緊急避妊薬(アフターピル)とは?避妊薬が市販されて副作用が気になる

緊急避妊薬という言葉がヤフーリアルタイムで検索されていたので調べてみました。

無防備なセックスが行われた後、72時間以内にできるだけ速やかに『ノルレボ錠1.5mg』を服用して下さい。

緊急避妊薬(アフターピル)とは?

望まない妊娠を避けるために用いる薬だそうだ。
例えば、コンドームが破れてしまったとか、ホルモン剤で受精卵の着床を防ぐ働きがあるそうです。

読んで字のごとく、アフターというくらいなので、性交渉の後に服用するお薬で、数日間の服用猶予があるようです。

女性の生理周期にも影響するみたいです。

受精卵が着床してしまったら、妊娠は避けられないとのことなので、女性側がしっかりと生理管理をしていないといけないようです。

無防備なセックスが行われてから72時間(3日)が既に経過していた場合には、緊急避妊ピルの効果が低下するとも書かれていました。

緊急避妊薬(アフターピル)は市販されているの?

ここが今回のヤフーリアルタイムに登場した気になる部分です。

記事によると、薬局で購入できるように求める要望書を21日、産婦人科医などで作る団体が厚生労働省に提出した。インターネット上で集めたおよそ7万人分の署名も提出。とある。

ということは、今までは市販されていなかったということになる。

緊急避妊薬(アフターピル)は2019年に厚生労働省による検討会にてオンライ処方が解禁されたが、市販薬として購入することはまだできません。

緊急避妊薬(アフターピル)の処方は、病院やクリニックで処方をしてもらうことを強く勧めます。というのも、ネットで通販できるものには、偽物があるということです。

緊急避妊薬(アフターピル)の副作用が気になる

緊急避妊薬(アフターピル)の副作用

消退出血(46.2%)
不正子宮出血(13.8%)
頭痛(12.3%)
悪心(9.2%)
倦怠感(7.7%)
傾眠(6.2%)などが挙げられています。

まとめ

「緊急避妊薬 薬局で購入できるように」国に要望というニュースがヤフーリアルタイムで表示されていたので、調べてみました。

巷でも言われているように、我が国の性教育は欧米列国に比べるとかなり遅れていると言われている。TVの街頭インタビューなんかでもコンドームを使わないという女性が多くいる。

どちらかと言えば、女性が弱者な感じがする。性行為での達成感は男性が優位に立つように思い、コンドームを装着しない方が気持ちよいに決まっている。

それを男性の言いなりになって、コンドームを装着しないで性行為に及ぶ女性も自分で考えた方が良いのではないだろうか。

今回のニュースでは、性被害にあった時に妊娠をしたくないという女性に対しての緊急避妊薬の話なのだが、男である私には論点が違ってしまったかもしれません。