歳)
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(B1リーグ)に位置する選手である(2019年度は産休のため不参加)

Mリーグ  渋谷ABEMAS

【所属選手】
 多井隆晴
 白鳥翔
 松本吉弘
 日向藍子

1番かわいいのは?日向藍子

終わりに

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

松本吉弘の年収は?Mリーグ解説【渋谷 ABEMAS麻雀の匠】身長は?彼女は?

松本吉弘

松本 吉弘(まつもと よしひろ、1992年5月3日[1] – )は、競技麻雀のプロ雀士。
日本プロ麻雀協会所属。
麻雀プロリーグであるMリーグのチーム・渋谷ABEMASに所属。
愛称は雀風と容姿に由来して「卓上のヒットマン」と呼ばれる。
神奈川県横浜市出身。
血液型はO型。
身長は187cm。

麻雀を覚えたのは高校1年生。
高校の先輩に麻雀のルールと共に「麻雀プロ」の存在を教えられ、それまで「あこがれの職業」というものを持たなかった松本にとって初めて「将来の目標」となったという。
青山学院大学在学中に、当時雇われていた雀荘を運営する日本プロ麻雀協会所属の社長に誘われたことをきっかけに2013年にプロ雀士となった。
大学を卒業し、一旦は商社に就職してサラリーマンとなっていたが、2015年に会社を辞め麻雀プロ一本で生活するようになる。
日本プロ麻雀協会の第12期後期に入会し、最年少でのリーグ勝ち抜きを継続させ、2018年11月の時点で同団体のB1リーグに所属する。
20代で發王位を獲得し、2018年からはRTDリーグへの出場を果たす。
同年にはMリーグのチーム・渋谷ABEMASにドラフト3位で指名され、最年少のMリーガーとなった。

日本プロ麻雀協会とは

一般社団法人日本プロ麻雀協会(にほんプロマージャンきょうかい)は、競技麻雀のプロ団体。
2001年土井泰昭(初代代表 現:全日本麻雀協会代表)により創設。
2010年法人化。代表は五十嵐毅(2018年6月現在)。
公式ルールとして他のプロ団体では認められていない25000点持ち30000点返しによる「オカ」が採用されており、順位点も「30000点-10000点」のためトップを取ることが最も重要視されるルールになっている。
また、「役満の複合」が認められていることも大きな特徴になっている。

松本 吉弘 (まつもと よしひろ)

【入会期・所属】
第12期後期・本部
【主なタイトル歴】
第9回 TwinCup優勝
第25期 發王

引用: 日本プロ麻雀協会公式HP

【麻雀の匠 松本吉弘】トッププレイヤーの思考に迫る

終わりに

松本吉弘の年収は?Mリーグ解説【渋谷 ABEMAS麻雀の匠】身長は?彼女は?

松本吉弘の身長は187cm。

彼女について調べてみましたが、なかなか情報が見つかりませんでした。

年収については詳細は知ることが出来ませんでしたが、ユーチューブの動画を挙げておきましたが、この「【麻雀の匠 小林剛】トッププレイヤーの思考に迫る」は、実際に半チャンをプレイしながら他3人はヘッドフォンをして 小林剛の思考を詳しく話してくれています。
今年ドラフト指名され 渋谷ABEMASに加入した日向藍子と一緒に 一打一打の思いとその場の雰囲気、相手がどんな手の内なのかを詳しく話している。
とても参考になる動画なので是非、全部(11本)見てください。

多井隆晴の年収は?Mリーグ解説【渋谷ABEMAS麻雀の匠】本を昔だしているらしい

多井隆晴

多井 隆晴(おおい たかはる、1972年3月17日 – )は、日本の競技麻雀のプロ麻雀士。
麻雀プロに必要な能力を全て兼ね備えているといわれ、人気実力ともにNO.1。
東京都葛飾区出身。
血液型はB型。
RMU及びMリーグ・渋谷ABEMAS所属。
RMUでは同団体の代表を務め、団体最高ランクのSSS級ライセンスを保持している。

RMUとは

「Real Mahjong Unit」の略。
競技麻雀のプロ団体である。
2007年6月に設立。

「真の麻雀プロを作る」という理念の基、トイツ理論で有名な土田浩翔を始め、阿部孝則、多井隆晴、河野高志、古久根英孝と言ったトッププロが集まって創設された。

RMUのライセンスプロ紹介

所属選手のうち、最上位のSSS級に多井隆晴、次位のSS級は該当者なし、S級に谷井茂文、松ヶ瀬隆弥、河野高志、阿部孝則がいる。

引用:RUM公式WEBサイト

【麻雀の匠 多井隆晴】トッププレイヤーの思考に迫る

多井隆晴の年収は?

多井隆晴は麻雀だけで生活しているんですか?という質問を見つけることが出来ました。ここでの回答を見ると

多井熱っていう本を雀荘で読んだのですが、色々と書いてましたよ。
間違い無く麻雀だけで生活しています。
雀荘のメンバー経験は無いそうですが、お店のゲストや解説での報酬などが主たる収入源だと思います。
自団体は、そんなに大きい報酬は無さそうですが。
年収は商社マン時代より貰ってるってありましたから、ざっと3~5千万以上は間違いありませんね。

終わりに

多井隆晴の年収は?Mリーグ解説【渋谷ABEMAS麻雀の匠】本を昔だしているらしい

年収については詳細は知ることが出来ませんでしたが、ユーチューブの動画を挙げておきましたが、この「【麻雀の匠 多井隆晴】トッププレイヤーの思考に迫る」は、実際に半チャンをプレイしながら他3人はヘッドフォンをして多井さんの思考を詳しく話してくれています。

今年ドラフト指名され 渋谷ABEMASに加入した日向藍子と一緒に 一打一打の思いとその場の雰囲気、相手がどんな手の内なのかを詳しく話している。

とても参考になる動画なので是非、全部(8本)見てください。

【渋谷 ABEMAS】スポンサーは?Mリーグ過去のドラフト会議から見るチームの戦力分析

渋谷 ABEMAS

株式会社サイバーエージェント
藤田晋監督

ドラフト会議2018

第1巡指名:多井隆晴(RMU)

第2巡指名:白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)

第3巡指名:松本吉弘(日本プロ麻雀協会)

ドラフト会議2019

2019年7月9日(火)に開催した2019年プロ麻雀リーグ「Mリーグ」ドラフト会議にて、プロ団体に所属するプロ雀士の中から、参加8チームが最大3名の選手のドラフト指名を行いました。

日向藍子(最高位戦日本プロ麻雀協会)

渋谷 ABEMAS 2019チームの戦力分析

2019年の戦力(チームメンバー)

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

エースの多井隆晴は、今期も実力を発揮しるであろう。
昨季(2018年)の個人成績1位の大活躍。
反面、白鳥は昨季(2018年)の個人成績21人中21位という成績。
渋谷ABEMASが優勝を目指すために欠かせないのが、白鳥・松本の若手コンビの覚醒だ。
注目の指名は、最高位戦日本プロ麻雀協会の日向藍子。
今季はエース多井へのマークはより厳しくなると考えられる。
多井がポイントを稼げなかったときに、ニューエースとして2人がポイントを稼げるか。

【ひなたん】突撃!Mリーグ!!渋谷ABEMASを徹底解剖!

まとめ

【渋谷 ABEMAS】スポンサーは?過去のドラフト会議から見るチームの戦力分析

戦力:A