Mリーグ2022-23 レギュラーシーズン(第2戦)10月4日(火)個人成績

第1回戦

KADOKAWAサクラナイツ

岡田紗佳 第3位:-16.6

渋谷ABEMAS

松本吉弘 第2位:+6.6

EX風林火山

二階堂瑠美 第4位:-47.3

赤坂ドリブンズ

園田賢 第1位:+57.3

第2回戦

KADOKAWAサクラナイツ

渋川難波 第2位:+10.7

渋谷ABEMAS

日向藍子 第1位:+57.7

EX風林火山

二階堂亜樹 第4位:-45.3

赤坂ドリブンズ

鈴木たろう 第3位:-23.1

Mリーグ2022-23 レギュラーシーズン開幕戦(第1戦)10月3日(月)個人成績

第1試合

KONAMI麻雀格闘倶楽部

佐々木寿人 第2位:+18.2

セガサミーフェニックス

魚谷侑未 第1位:+60.4

TEAM RAIDEN/雷電

萩原聖人 第3位:-17.1

UNEXTパイレーツ

鈴木優 第4位:-61.5

第2試合

KONAMI麻雀格闘倶楽部

伊達朱里紗 第1位:+78.8

セガサミーフェニックス

近藤誠一 第3位:-35.8

TEAM RAIDEN/雷電

本田朋広 第4位:-57.9

UNEXTパイレーツ

瑞原明奈 第2位:+14.9

Mリーグ2022-23シーズン開幕戦は【10/3(月)】

対戦カード

「KONAMI麻雀格闘倶楽部」vs「セガサミーフェニックス」vs「TEAM RAIDEN/雷電」vs「U-NEXT Pirates」

レギュレーション改定によりレギュラーシーズンは全188試合(各チーム94試合)に

セミファイナルシリーズは、レギュラーシーズンより上位6チーム絞られ各チーム20試合(全30試合)

ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズより上位4チームに絞られ各チーム16試合(全16試合)を行い、優勝チームが決定いたします。


麻雀最強戦2022 abema予選結果 プロ対局スケジュール出場者紹介

最強戦とは
・麻雀最強日本一決定戦
・麻雀界最大級のタイトル戦

麻雀最強戦は、「近代麻雀」が主催するタイトル戦であり、その規模はまさに日本最大。
全国50以上の開催店と3000人を超える一般参加者、そして国内の主要なプロ団体である日本プロ麻雀連盟、日本プロ麻雀協会、最高位戦日本プロ麻雀協会も認定する過去比類なき大会であり、優勝したものには麻雀日本一の 証である「最強位」の冠号授けられる。

3月27日 ザ・レジェンド [優勝:前原雄大]

A卓:森山茂和・荒正義・伊藤優孝・沢崎誠
B卓:灘麻太郎・前原雄大・井出洋介・新津潔

4月9日 女流最強スター決戦 [優勝:丸山奏子]

A卓:高宮まり・伊達朱里紗・日向藍子・瑞原明奈
B卓:丸山奏子・茅森早香・岡田紗佳・二階堂亜樹

5月1日 女流チャンピオン決戦 [優勝:菅原千瑛]

A卓 魚谷侑未 逢川恵夢 内間祐海 藤川まゆ
B卓 宮内こずえ 一瀬由梨 菅原千瑛 東城りお

5月29日 ミスター麻雀カップ [優勝:黒沢咲]

A卓 萩原聖人 黒沢咲 本田朋広 鈴木達也
B卓 二階堂瑠美 滝沢和典 古橋崇志 馬場裕一

6月5日 Mリーグスペシャルマッチ [優勝:岡田紗佳]

A卓 勝又健志(EX風林火山) 瑞原明奈(U-NEXT Pirates) 園田賢(赤坂ドリブンズ) 萩原聖人(TEAM RAIDEN/雷電)
B卓 岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ) 近藤誠一(セガサミーフェニックス) 白鳥翔(渋谷ABEMAS) 滝沢和典(KONAMI麻雀格闘俱楽部)

6月19日 男子プロ理詰めの極致 [優勝:石川遼]

A卓 村上淳 鈴木たろう 園田賢 朝倉康心
B卓 山田独歩 齋藤豪 石川遼 茨城啓太

6月25日 タイトルホルダー頂上決戦 [優勝:渋川難波]

A卓 佐々木寿人 渋川難波 鈴木優 小林剛
B卓 奈良圭純 渡辺史哉 仲林圭 河野高志

7月17日 男子プロ因縁の抗争 [優勝:岡崎涼太]

A卓 原佑典 古本和宏 白鳥翔 松本吉弘
B卓 猿川真寿 岡崎涼太 尻無濱航 藤島健二郎

7月23日 男子プロ魂の一打 [優勝:友添敏之]

A卓 多井隆晴 三浦智博 内川幸太郎 堀慎吾
B卓 松ヶ瀬隆弥 近藤誠一 勝又健志 友添敏之

8月7日 著名人最強決戦

8月14日 女流プロ最強新世代

対局メンバー
西城凛 杉浦まゆ 後藤咲 鳥井ゆう 蒼井ゆりか 高津柚那 御崎千結 辻百華

9月17日 女流プロ令和の乱

10月16日 男子プロ王者の帰還

11月6日 全国アマチュア最強位決定戦

11月13日 全日本プロ選手権&抽選会

12月10・11日 ファイナル

プロ対局スケジュール

Mリーガー3名 仲林圭/堀慎吾/松本吉弘/浅井堂岐 日本プロ麻雀協会第21期雀王戦A1リーグ 第5節A卓

第21期雀王戦A1リーグ 第5節A卓【ABEMAセレクト】

【ABEMAセレクト】

2022年7月21日(木) 12:00 〜 22:00

日本プロ麻雀協会のトップリーグ・雀王戦A1リーグ。松本吉弘や堀慎吾といったMリーガーも在籍し、15名の選手たちがハイレベルな戦いを繰り広げる。
対局者
・浅井 堂岐
仲林 圭
松本 吉弘
堀 慎吾
・須田 良規

松本 吉弘

出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1992年5月3日(30歳)
プロ入会:2013年
所属団体:日本プロ麻雀協会
Mリーグ:初ドラフト 2018年/3巡目
2018-:渋谷ABEMAS

Mリーグ「渋谷ABEMAS」所属
12期後期入会・本部所属
【主なタイトル歴】
第25期 發王
第6回 WEST ONE CUP 優勝
第9回 TwinCup 優勝 など

仲林 圭

出身地:東京都
生年月日:1985年9月17日(36歳)
所属団体:日本プロ麻雀協会
Mリーグ:初ドラフト 2022年/2巡目全体3番目

現發王位
7期前期入会・本部所属
【主なタイトル歴】
第29期 發王
第10期 雀竜位
第7回 オータムチャレンジカップ 優勝
2019年 麻雀最強戦全日本プロ代表決定戦 優勝
第17期 雀王決定戦 3位 など

堀 慎吾

生年月日:1984年3月23日 (年齢 38歳)
出身地:新潟県
プロ入会:2010年
所属団体:日本プロ麻雀協会

Mリーグ「KADOKAWAサクラナイツ」所属
9期前期入会・本部所属
【主なタイトル歴】
第18期 雀王
Mリーグ2021シーズン 優勝(KADOKAWAサクラナイツ)
第12期 最高位戦Classic 優勝
第19期 雀王戦 2位 など

浅井 堂岐

生年月日:1985年12月24日
出身地:埼玉県
所属団体:日本プロ麻雀協会
プロ入会年・リーグ:2010年
主なタイトル:初代皓王位
血液型:O型
趣味・特技:サッカー観戦、野球

9期後期入会・本部所属
【主なタイトル歴】
第1回 皓王位
第1回 fuzzカップ チーム 優勝
第7回 チャンピオンロードGC 優勝
第6・9回 フェニックスオープン 2位 など

須田 良規

生誕:1975年8月6日(46歳)
職業:プロ雀士 漫画原作者 実業家(雀荘経営者)
ジャンル:麻雀漫画
代表作:『東大を出たけれど』など

1期後期入会・本部所属
【主なタイトル歴】
第5期 雀王
第2期 雀竜位決定戦 2位
第13回 オータムチャンピオンシップ 4位 など

第21期雀王戦A1リーグ
全10節(40半荘)、決定戦進出3名・降級2名

浅井堂歧
堀慎吾
仲林主
角谷ヨウスケ
田内翼
松本吉弘
須田良規
金太賢
下石载
橘哲也
矢島亨
宮崎和樹
小川裕之
飯田雅責

栃木ゴールデンブレーブスに新入団 ティモンディ高岸宏行 背番号16番「星飛雄馬」 BCリーグとは?川﨑宗則(元・福岡ソフトバンクホークス)と同チーム

ティモンディ高岸宏行、栃木ゴールデンブレーブス入団 芸人と野球選手の二刀流に

高岸は、今年行われた同チームのトライアウトに合格し、幼いころからの野球選手になる「夢」を実現させ、芸人との“二刀流”で活躍の場を広げる。

ティモンディ高岸宏行、背番号16番の理由を明かす「実はこの背番号…」 栃木ゴールデンブレーブス入団会見

BCリーグとは?

BCリーグは、地域活性化のために四国アイランドリーグの次に作られました。
BCリーグは8球団あり
・福島レッドホープス
・群馬ダイヤモンドペガサス
・新潟アルビレックスベースボールクラブ
・信濃グランセローズ
・茨城アストロプラネッツ
・栃木ゴールデンブレーブス(高岸さん入団)
・埼玉武蔵ヒートベアーズ
・神奈川フューチャードリームス
から成り立っています。

栃木ゴールデンブレーブスとは?

会社名:栃木県民球団
創設:2016年
独立リーググランドチャンピオン(0回)
リーグ優勝(1回):2019

栃木ゴールデンブレーブス(とちぎゴールデンブレーブス、Tochigi Golden Braves)は、プロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグ(ルートインBCリーグ)に所属する栃木県のプロ野球チーム。2016年加盟。

栃木ゴールデンブレーブス 給料は?

BCリーグもれっきとしたプロ野球リーグではありますが、セ・パリーグに所属するチームとは、給料事情はかなり差がある
球団にもよりますが、一般サラリーマン位を給料をもらっている場合もあるが、アルバイトと掛け持ちをしている選手も多い
さらに、リーグが開催中しか給料は出ず、オフシーズンは、給料が発生しない

栃木ゴールデンブレーブス 選手紹介

背番号選手名備考
投手11大宅健介2022年新入団
14堀越歩夢
15野木和馬2022年新入団
16高岸宏行2022年新入団
お笑いコンビ・ティモンディのボケ担当
17成瀬善久投手総合コーチ兼任
元・オリックス・バファローズ
18吉川光夫2022年新入団
投手コーチ兼任 元・埼玉西武ライオンズ
19齊藤鳳人
20高野圭佑2022年新入団
元・阪神タイガース
21内林瑞貴
34栗原洋太2022年新入団
36相葉拓夢
47田邉豪 左
56西澤宙良2022年新入団
捕手12叺田本気2022年副キャプテン
27浜比嘉遼一2022年新入団
内野手2大貫礼央
3鳥居大紘2022年新入団
5葭葉幸二郎2022年新入団
7長南有航2022年キャプテン
13谷田部翔太
24近内伸太郎2022年新入団
51宇賀神聖背番号変更(6→51)
52川﨑宗則元・福岡ソフトバンクホークス
66清水武蔵2022年新入団
練習生
外野手1佐々木斗夢背番号変更(56→1)
8若松聖覇
9飯原誉士野手総合コーチ兼任
元・東京ヤクルトスワローズ
23小倉由靖2022年新入団
練習生
33石川慧亮
58宜保優2022年新入団

仲林圭 Mリーグ解説⇒U-NEXT Pirates新入団 麻雀プロ仲林圭とは?

2022年7月11日(月)に行われた、Mリーグ2022-23 ドラフト会議にて昨年度優勝チームの「U-NEXT Pirates」より2巡目指名を受け、入団が決定しました

【同時視聴】Mリーグドラフト会議視聴【仲林はMリーガーになれるのか!?】

鈴木優 Mリーグ解説⇒U-NEXT Pirates新入団 麻雀プロ鈴木優とは?

2022年7月11日(月)に行われた、Mリーグ2022-23 ドラフト会議にて昨年度優勝チームの「U-NEXT Pirates」より1巡目指名を受け、入団が決定しました

最高位戦プロ麻雀協会 鈴木優

一度プロを辞めた「最強戦の申し子」が拓いたMリーガーへの道

1.U-NEXT Pirates 1巡目

鈴木優 選手(最高位戦日本プロ麻雀協会)

ツイッターの反応をご紹介します

1秒で見抜くヤバい麻雀心理術 (近代麻雀戦術シリーズ) [ 鈴木優 ]

渋川難波 Mリーグ解説⇒KADOKAWAサクラナイツ新入団 スポンサーに「シソンヌ」とは?

2022年7月11日(月)に行われた、Mリーグ2022-23 ドラフト会議にて昨年度優勝チームの「KADOKAWAサクラナイツ」より指名を受け、入団が決定しました

新選手入団会見の中で、2023-23の新規スポンサーの紹介があり、そこで紹介されたのがお笑いコンビの「シソンヌ」で、本人が行っているのは150万円ということでした

シソンヌ・じろう、Mリーグ・KADOKAWAサクラナイツのスポンサーに

ツイッターの反応をご紹介します

Mリーグ2022-23 ドラフト指名選手(プロ)鈴木優・仲林 圭(U-NEXT Pirates) 渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)

2022年7月11日(月)19:00からMリーグのドラフト会議が開かれました

今年度は、U-NEXT Piratesは2名、KADOKAWAサクラナイツは1名の指名を行いました

U-NEXT Pirates

① 鈴木優

入会期
第36期前期
所属リーグ
A1リーグ
戦績・主な活動
第46期最高位
第19期麻雀最強戦 決勝進出
麻雀最強戦2012 全日本プロ代表戦優勝

最高位戦日本プロ麻雀協会A1リーグ所属。第46期最高位&第5回関西王者!戦闘民族・最強戦の申し子です😊愛知県豊橋市にて「麻雀ばとるふぃ〜るど」を経営。『Acid Black Cherry』のyasuさん大好きです!自身の著書「1秒で見抜くヤバい麻雀心理術」を出版してます。麻雀は人生そのもの!天鳳

② 仲林 圭

仲林圭 wiki
仲林圭 結婚相手
仲林圭 ゲス
仲林圭 社長
仲林圭 てんちむ
仲林圭 早稲田
仲林圭 結婚式
仲林圭 離婚
仲林圭 会社
仲林圭 二階堂瑠美

KADOKAWAサクラナイツ

①  渋川難波

渋川難波 本名
渋川難波ドラフト
渋川難波 mリーグ
渋川難波 結婚
渋川難波 強い
渋川難波 水口
渋川難波 なんj
渋川難波 大学
渋川難波 天鳳
渋川難波 漫画家

Mリーグ2022-23シーズンは10月開催の予定ですので、3か月後の開幕が待ち遠しいです

PAGE TOP