Mトーナメント 2023の概要&出場選手:スポーツ界の新たな頂点を目指す熱い戦い!7/30(日)準決勝

「ABEMA」オリジナル対局企画『Mトーナメント2023』



7/30(日)準決勝

A卓:15:00~

浅井裕介:-52.7P
二階堂瑠美:+2.4P
滝沢和典:-31.2P
渋川難波:+81.5P

浅井裕介:+9.9P
二階堂瑠美:+58.2P
滝沢和典:-17.3P
渋川難波:-50.8P

B卓:19:00~

石立岳大:-9.0P
多井隆晴:+14.3P
松本吉弘:-72.0P
坂本大志:+66.7P

石立岳大:+77.6P
多井隆晴:-54.6P
松本吉弘:+7.7P
坂本大志:-30.7P

Mトーナメント2023 出場選手発表!豪華な顔ぶれが大会を彩る!6/12(月)~8/6(日)

可愛らしいMリーグ女性・二階堂亜樹の魅力とは?

可愛らしいMリーグ女性・二階堂亜樹の魅力とは?

こんにちは、麻雀ファンの皆さん。今回は、Mリーグで活躍する女性プロ雀士の一人、二階堂亜樹さんについて紹介したいと思います。

二階堂亜樹さんは、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士で、現在はEX風林火山のメンバーとしてMリーグに出場しています。その強さと美貌から、多くのファンを魅了しています。

では、二階堂亜樹さんの魅力はどこにあるのでしょうか?彼女の経歴や雀風、対局の様子などを見ていきましょう。

最年少女流プロからMリーグ優勝者へ

二階堂亜樹さんは、1981年11月15日生まれの41歳です。幼い頃から麻雀に親しんでおり、中学卒業と同時に上京して安藤満プロに弟子入りしました。

そして1999年に日本プロ麻雀連盟15期生としてデビューしました。当時18歳で、女流雀士では最年少でした。

以来、数々のタイトルを獲得しながら第一線で活躍してきました。主なタイトルは以下の通りです。

・第3期プロクイーン
・第3回モンド21王座
・第2・3期女流桜花
・第14回女流モンド杯優勝
・Mリーグ2020優勝

特にMリーグ2020では、EX風林火山のメンバーとして初優勝を果たしました[^2^][2]。彼女の経歴にまた一つ新たな勲章が加わりました。

守備派から攻撃派へ

二階堂亜樹さんは、アガることを念頭に置きながらも守備に重きを置いた雀風が特徴的です。しかし、近年のMリーグでは高打点を狙うシーンも多く見られるようになりました。

実際に2020シーズンの平均打点は6880点で、リーグ平均を200点近く上回っています。EX風林火山の成績が振るわなかったことから、「勝ち」にこだわる意識を強く持って試合に臨んだという亜樹さん。

団体戦であるMリーグと、通常の個人対局、それぞれの場面で打ち方を変えられるのは、高い麻雀センスと豊富な経験を兼ね備えた亜樹さんならではの才能といえるでしょう。

熱い対局を繰り広げる卓上の舞姫

二階堂亜樹さんは、対局時には熱い表情や仕草で感情を表現することが多く、視聴者にもその熱気が伝わってきます。

例えば、2022年2月7日のMリーグ第2試合では、熾烈なアガり合戦を制して見事な逆転劇を見せました。オーラスで自力でツモりあげたときには、思わず両手を挙げて喜びました。

また、2021年2月12日のMリーグ第1試合では、700点持ちで南入した後に逆転トップを獲得しました。オーラスでアガったときには、ファンと約束したポーズを披露しました。

さらに、2020年9月26日の麻雀最強戦2020最強「M」トーナメントでは、決勝で多井隆晴と対戦しました。序盤から圧倒されていた亜樹さんですが、南場で連続アガりを決めて逆転しました。その際には、多井に向かって「やった!」と叫んだり、「これが私の麻雀です!」と宣言したりしました。

このように、二階堂亜樹さんは卓上で感情豊かに麻雀を楽しんでいます。その姿はまさに「卓上の舞姫」と呼ぶにふさわしいですね。

まとめ

今回は、Mリーグで活躍する女性プロ雀士・二階堂亜樹さんについて紹介しました。彼女の経歴や雀風、対局の様子などから、彼女の魅力を感じることができました。

二階堂亜樹さんは、最年少女流プロからMリーグ優勝者へと成長しました。守備派から攻撃派へと変化した雀風も注目です。そして何よりも、卓上で熱い対局を繰り広げる姿が印象的です。

これからも二階堂亜樹さんの活躍に期待しましょう。彼女のファンであれば必見のYouTubeチャンネル「るみあきchanねる」もチェックしてみてくださいね。

可愛らしいMリーグ女性・二階堂瑠美の魅力とは?

麻雀プロリーグ戦「M.LEAGUE(Mリーグ)」に参加する女性選手の中でも、特に可愛らしいと話題になっているのが、EX風林火山に所属する二階堂瑠美選手です。二階堂瑠美選手は、日本プロ麻雀連盟に所属する42歳のベテランで、妹の二階堂亜樹選手とともに姉妹Mリーガーとして活躍しています。二階堂瑠美選手の魅力とはどのようなものなのでしょうか。このブログでは、二階堂瑠美選手のプロフィール、実力、人柄などについて紹介していきます。

二階堂瑠美のプロフィール

二階堂瑠美選手のプロフィールは以下の通りです。

項目内容
生年月日1980年9月27日
出身地神奈川県鎌倉市
所属団体日本プロ麻雀連盟
Mリーグドラフト2021年第2巡全体6番目
MリーグチームEX風林火山
キャッチフレーズ天衣無縫
YouTubeチャンネルるみあきchanねる

二階堂瑠美選手は、17歳のときに麻雀を始めました。2000年に日本プロ麻雀連盟に入会し、以来数々のタイトルを獲得してきました。最強位、麻雀グランプリMAX、プロクイーンなどを2回以上制覇しており、女性雀士としてはトップクラスの実力を持っています。

また、YouTubeチャンネル「るみあきchanねる」では、妹の二階堂亜樹選手とともに麻雀やゲーム、バラエティなどの動画を配信しており、ファンからの支持も高いです。2021年にはMリーグドラフトでEX風林火山に指名され、姉妹Mリーガーとして注目を集めています。

二階堂瑠美の実力

二階堂瑠美選手の実力は、Mリーグでの成績や役満回数などからも窺えます。Mリーグ2022-23シーズンでは、個人スコアで12位、最高スコアで7位タイ、4着回避率で21位タイという成績を残しました。

また、同シーズンでは持ち点8万点を超える親ッパネを決めるなど、高い攻撃力を見せました。役満回数では、日本プロ麻雀連盟内で歴代3位(2022年7月10日時点)という記録を持っており、天和や国士無双なども含めて計19回も役満を和了っています。手役好きであり、一発や平和などの純粋な役を好むという特徴もあります。

二階堂瑠美選手は、Mリーグでの対局では、自分のスタイルに忠実に打つことを心がけています。自分の手牌や相手の打ち筋などを冷静に分析し、最適な打ち方を選択することができます。また、リーチやカンなどの発声も早くてはっきりしており、審判や視聴者にも好印象を与えています。

一方で、時には大胆な打ち方も見せることがあり、そのギャップも魅力的です。例えば、Mリーグ2022-23シーズンでは、親番でリーチ一発ツモの国士無双を決めたり、子番でリーチ一発ツモの四暗刻を決めたりするなど、役満を含めた大物を何度も獲得しています。

二階堂瑠美の人柄

二階堂瑠美選手の人柄は、明るくて面白くて親しみやすいと評判です。YouTubeチャンネル「るみあきchanねる」では、妹の二階堂亜樹選手との仲の良さや掛け合いが楽しめます。二階堂瑠美選手は、妹に対しては時に厳しくて時に甘くて、姉らしい態度を見せます。

妹からは「ろくでなしみたい」と言われることもありますが、それも愛情表現の一つです。趣味はゲームやオカルトや散財や読書で、好きなアニメは『新世紀エヴァンゲリオン』です。好きな食べ物は米や焼き肉やすきやきや漬物で、生クリームとチョコが好きです。尊敬するプロは小島武夫選手です。

二階堂瑠美選手は、Mリーグでの対局では、自分だけでなくチームメイトや対戦相手にも気配りを忘れません。チームメイトには励ましやアドバイスを送り、対戦相手には敬意や感謝を示します。

また、自分の和了や失敗に対しても素直に喜んだり反省したりする姿が好感を持たれています。Mリーグでは多くのファンから応援されており、特に女性ファンからの人気が高いです。可愛らしい見た目とは裏腹に、鋭い打ち筋と豊富な経験を持つ二階堂瑠美選手は、Mリーグの女性代表として活躍しています。

まとめ

このブログでは、Mリーグに参加する可愛らしい女性選手・二階堂瑠美選手の魅力について紹介しました。二階堂瑠美選手は、日本プロ麻雀連盟所属の42歳のベテランでありながら、姉妹Mリーガーとして若い世代とも競い合っています。

彼女のプロフィールや実力や人柄からも分かるように、彼女は麻雀だけでなく様々な面で魅力的な人物です。Mリーグでの彼女の活躍に注目しましょう。

可愛らしいMリーグ女性・岡田紗佳の魅力とは?

モデルとしての活躍

岡田紗佳さんは、1994年2月19日生まれの29歳です。東京都出身で、父は日本人、母は中国人です。そのため日本語の他に北京語・上海語・英語も堪能です。

岡田さんは、2011年に「第43回non-noモデルオーディション」でグランプリを受賞し、2012年2月号から『non-no』(集英社)の専属モデルとなりました。その後もファッション雑誌や広告などで活躍し、高身長に加えて豊満なバスト・引き締まったウエスト・美脚の持ち主として注目されました。彼女のキャッチフレーズは「役満ボディ」や「完全武装アフロディーテ」です。

麻雀プロとしての活躍

岡田さんは、2017年4月から日本プロ麻雀連盟所属の女流プロ雀士となりました3。麻雀を始めたきっかけは、大学生の頃にモデル仲間がアプリの麻雀ゲームをやっていたことです4。その後、麻雀に熱中し、プロを目指すようになりました。

岡田さんは、2019年のMリーグで、新規加入のKADOKAWAサクラナイツからドラフト指名されてMリーガーとなりました。これは麻雀プロ歴2年で最年少での快挙です。Mリーグでは、攻め気味のスタイルで勝負を挑み、見事な役満や高打点を決めることもあります。また、チームメイトや対戦相手とのやり取りも楽しく、視聴者にも人気があります。

岡田紗佳さんは、2022年6月5日に行われた麻雀最強戦Mリーグスペシャルマッチでは、U-NEXT Piratesの瑞原明奈選手から役満国士無双十三面待ちを和了ったことが話題になりました。

その他の活動

岡田さんは、モデルや麻雀プロだけでなく、他にも様々な活動をしています。例えば、

・2012年4月から2016年3月まで、中国名である「紗佳」名義で『ネプ&イモトの世界番付』(日本テレビ)に出演していました。
・2015年から、カプコンが運営するモンスターハンター公式ファンサイト『モンハン部』の女子マネージャーとして活動しています。
・特技は上海語・北京語・英語・古筝(こそう、中国の伝統的な撥弦楽器)演奏・クラリネット演奏です。
・趣味は買い物・メイク・歌唱・漫画・ゲーム・フィギュア収集などがあります。

まとめ

以上、可愛らしいMリーグ女性・岡田紗佳の魅力について紹介しました。彼女は、モデルとしても麻雀プロとしても活躍する多才な女性です。また、その他にも様々な趣味や特技を持ち、親しみやすい人柄も魅力的です。これからも岡田さんの活躍に注目していきましょう。

可愛らしいMリーグ女性・高宮まりの魅力とは?

高宮まりとは

・1988年11月8日生まれ、茨城県出身のプロ雀士、グラビアアイドル。
・日本プロ麻雀連盟所属、27期生、四段。
・2018年からMリーグに参加し、KONAMI麻雀格闘倶楽部のメンバーとして活躍中。
・スリーサイズはB83・W59・H85。カップサイズはGカップ。
・思い切りのよい攻撃型の雀風から「猛撃プリンセス」や「淑女なベルセルク」というキャッチフレーズがある。
・登山やカメラが趣味で、自身のYouTubeチャンネル「高宮まりのまりさんぽ」では様々な場所を散歩しながら紹介している。
・2022年には親友の和久津晶と共に池袋にアパレルダーツカフェ「MALUTA CAFE」をオープンした。

高宮まりの麻雀実績

・女流モンド杯(第11回)、夕刊フジ杯(第8期)、女流プロ麻雀日本シリーズ(第1期)などのタイトルを獲得。
・Mリーグでは2022-23シーズンに6回トップを取り、チームの5位躍進に貢献した。
・Mリーグでの最高スコアは78,000点(2020-21シーズン)で、四暗刻や大三元などの役満も多数決めている。


・Mリーグでの通算成績は以下の通り。

半荘数:100
個人スコア:▲463.7
平均スコア:▲4.6
最高スコア:66,400
4着回避率:0.7400
連対率:0.4300
トップ率:0.2000
平着:2.63
1着:20
2着:23
3着:30
4着:26

高宮まりの魅力ポイント

・可愛らしいルックスと抜群のスタイルを持ちながら、麻雀では勝負強さと攻撃力を発揮するギャップがある。
・雀荘でのアルバイトからプロ雀士になった経歴や、グラビア活動を「くねくねするお仕事」と言うなど、ユーモアと明るさがある。
・チームメイトや対戦相手との仲が良く、笑顔や声援で場を盛り上げることが多い。
・ファンへの感謝や応援も忘れず、インタビューやSNSでしっかり伝えている。

まとめ

・高宮まりは、可愛らしい見た目と強烈な麻雀スキルを兼ね備えたMリーグ女性選手である。
・グラビアアイドルやYouTubeチャンネル、カフェ経営など、麻雀以外の活動も幅広く行っている。
・雀風やキャラクターにギャップがあり、視聴者を惹きつける魅力がある。
・チームやファンとの絆も強く、今後の活躍に期待が高まる。

以上、高宮まりの魅力について紹介しました。彼女の麻雀を見ていると、勇気や元気をもらえると思います。ぜひMリーグでの高宮まりの応援をよろしくお願いします。

可愛らしいMリーグ女性・伊達朱里紗の魅力とは?

こんにちは。今回は、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ」に所属する女性プレイヤーの一人、伊達朱里紗さんについて紹介したいと思います。伊達さんは、声優としても活躍する麻雀プロで、2021年にKONAMI麻雀格闘倶楽部からドラフト指名を受けてMリーガーになりました。

その可愛らしいルックスとは裏腹に、卓上では強気で攻撃的な麻雀を展開し、見る者を魅了しています。今回は、そんな伊達さんの魅力を3つの観点からお伝えします。

声優としての活躍

伊達さんは、声優としても多くの作品に出演していますが、特に代表作として挙げられるのが、麻雀部の女子高生がインターハイ優勝を目指すアニメ『咲-Saki-全国編』です。

伊達さんは、この作品で主人公・宮永咲のライバルである白糸台高校のエース・原村和役を演じました。原村和は、自分の手牌に関係なく相手の手牌を読み取り、相手のアガリ牌を自分の手に引き寄せるという超能力「神業」を持つキャラクターです。

伊達さんは、このキャラクターの冷静さと熱さを見事に表現し、ファンから高い評価を得ました。また、この作品がきっかけで麻雀に興味を持ち始めたという話もあります。

伊達さんは、声優になりたいという夢を持ちながらも、親の反対や経済的な理由で上京できずにいました。しかし、大学進学後に再び声優への情熱が再燃し、大学を休学して上京しました。その後、数々のオーディションに挑みながらもなかなか仕事に恵まれず、苦労した時期もありました。

そんな中で『咲-Saki-全国編』のオーディションに合格し、声優デビューを果たしました。この作品では、原村和役以外にも多くのキャラクターの台詞や歌唱パートを担当しました。伊達さんは、「歌うこともしゃべることも出来る声優」という夢を実現させたのです。

麻雀プロとしての活躍

伊達さんは、声優として活動する傍ら、麻雀プロとしても頭角を現しています。2018年に日本プロ麻雀連盟に入会しましたが、そのきっかけは友人の家で教えてもらった手積み麻雀でした。

その後、渋谷で麻雀オクタゴンという麻雀店に通い始め、競技麻雀の奥深さに魅了されました。伊達さんは、プロ入り後も様々な大会に出場し、成績を残してきました。特に印象的だったのは、2021年に創設された世代限定タイトル戦「桜蕾戦」で初代女王に輝いたことです。

この時、伊達さんは29歳であり、参加資格の20代までという条件の中で最後のチャンスだったと言います。その思いを胸に、強豪揃いのメンバーを抑えて見事に優勝しました。

伊達さんは、麻雀プロとしても声優としても常に勉強し続ける姿勢を持っています。麻雀では、自分の打ち方や相手の打ち方を分析したり、麻雀ソフトやアプリで練習したりしています。

声優では、自分の演技や発声を録音して聞き直したり、他の声優の演技を参考にしたりしています。伊達さんは、「自分がその瞬間瞬間に真剣に向き合って出した選択であれば、それが自然に感動につながる」と語っています。その言葉通り、伊達さんは自分の力で結果を出すことで、多くの人々を感動させています。

Mリーガーとしての活躍

伊達さんは、2021年にKONAMI麻雀格闘倶楽部からドラフト指名を受けてMリーガーになりました。Mリーグは、日本最高峰のプロ麻雀リーグであり、多くのファンやメディアから注目されています。

伊達さんは、Mリーグで戦うことになったことで、「しっかり頑張んなきゃ」という身が引き締まる思いだと言います。また、「声優方面で新たなファンも獲得してもらえたら」という言葉もあります。伊達さんは、Mリーグでどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

伊達さんは、Mリーグで早くも快挙を成し遂げました。2021年11月18日の第2試合では、10万5500点持ちの+125.5というスコアをマークしました。これはMリーグ史上最高スコアであり、伊達さん自身も「信じられない」と驚いていました。

この試合では、9回もアガリを決めるなど攻撃的な麻雀を展開しましたが、特筆すべきは役満・四暗刻をアガったことです。これはMリーグでは通算17回目の役満であり、伊達さん自身も初めての役満だったと言います。この役満はローカルルールだったらダブル役満(国士無双13面待ち)だったというから驚きです。

まとめ

以上が、可愛らしいMリーグ女性・伊達朱里紗さんの魅力について紹介したブログ記事です。

伊達さんは、声優としても麻雀プロとしてもMリーガーとしても活躍する多才な人物です。その可愛らしいルックスとは裏腹に、卓上では強気で攻撃的な麻雀を展開し、見る者を魅了しています。

また、自分の夢に向かって努力し続ける姿勢や、麻雀の普及に貢献しようとする姿勢も素晴らしいです。伊達さんは、これからもMリーグでどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。私たちは、伊達さんの応援を続けていきたいと思います。

可愛らしいMリーグ女性・日向藍子の魅力とは?

今回は、私が所属するMリーグの女性プロ雀士の一人、日向藍子さんについてご紹介したいと思います。日向さんは、最高位戦日本プロ麻雀協会所属で、渋谷ABEMASのメンバーとしてMリーグに参戦しています。愛称は「ラブフェニックス」で、独特なアニメ声と天然な言動でファンを魅了しています。

日向さんの魅力は、その可愛らしい見た目だけではありません。実力も折り紙付きで、プロクイーン決定戦では2連覇を達成し、Mリーグでもチームの勝利に貢献しています。今回は、そんな日向さんの経歴やプレースタイル、人柄などを詳しくご紹介します。

日向藍子の経歴とプロフィール

日向藍子さんは、1988年9月24日生まれの34歳です。長野県茅野市出身で、服飾科の短大を卒業後に上京しました。19歳で麻雀と出会い、22歳で最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格しました。同期入会には土田浩翔さんなどがいます。

2016年に第1回女流モンド新人戦を優勝し、2018年にはRTDガールズファイト2を制しました。同年10月には第16期プロクイーン決定戦で最終戦で逆転優勝し 、翌年も連覇を果たしました。2019年7月に行われたMリーグドラフト会議で渋谷ABEMASから指名を受け、同年10月からMリーグに参戦しています。

現在は女流プロとYouTuberとして活動するほか、最高位戦の主要タイトル戦や対局番組の実況を務めるなど、マルチな活躍をしています。

日向藍子のプレースタイルと実績

日向藍子さんのプレースタイルは、積極的で攻撃的なものです。自分の手牌や相手の動きに応じて柔軟に対応し、高打点や速度を重視した麻雀を展開します。リーチや一発目から無筋牌を切ることもありますが、それは自分の手牌や相手の手牌を読んだ上での判断です。

また、嶺上牌や裏ドラが乗ることも多く、「ラッキー」と言われることもありますが、それは自分が作った好形や待ち牌が幸運を引き寄せるからだと言えます。日向さんの魅力は、その勝負強さと華やかさです。Mリーグでは、2022-23シーズンのレギュラーシーズンでトップ率23.8%、連対率57.1%を記録し、チームの首位に貢献しています。

また、セミファイナルシリーズでもトップ率35.7%、連対率64.3%を記録し、ファイナルシリーズ進出に導いています。日向さんは、Mリーグの舞台で自分の実力を発揮し、見る者を魅了しています。

日向藍子の人柄とファンサービス

日向藍子さんの人柄は、明るくて天然なものです。独特なアニメ声と先の読めない言動で、「日向劇場」と呼ばれることもあります。例えば、Mリーグでは自分がツモアガリする度に、「ちゅも」という発声をしていますが、これはおそらく本人は意識せずに「ツモ」と言っていると思われます。

しかし、視聴者はそれに即座に反応し、「ちゅも」というコメントが埋め尽くされます。また、Mリーグ中継に挟まれるソニー損保のCMでは、天獅子悦也さんによる日向さんのイラストに合わせて「ちゅも」という吹き出しが書かれていました。

日向さんは、自分の個性を生かしてファンサービスをしています。日向さんは、YouTubeやTwitterなどで自分の麻雀や日常について発信しています。YouTubeでは、「ひなたんの麻雀するしない」や「ひなたんの麻雀教室」などの動画を配信しており、Twitterでは自分の対局や感想などをつぶやいています。

また、Mリーグではパブリックビューイング会場MCも務めたことがあります。日向さんは、ファンとのコミュニケーションを大切にしています。

まとめ

以上が、可愛らしいMリーグ女性・日向藍子さんの魅力についてご紹介したブログでした。日向さんは、見た目だけでなく実力や人柄も素晴らしいプロ雀士です。

Mリーグでは渋谷ABEMASの一員として優勝を目指していますが、個人としてもプロクイーン決定戦や女流モンド杯などで活躍することでしょう。

日向さんの麻雀は華やかで勝負強く、見る者を惹きつけます。ぜひMリーグやYouTubeなどで日向さんの麻雀をチェックしてみてください。

可愛らしいMリーグ女性・魚谷侑未の魅力とは?

こんにちは、麻雀ファンの皆さん。今回は、Mリーグで活躍する女性プロ雀士の一人、魚谷侑未さんについて紹介したいと思います。魚谷さんは、セガサミーフェニックスのエースとして、2019年にはレギュラーシーズンMVPと最高打点賞の2冠を獲得するなど、男女混合の最高峰リーグで見事な成績を残しています。

また、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としても、女流桜花や王位戦、日本オープンなど、数々のタイトルを獲得しています。そんな魚谷さんの魅力を、以下の3つの観点からお伝えします。

雀力

魚谷さんの雀力は、Mリーグや他の大会での実績からも分かる通り、非常に高いです。彼女は、デジタル派と呼ばれる確率を重視するタイプの雀士であり、自分の手牌や相手の打ち筋を冷静に分析し、最適な打ち方を選択します。

また、彼女は鳴き仕掛けを多用することで知られており、「最速マーメイド」という異名も持っています。彼女は鳴きによって手牌を速く仕上げるだけでなく、相手の手牌や場況に応じて攻守を切り替えることができます。

さらに、彼女は役満や大物役を狙うことも多く、観戦者を驚かせることもしばしばです。例えば、2021年4月25日に行われたファイナルシリーズ第1試合では、小四喜をテンパイしましたが、親リーチに対してドラ切りで勝負しました。このように、彼女は自分の信念に従って果敢に戦う姿勢が見られます。

ルックス

魚谷さんのルックスもまた、彼女の魅力の一つです。彼女は、黒髪ロングヘアーに清楚なメイクが似合う美人です。また、彼女は身長が160cmと高めであり、スタイルも抜群です。

彼女はMリーグでは主に白や青など爽やかな色の衣装を着用しており、清潔感や品格を感じさせます。しかし、彼女は時折赤やピンクなど華やかな色の衣装も着用することがあり、その際には可愛らしさや色気も漂わせます。

また、彼女は笑顔が素敵であり、表情豊かに感情を表現します。特に嬉しい時や悲しい時に涙を流す姿は、「泣き虫マーメイド」という愛称で親しまれています。

人柄

魚谷さんの人柄も、彼女の魅力の一つです。彼女は、自分の思ったことをはっきりと言う性格であり、時には辛口なコメントもしますが、それは自分や相手に対する厳しさや期待の表れです。

また、彼女は自分の趣味や好きなものについても率直に語ります。例えば、彼女はゲームや乗馬が好きであることや、猫が好きであることを公言しています。

さらに、彼女は仲間やライバルに対しても敬意や友情を持って接します。例えば、彼女は和久津晶さんとは良いライバル関係であり、高宮まりさんとは親友であることを明かしています。

また、彼女は2021年1月に同じ日本プロ麻雀連盟に所属する宮澤太佑さんと入籍したことを発表しました。

まとめ

以上、Mリーグで活躍する女性プロ雀士の一人、魚谷侑未さんの魅力について紹介しました。魚谷さんは、雀力・ルックス・人柄の三拍子揃った素晴らしいプロ雀士です。彼女のこれからの活躍に注目していきましょう。

可愛らしいMリーグ女性・茅森早香の魅力とは?

茅森早香とは?プロフィールや経歴を紹介

茅森早香(かやもり・さやか)は、最高位戦日本プロ麻雀協会所属の女性プロ雀士です。1982年5月4日生まれ、北海道苫小牧市出身です。キャッチフレーズは「天才すぎる女雀士」です

北海道苫小牧市出身の3人兄弟の長女

茅森早香は、1982年5月4日に北海道苫小牧市で生まれました。3人兄弟の長女で、弟が2人います。高校は北海道苫小牧西高等学校に通っていましたが、中退しました。中退の理由は、ヘアメイクの専門学校に通うために上京したからだと言われています。

ヘアメイクの専門学校に通うために上京するも麻雀に魅せられる

茅森早香は、高校を中退した後、ヘアメイクの専門学校に通うために上京しました。しかし、上京してからも麻雀の魅力に取りつかれていました。友人と雀荘に通ったり、インターネットで麻雀をしたりしていました。そのうち、プロ雀士を目指すようになりました。

最高位戦日本プロ麻雀協会にプロ入りし、数々のタイトルを獲得

茅森早香は、2001年に最高位戦日本プロ麻雀協会に入会しました。19歳でプロ入りした茅森早香は、その後数々のタイトルを獲得しました。その中でも特に有名なのは、以下の3つです。

・女流モンド21杯(第2回):2003年に優勝し、テレビタイトルホルダーとなりました。
・女流最高位(第11期):2011年に優勝し、悲願の最高位戦タイトルを手にしました。
・女流モンド杯(第13回):2016年に優勝し、2度目の女流モンド杯制覇を果たしました。

これらのタイトル以外にも、麻雀最強戦や女流プロ麻雀日本シリーズなどでも優勝や準優勝を経験しています。また、Mリーグではセガサミーフェニックスのチームメイトとして活躍しています。2020年シーズンでは平均打点1位という成績を残しました。

天才すぎる女雀士と呼ばれる理由

茅森早香は、麻雀のプロとして多くの実績を残していますが、それだけではなく、その打ち方や雰囲気からも「天才」と呼ばれる理由があります。以下にその魅力をいくつか紹介します。

・基礎的な雀力が高い
茅森早香は、麻雀の基本的な技術や知識が非常に高いです。彼女は、手牌の形や待ちの選択、打牌の速さや精度など、どの局面でも優れた判断をします。また、守備力も高く、相手のリーチに対しても冷静に対処します。

・カンが鋭い
茅森早香は、麻雀において重要な要素であるカン(牌を4枚揃えて鳴くこと)を得意としています。彼女は、カンをすることで自分の手を強化したり、場の流れを変えたり、相手の手を崩したりすることができます。特に、他家のリーチに対してカンをすることで、自分のテンパイやアガリ牌を変えることができる「カンチャン」は彼女の代名詞とも言えます。

・感性に従って高いパフォーマンスを発揮する
茅森早香は、麻雀において計算や理論だけではなく、感性や直感も重視しています。彼女は、自分の気持ちや状況に応じて柔軟に打ち方を変えることができます。例えば、攻めるべき時は積極的にリーチやダマテンを選びますが、守るべき時は慎重にビタ止めや流局を選びます。また、相手の心理や動きにも敏感に反応し、読み合いや駆け引きにも長けています。

・脱力感があるけど強い
茅森早香は、対局中はクールで無口な印象がありますが、それは彼女の集中力や冷静さの表れです。彼女は、自分の打ち方に自信を持っており、余計なことに気を取られません。しかし、対局後や卓を離れた時は、笑顔や可愛らしさも見せます。そのギャップが彼女の魅力の一つです。

・猫好きでツンデレ
茅森早香は、猫が大好きで、「にゃあプロ」という愛称で呼ばれることもあります。彼女は、自分の飼っている猫の写真や動画をSNSによく投稿します。また、彼女自身も猫のような性格であり、「ツンデレ」と言われることもあります。彼女は、対局中は厳しい表情をしますが、デレた時の笑顔や仕草はとても可愛らしいです。

以上のように、茅森早香は、麻雀の実力だけでなく、その打ち方や雰囲気からも「天才」と呼ばれる理由があります。彼女は、麻雀界の中でも特に個性的で魅力的な女流プロの一人です。

一般男性との結婚と出産、そしてMリーグへの参戦

茅森早香は、麻雀のプロとして活躍する一方で、プライベートでは一児の母親でもあります。彼女は、2017年12月に雀荘で知り合った一般男性と結婚し、2018年2月24日に男児を出産しました。未熟児でありながら男児を出産し、5月に無事退院したと本人が報告しています。息子の髪の毛は自分で切っているそうです。

茅森早香は、産休から復帰した2018年10月から開幕したMリーグに参戦しています。彼女は、セガサミーフェニックスからドラフト3位で指名を受けて契約しました。チームメイトは魚谷侑未プロ、近藤誠一プロ、和久津晶プロという個性的なメンバーです。

茅森早香は、チーム内ではバランサーとしての役割を担っており、自分の打ち方に自信を持っています。初年度はチームは7チーム中6位に終わりましたが、個人としてはレギュラーシーズン平均打点1位の活躍を見せました。2019-20年シーズンでは、Mリーグ初出現となったレアな役(槍槓)をアガっています。

YouTubeでのゆる〜く楽しい配信活動

茅森早香は、麻雀のプロとしてだけでなく、YouTubeでの配信活動も行っています。彼女は、2019年9月から「さやチャンネルω」という自身のYouTubeチャンネルを開設し、YouTuberとしても活動しています。チャンネルのメンバーは、同じ最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する根本佳織プロ、植村里菜プロ、浅見真紀プロという仲間です。彼女たちは、麻雀に関する話題やクイズ、ゲームなどをゆる〜く楽しく配信しています。

茅森早香は、自分たちが楽しいことをやりたくて、いつもの飲み会をみんなに見てもらっているような感覚で配信しているそうです。彼女は、対局中には見せない天才茅森の様々な表情をファンに見せています。例えば、目隠し麻雀やマリオカートなどのゲームに挑戦したり、近藤誠一プロや二階堂亜樹プロなどのMリーガーとのトークをしたりしています。また、彼女は自身のチャンネルだけでなく、他の麻雀関連のYouTubeチャンネルにもゲストとして出演したりしています。

茅森早香は、YouTubeでの配信活動を通じて、麻雀ファンとの交流や自分の魅力を発信することができていると思います。彼女は、麻雀界の中でも特に個性的で魅力的な女流プロの一人です 。

今後の目標と夢

茅森早香は、麻雀のプロとしてもYouTuberとしても活躍していますが、まだまだ目標や夢はあります。彼女は、麻雀のプロとしては、Mリーグでチームの優勝に貢献したり、個人としてもタイトルを獲得したりすることが目標です 。彼女は、自分の打ち方に自信を持っており、どんな相手にも負けないという気持ちで対局に臨んでいます。彼女は、Mリーグでの活躍やYouTubeでの配信を通じて、麻雀の魅力を多くの人に伝えたいという思いも持っています 。

YouTuberとしては、彼女は自分たちが楽しめることをやりたいという姿勢を貫いています。彼女は、麻雀以外にも様々なジャンルに挑戦したり、他のYouTuberとコラボしたりすることが夢です。彼女は、自分のチャンネルだけでなく、他のチャンネルにも積極的に出演しています 。彼女は、YouTubeでの配信を通じて、自分の素顔や人柄をファンに見せたり、ファンとの交流を楽しんだりしています 。

茅森早香は、麻雀のプロとしてもYouTuberとしても、自分らしく楽しく活動しています。彼女は、麻雀界の中でも特に個性的で魅力的な女流プロの一人です 。彼女は、これからも麻雀ファンやYouTubeファンを楽しませてくれることでしょう。

まとめ

茅森早香は、最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士で、北海道苫小牧市出身、現在東京都在住です。
2001年にプロ入りし、2004年に第2回女流モンド21杯で優勝しました。その後も女流最高位や麻雀最強戦などのタイトルを獲得しました。
2018年から開幕したMリーグにセガサミーフェニックスから参戦しており、初年度はレギュラーシーズン平均打点1位になりました。チームメイトは魚谷侑未プロ、近藤誠一プロ、和久津晶プロです。
2019年9月から「さやチャンネルω」という自身のYouTubeチャンネルを開設し、YouTuberとしても活動しています。チャンネルのメンバーは、同じ最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する根本佳織プロ、植村里菜プロ、浅見真紀プロです。
麻雀のプロとしてもYouTuberとしても、自分らしく楽しく活動しています。彼女は、麻雀界の中でも特に個性的で魅力的な女流プロの一人です。彼女は、これからも麻雀ファンやYouTubeファンを楽しませてくれることでしょう。

可愛らしいMリーグ女性・東城りおの魅力とは?

こんにちは、麻雀好きの皆さん。今回は、可愛らしいMリーグ女性・東城りおの魅力についてご紹介したいと思います。

Mリーグとは?

まず、Mリーグとは何かを簡単に説明します。Mリーグとは、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグです。麻雀のプロスポーツ化を目的として、2018年に発足しました。現在は9チームが参加しており、レギュラーシーズンとファイナルシリーズで優勝を争っています。

Mリーグの対局は、全て東京・港区にある専用スタジオ「Mリーグスタジオ」で行われ、インターネットテレビ局AbemaTVの麻雀チャンネルで全試合が生中継されています。また、一部の対局では都内の数ヶ所でパブリックビューイングも行われています。

Mリーグのルールは、アリアリ(副露した断么九や、副露したり和了を宣言したりした後の役が成立してよいこと)の東南戦で一発・裏ドラあり、萬子・筒子・索子に各1枚ずつ赤牌を入れて行われます。また、時間短縮を目的として全自動麻雀卓の自動配牌機能を使用します。さらに、審判制度を導入しており、張敏賢、梶本琢程、村田光陽が審判を務めています。

Mリーグの優勝賞金は5000万円です。また、個人戦に関しては三賞制度で争われ、毎年の規定打荘数20試合以上の選手が対象となり、個人の総合スコア、1試合での最多獲得スコア、ラス回避率の各トップの選手がリーグ戦終了後に受賞します。

東城りおとは?

次に、東城りおとはどんな人物なのかを紹介します。東城りおは、1990年9月18日生まれの秋田県潟上市出身のプロ雀士です。日本プロ麻雀連盟所属で、2021年からMリーグ・セガサミーフェニックスチームに所属しています。

東城りおは、幼少期は走ることが好きで、学校で一番早かったそうです。高校ではゲームに全てを費やしており、学校に行く意味を見出せず、高校二年時に中退しました。元はタレント志望で、秋田から上京後、雀荘のアルバイトでプロ雀士という職業の存在を知り、プロ雀士を目指すことを決意しました。

20歳の時に日本プロ麻雀協会にプロ入りし、2013年に日本プロ麻雀連盟に移籍しました。2014年に麻雀格闘倶楽部の投票選抜戦で人気3位となり、2016年、2017年、2019年には女性部門で2位となりました。

2018年に結婚により長野で生活することとなり、日本プロ麻雀連盟を休会(2019年)しました。しかし、2020年に離婚し、麻雀プロとして復帰しました。2021年2月9日に行われた、「第15期 夕刊フジ杯麻雀女王決定戦 」の個人戦決勝にて優勝を果たし、初タイトルを獲得しました。2021年8月2日、Mリーグドラフト会議にて、セガサミーフェニックスから2巡目指名を受けました。

東城りおは、好きな漫画・アニメは魔法少女まどか☆マギカや銀魂で、「東城りお」は本名ではなく芸名であることを公表しています。その由来は、『銀魂』14巻に登場した『いちご100%』のパロディの「東城歩(『いちご100%』では東城あや)」から名字の「東城」を、パチスロの『リオパラダイス』(ネット)から名前の「りお」をとったそうです。

東城りおの魅力とは?

最後に、東城りおの魅力とは何かを考えてみましょう。私は、以下の3つの点が東城りおの魅力だと思います。

1. 可愛らしい容姿

東城りおは、可愛らしい容姿を持つ女性プロ雀士です。彼女は、長い黒髪に大きな瞳が印象的な美人です。彼女は自身のYouTubeチャンネル「りおみんちゃんねる」で様々なコスプレやメイクを披露しており、その可愛さに多くのファンが惹かれています。また、彼女はMリーグでもチームカラーの赤いユニフォームがよく似合っています。

2. 実力あるプレイ

東城りおは、可愛らしいだけではなく、実力あるプレイも見せる女性プロ雀士です。彼女は、攻撃的で大胆な打ち方が特徴であり、高打点や連荘を狙って積極的にリーチや副露をすることが多いです。彼女は、自分の手牌の状況や相手の動きをよく見て、場の流れや点数差に応じて攻守を切り替えることができます。

彼女は、Mリーグではセガサミーフェニックスのエースとして活躍しており、2021年10月29日時点で個人ランキング3位につけています。また、彼女は、第15期夕刊フジ杯麻雀女王決定戦で優勝した際には、決勝戦で2回も満貫以上の高打点を出すなど、圧倒的な強さを見せました。

3. 明るい性格

東城りおは、明るい性格を持つ女性プロ雀士です。彼女は、対局中も笑顔や声を出して楽しそうに打っており、視聴者や対戦相手にも好感を持たれています。彼女は、自身のYouTubeチャンネル「りおみんちゃんねる」で様々な企画やコラボを行っており、その際にも明るく元気に話しています。また、彼女はMリーグでもチームメイトや他チームの選手と仲が良く、和やかな雰囲気を作っています。

以上が、私が考える可愛らしいMリーグ女性・東城りおの魅力です。彼女は、容姿・実力・性格の三拍子揃った魅力的な女性プロ雀士です。彼女のプレイや活動に興味がある方は、ぜひMリーグやYouTubeでチェックしてみてください。

まとめ

今回は、可愛らしいMリーグ女性・東城りおの魅力についてご紹介しました。東城りおは、

  • 可愛らしい容姿
  • 実力あるプレイ
  • 明るい性格

の3つの魅力を持つ女性プロ雀士です。彼女はMリーグ・セガサミーフェニックスチームのエースとして活躍しており、個人ランキング3位につけています。彼女のプレイや活動に興味がある方は、ぜひMリーグやYouTubeでチェックしてみてください。

この記事があなたの麻雀ライフに役立ちましたら幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

PAGE TOP