Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【9/21(木)】3日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

赤坂ドリブンズ

園田賢
鈴木たろう
浅見真紀
渡辺太

KADOKAWAサクラナイツ

内川幸太郎
岡田紗佳
堀慎吾
渋川難波

KONAMI麻雀格闘倶楽部

佐々木寿人
高宮まり
伊達朱里紗
滝沢和典

渋谷ABEMAS

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

第1回戦

赤坂ドリブンズ 鈴木たろう 第3位:-23.4P
KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎 第2位:+12.1P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗 第1位:+73.6P
渋谷ABEMAS 日向藍子 第4位:-62.3P

第2回戦

赤坂ドリブンズ 園田賢 第3位:-15.2P
KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳 第4位:-58.5P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 滝沢和典 第1位:+61.4P
渋谷ABEMAS 松本吉弘 第2位:+12.3P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【9/19(火)】2日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

赤坂ドリブンズ

園田賢
鈴木たろう
浅見真紀
渡辺太


KADOKAWAサクラナイツ

内川幸太郎
岡田紗佳
堀慎吾
渋川難波


セガサミーフェニックス

魚谷侑未
茅森早香
東城りお
醍醐大


U-NEXTパイレーツ

小林剛
瑞原明奈
鈴木優
仲林圭

第1回戦

赤坂ドリブンズ 園田賢 第2位:+5.4p
KADOKAWAサクラナイツ 渋川難波 第3位;-15.6p
セガサミーフェニックス 醍醐大 第4位:-42.6p
UNEXTパイレーツ 仲林圭 第1位:+52.8p

第2回戦

赤坂ドリブンズ 渡辺太 第3位:-30.2P
KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾 第1位:+83.2P
セガサミーフェニックス 魚谷侑未 第2位:+8.7P
UNEXTパイレーツ 小林剛 第4位:-61.7P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【9/18(月)】1日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

レギュラーシーズン開幕戦:9月18日(月)

今シーズンも昨シーズンと同様に、セミファイナル制を導入し、レギュラーシーズンは2023年9月18日から2024年3月末までの開催期間に、各チーム96試合(全216試合)行います。

対戦カード

EX風林火山

二階堂亜樹
勝又健志
松ヶ瀬隆弥
二階堂瑠美

渋谷ABEMAS

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

TEAM RAIDEN / 雷電

萩原聖人
瀬戸熊直樹
黒沢咲
本田朋広


ビーストジャパネクスト

猿川真寿
菅原千瑛
鈴木大介
中田花奈

第1回戦

EX風林火山 勝又健志 第4位:-58.8P
渋谷ABEMAS 松本吉弘 第1位:+56.7P
TEAM RAIDEN / 雷電 瀬戸熊直樹 第2位:+12.7P
BEAST Japanext 猿川真寿 第3位:-10.6P

第2回戦

EX風林火山 松ヶ瀬隆弥 第2位:+13.6P
渋谷ABEMAS 白鳥翔 第4位:-48.5P
TEAM RAIDEN / 雷電 萩原聖人 第1位:+56.6P
BEAST Japanext 鈴木大介 第3位:-21.7P

女性雀士の輝かしいキャリア:(Mリーガー以外の)プロ雀士 女性 一覧とその実績

麻雀は男性のイメージが強いかもしれませんが、実は女性も多くのプロ雀士が活躍しています。女性雀士は美しさだけでなく、技術や知性、魅力も兼ね備えています。この記事では、プロ雀士 女性 一覧とその実績を紹介します。女性雀士の輝かしいキャリアに触れて、麻雀の世界に興味を持ってみません。

愛内よしえ

日本の麻雀プリンセス、愛内よしえ(AIUちゃん)が登場!競馬、競輪、そして麻雀のトリプルスレットな才女!

朝倉ゆかり

名前:朝倉ゆかり
読み:あさくらゆかり
所属:日本プロ麻雀協会
生年月日:7月11日
出身地:沖縄県
血液型:O型

安藤りな

安藤りな、北海道札幌市の輝く宝石。日本プロ麻雀連盟の魅力的な女流雀士、通り名は「七彩の雪月華」、愛称は「りなたん」。2023年6月、彼女はニ段の段位を誇り、その年の女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン8で栄冠を手にし、初のタイトルを手に入れました。彼女の才能が光り輝く瞬間です。

石井あや

石井あや、競技麻雀のスーパースター!沈黙のスナイパーが女流タイトル戦を制覇し、プロクイーン決定戦で輝かしいスタートを切った。福岡県出身、熊本大学の地球科学科卒業生で、学生時代は地層と化石に魅了されていた彼女。さらに、2017年には結婚と妊娠を発表し、一新された章が始まった。

石田亜沙己

石田亜沙己:競技麻雀のスター、プロ雀士の輝かしい経歴

愛知県日進市出身の石田亜沙己(いしだ あさみ)は、競技麻雀のプロ雀士として日本プロ麻雀連盟に所属し、第29期生の誇りを胸に四段の段位を持つ実力派です。

しかし、その活躍は単なる麻雀に留まりません。彼女は「あさちび」としても知られ、読者モデルやブロガーとしても成功を収め、さらには名古屋の地方アイドル「N-GIRL」としても輝かしい一面を持っています。

石田亜沙己は、同世代の女性たちに麻雀の楽しさを広める使命感に駆られ、プロ雀士としての道を歩みました。その情熱が実を結び、2013年12月18日に稼動を開始したアーケードゲーム『麻雀格闘倶楽部 頂の陣』に新たに参戦。

さらに、2014年秋に行われた「日本プロ麻雀連盟 投票選抜戦2014 プロ雀士戦国時代」では女性部門(及び総合)で8位に輝き、次回作『麻雀格闘倶楽部 彩の華』のプロモーションビデオにも抜擢されました。

彼女の明るい性格は彼女の魅力の一部であり、趣味や必需品に加えて、「世界最後の日に何をするか」という問いに「おしゃべり」と答えるほどのしゃべり好きぶりが彼女のファンを魅了しています。

さらに、石田亜沙己の夫は、同じ団体の猿川真寿で、彼らの結婚はファンにとっても感動的な瞬間となりました。

和泉由希子

“氷の美女”和泉由希子:プロ麻雀プレイヤー、レースクイーン、そして一流タレント

和泉由希子(いずみ ゆきこ)は、1979年10月24日に日本で誕生しました。彼女は、競技麻雀のプロフェッショナルで、レースクイーンとしても活躍し、タレントとしても知られています[2]。現在、彼女は日本プロ麻雀連盟に所属し、五段の実力を持っています[3]。彼女はその冷静な対局スタイルから「アイスドール」として讃えられています[2]。彼女は東京都足立区出身で、タレント活動においては有限会社アーティストボックスに所属していました。

内田みこ

1996年7月2日に東京で生まれた内田みこは、競技麻雀のスーパースターです。彼女は日本プロ麻雀連盟に所属し、女流桜花C1リーグで活躍中。初段の段位を誇っています。

しかし、彼女のキャリアには新たな転機が訪れました。2023年、BEAST Japanextの「ドラフト会議指名オーディション」に応募し、厳しい選考会においてトップ8に選ばれました。予選A組では実力派たちと競り合い、新井啓文に次ぐ2位でセミファイナルに進出。セミファイナルでは浅井堂岐、そして連盟のベテラン、山井弘と宮内こずえを相手に、+79.7ポイントの圧倒的な成績でファイナル進出を果たしました。

しかし、ファイナルでは勝利の糸口をつかむことができず、4着に終わりました。BEAST Japanextの指名権を手にするには至りませんでしたが、内田みこの魅力と実力はますます注目されています。彼女の未来がどのように輝くか、期待して待ちましょう。

梅村日奈子

1991年3月13日に東京で誕生した、音楽と声優の魔法使い、梅村妃奈子。ガールズバンド・SILENT SIRENの元メンバーで、彼女の演奏は魅了の嵐!身長164 cm、血液型A型の彼女をひなんちゅと呼ぶファン続出!

大平亜季

1980年9月19日生まれ、鹿児島県出身の競技麻雀のプロ、大平亜季(愛称: “ズム”)が、麻雀界に華麗な足跡を刻んでいます。彼女は最高位戦日本プロ麻雀協会の一員で、第39期前期にデビューしました。

その輝かしいキャリアは、2014年に始まりました。第14期女流Bリーグで2位通過し、準決勝1位で女流最高位決定戦に進出。初日は3位で終えましたが、2日目に一気に追い上げ、プロ1年目で女流タイトルを獲得する史上初の快挙を達成しました。

そして、四神降臨2015女流王座決定戦では、第13期女流雀王の豊後葵を含む強力な対戦相手を打ち破りました。2015年の第15期女流最高位決定戦でも、トップを1度しか取れなかったにもかかわらず、巧妙な麻雀戦術と忍耐力により、連覇を達成しました。

2016年の第16期女流最高位決定戦では、最終8回戦のオーラスで追い詰められましたが、大平は冷静さを保ち、ラス目に滑り込んだ相手を制して3連覇を達成しました。大平亜季の麻雀の才能と勇気には、魅了されること間違いありません。

小笠原奈央

佐月麻理子

篠原冴美

白田みお

椿彩奈

都美

長澤茉里奈

仲田加南

西嶋千春

根本佳織

古谷知美

松嶋桃

丸山奏子

御崎千結

水口美香

宮内こずえ

山本ひかる

山脇千文美

和久津晶

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

Mリーグ2023-24シーズン 新ユニフォーム

Mリーグ2023-24シーズンの公式ユニフォームデザインが公開されました!各チームのユニフォームは、ファッションとスポーツの融合で、選手たちの個性を引き立てます。これで新たなシーズンがますます楽しみですね!

U-NEXTパイレーツ2023-24シーズン新ユニフォーム

U-NEXTパイレーツとは、Mリーグのチームの一つです。

オーナー企業はデジタルコンテンツを配信するU-NEXTで、2018年に設立されました。

チームメンバーは、小林剛、瑞原明奈、鈴木優、仲林圭の4人のプロ麻雀選手です。

U-NEXTパイレーツは2019-20シーズンにMリーグで初優勝を果たしました。

U-NEXTパイレーツはデジタル思考を雀風とし、攻撃的で圧倒的な勝利を目指しています。

赤坂ドリブンズ2023-24シーズン新ユニフォーム

赤坂ドリブンズとは、Mリーグのチームです。

博報堂DYメディアパートナーズがオーナー企業となり、2018年に設立されました。

Mリーグの初代優勝チームでもあります。

赤坂ドリブンズのチームメンバーは、越山剛監督と、園田賢、鈴木たろう、浅見真紀、渡辺太の4人のプロ麻雀選手です。

赤坂ドリブンズは攻撃的で迫力ある麻雀を見せています。

EX風林火山2023-24シーズン新ユニフォーム

EX風林火山とは、Mリーグのチームです。

テレビ朝日がオーナー企業となり、2018年に設立されました。

Mリーグの初代優勝チームである赤坂ドリブンズに次ぐ2位でファイナルシーズンを終えた2018-19シーズン、そして2020-21シーズンには悲願の初優勝を果たしました。

EX風林火山のチームメンバーは、藤沢晴信監督と、二階堂亜樹、勝又健志、松ヶ瀬隆弥、二階堂瑠美の4人のプロ麻雀選手です。

EX風林火山はデジタル思考を雀風とし、攻撃的で圧倒的な勝利を目指しています。

KADOKAWAサクラナイツ2023-24シーズン新ユニフォーム

KADOKAWAサクラナイツとは、Mリーグのチームです。

KADOKAWAがオーナー企業となり、2019年に設立されました。

名前の由来はKADOKAWAが埼玉県所沢市との共同プロジェクト「COOL JAPAN FOREST構想」の中核施設として建設したところざわサクラタウンに由来する。

KADOKAWAサクラナイツのチームメンバーは、内川幸太郎、岡田紗佳、沢崎誠、堀慎吾、渋川難波の5人のプロ麻雀選手です。

KADOKAWAサクラナイツは2021-22シーズンにMリーグで初優勝を果たしました。

KONAMI麻雀格闘倶楽部2023-24シーズン新ユニフォーム

KONAMI麻雀格闘倶楽部とは、株式会社コナミアミューズメントが運営する麻雀ゲームのブランド名です。

アーケードやスマートフォン、PCなどで展開されており、オンライン対戦や日本プロ麻雀連盟公認のルールなどが特徴です。

また、KONAMI麻雀格闘倶楽部は、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」のチームの一つでもあります。

Mリーグでは、佐々木寿人プロ、高宮まりプロ、伊達朱里紗プロ、滝沢和典プロの4人のプロ雀士が所属しています。

KONAMI麻雀格闘倶楽部は、「格闘」の名に恥じないように闘い抜いてNo.1を目指しています。

渋谷ABEMAS2023-24シーズン新ユニフォーム

渋谷ABEMASとは、Mリーグのチームです。

サイバーエージェントがオーナー企業となり、2018年に設立されました。

渋谷ABEMASのチームメンバーは、多井隆晴、白鳥翔、松本吉弘、日向藍子の4人のプロ麻雀選手です。

渋谷ABEMASは2022-23シーズンにMリーグで初優勝を果たしました。

チーム雷電2023-24シーズン新ユニフォーム

チーム雷電とは、Mリーグのチームです。

電通がオーナー企業となり、2018年に設立されました。

チーム名は、大相撲史上最強と称される伝説の力士・雷電のような強さと礼儀を兼ね備え、また、雷のごとく電光石火の攻撃を目指すことから命名されました。

チームメンバーは、萩原聖人、瀬戸熊直樹、黒沢咲、本田朋広の4人のプロ麻雀選手です。

チーム雷電はMリーグでファイナルシリーズに進出したことがなく、2022-23シーズンに初めてセミファイナルを突破しました。

BEAST Japanext2023-24シーズン新ユニフォーム

BEAST Japanextとは、Mリーグのチームです。BSデジタルテレビジョン放送局「BSJapanext」を運営するジャパネットブロードキャスティングがオーナー企業となり、2023年に設立されました。

BEAST Japanextのチームメンバーは、高橋暁監督と、猿川真寿、菅原千瑛、鈴木大介、中田花奈の4人のプロ麻雀選手です。

BEAST Japanextは迷彩柄のユニフォームを着用し、7社とユニフォームスポンサー契約を締結しています。

BEAST Japanextは毎週水曜日にBSJapanextで放送されるレギュラー番組「MリーグNo.1への道 BEAST ROAD」に出演し、Mリーグに挑戦している姿を見せています。

BEAST JapanextはMリーグ史上初の企画で開幕戦出場メンバーをファン投票で決めました。BEAST JapanextはMリーグ2023-24シーズンで初優勝を目指しています。

セガサミーフェニックス2023-24シーズン新ユニフォーム

セガサミーフェニックスとは、Mリーグのチームです。

オーナー企業はゲームやアミューズメントなどを手がけるセガサミーホールディングスで、2018年に設立されました。

チーム名には、「不死鳥のように、不撓不屈(ふとうふくつ)の精神で最後まで諦めず戦います」という想いが込められています。

チームメンバーは、魚谷侑未、茅森早香、東城りお、醍醐大の4人のプロ麻雀選手です。

セガサミーフェニックスは2019-20シーズンと2021-22シーズンにMリーグで準優勝を果たしました。

Mリーグ2023-24に参戦する女性雀士たちの活躍を応援しよう!メンバー一覧と見どころをご紹介

Mリーグとは、プロ麻雀リーグのことで、2023年に第6シーズンが開幕します。Mリーグには9つのチームが参加し、各チームには4人のMリーガーが所属しています。Mリーガーとは、Mリーグに参戦するプロ麻雀プレイヤーのことで、日本各地のプロ団体から選抜された精鋭です。

Mリーガーの中には、女性雀士も多数在籍しており、その活躍は見逃せません。この記事では、Mリーグ2023-24に参戦する女性雀士たちのメンバー一覧と見どころをご紹介します。

Mリーグ メンバー 女性一覧|全14人のプロフィール

Mリーグ2023-24に参戦する女性雀士は、以下の14人です。

岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

グラビアアイドルやファッションモデルとしても活躍する美人雀士です。最年少Mリーガーでありながら、着実に実力をつけています。彼女の麻雀は、自分の得意な手役を狙って攻めることが特徴です。彼女はKADOKAWAサクラナイツのエースとして、Mリーグ2023-24に参戦します。

高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

淑女なベルセルクというキャッチフレーズ通り、攻撃的な麻雀が持ち味です。グラビアアイドルとしても人気が高く、DVDや写真集も発売しています。彼女の麻雀は、相手の手牌を読んで対応することが特徴です。彼女はKONAMI麻雀格闘倶楽部のメンバーとして、Mリーグ2023-24に参戦します。

二階堂亜樹(EX風林火山)

卓上の舞姫と呼ばれる華麗な手役派です。姉妹でYouTubeチャンネルを運営しており、声優としても活動しています。彼女の麻雀は、美しい手役で相手を圧倒することが特徴です。彼女はEX風林火山のメンバーとして、Mリーグ2019で優勝した実績を持ちます。彼女は姉の二階堂瑠美とともに、Mリーグ2023-24に参戦します。

伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

声優としても有名な二足のわらじを履く雀士です。プロ2年目ながら2021年に最高スコア賞、2022年に個人スコア賞を獲得しました。彼女の麻雀は、相手の手牌を読んで対応することが特徴です。彼女はKONAMI麻雀格闘倶楽部のメンバーとして、Mリーグ2023-24に参戦します。彼女はテレビアニメ「咲-Saki- 全国編」や「ヲタクに恋は 好きな彼とのラブライフを描いた「ヲタ恋」や「麻雀放浪記2023」などの人気作品に出演しています 。

二階堂瑠美(EX風林火山)

天衣無縫というキャッチフレーズを持つ手役派です。姉の二階堂亜樹と同じチームに所属し、姉妹Mリーガーとして注目されています。彼女の麻雀は、自然な流れで美しい手役を作ることが特徴です。彼女はEX風林火山のメンバーとして、多くのタイトルを獲得した実力者です。彼女は姉の二階堂亜樹とともに、Mリーグ2023-24に参戦します。

魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

最速マーメイドと呼ばれる速攻派です。グラビアアイドルとしても活躍しており、DVDや写真集なども発売しています。彼女の麻雀は、早い段階でテンパイになり、相手の手牌を無視してリーチをかけることが特徴です。彼女はセガサミーフェニックスのメンバーとして、2019年にMVPに輝いたほか、女流桜花や王位など数々のタイトルを持っています。彼女は東城りおと仲が良く、YouTubeチャンネルを共同で運営しています。彼女はMリーグ2023-24に参戦します。

東城りお(セガサミーフェニックス)

美貌と実力を兼ね備えたプロ雀士です。彼女は2021年に夕刊フジ杯で初タイトルを獲得し、2022年にはMリーグのセガサミーフェニックスに加入しました。彼女は麻雀だけでなく、ボートレースやグラビアなどでも活躍しています。彼女の芸名の由来は、銀魂とパチスロから取ったそうです。彼女は2018年に結婚しましたが、2020年に離婚しています。彼女はYouTubeチャンネル「りおみんちゃんねる」を運営しており、麻雀やバラエティなどの動画を配信しています。一言で説明するならば、彼女は「麻雀界のアイドル」と言えるでしょう。

瑞原明奈(U-NEXT Pirates)

競技麻雀のプロ雀士。最高位戦日本プロ麻雀協会所属[1]。長崎県立佐世保西高等学校、早稲田大学国際教養学部卒業。2017年3月まで日本プロ麻雀協会に所属。麻雀プロリーグであるMリーグのチーム・U-NEXT Piratesから2019年にドラフト指名された。オンライン麻雀「天鳳」においてみかん太のハンドルネームで九段まで昇段したことが知られている。Mリーグ2021-22 MVP(個人総合スコア)。

中田花奈(ビーストジャパネクスト)

日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロ雀士です。彼女は元々アイドルグループ・乃木坂46のメンバーでしたが、2020年に卒業しました。彼女は乃木坂46時代から麻雀が好きで、自身の冠番組や麻雀カフェの経営などで麻雀に関わってきました。2021年にプロ雀士の試験に合格し、日本プロ麻雀連盟に入りました。

黒沢咲(チーム雷電)

日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロ雀士です。彼女は北海道札幌市生まれ、東京都世田谷区出身で、上智大学理工学部化学科を卒業しました。彼女は2005年にプロ入りし、2008年と2009年にはプロクイーンのタイトルを連覇しました。彼女はMリーグのTEAM RAIDEN/雷電に所属し、2019年には連盟A1リーグに昇格しました。2021年にはA1リーグで2位となり、女流雀士として初めて鳳凰位決定戦に進出しました。

茅森早香(セガサミーフェニックス)

最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する女流プロ雀士です。彼女は2001年に19歳でプロ入りし、2003年には21歳で初タイトルとなる第2回女流モンド21杯を獲得しました。その後も女流最高位や女流モンド杯などのタイトルを手にし、麻雀界のトップクラスの実力を誇っています。彼女は「天才すぎるオンナ雀士」という異名を持ち、感性派の打ち方で高い順位率を誇ります。彼女は2018年からMリーグのセガサミーフェニックスに所属し、平均打点1位などの好成績を残しています。彼女は猫が大好きで、YouTubeチャンネル「さやチャンネルω」を運営しており、麻雀やバラエティなどの動画を配信しています。

日向藍子(渋谷ABEMAS)

最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する女流プロ雀士です。彼女は1988年9月24日生まれの長野県出身で、19歳で麻雀と出会い、22歳でプロ試験に合格しました。彼女は2019年にMリーグの渋谷ABEMASにドラフト指名され、Mリーガーとなりました。彼女は「ラブフェニックス」という愛称で親しまれており、可愛らしいルックスと独特なアニメ声が特徴です。彼女は麻雀ウォッチのYouTubeチャンネルで「ひなたんの麻雀するしない」という番組を配信しており、麻雀やバラエティなどの動画を楽しませています。彼女はプロクイーンや女流モンド新人戦などのタイトルを獲得しており、麻雀界のトップクラスの実力を持っています。

菅原千瑛(ビーストジャパネクスト)

日本プロ麻雀連盟に所属する女流プロ雀士です。彼女は1991年12月2日生まれの埼玉県出身で、高千穂大学商学部を卒業しました。彼女は2012年にプロ入りし、2014年には麻雀最強戦の最強戦ガール東日本担当に選ばれました。彼女は打点重視の攻撃型の雀風で、好きな役は純チャンや混一色です。彼女は2021年にRTD Girls Tournamentで優勝し、2023年にはMリーグの新規参戦チームであるBEAST Japanextからドラフト指名を受けました。彼女は「清純派黒魔術師」というキャッチフレーズを持ち、可愛らしいルックスと独特なアニメ声が特徴です。

浅見真紀(赤坂ドリブンズ)

最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する女流プロ雀士です。彼女は2010年にプロ入りし、2018年にはMリーグの赤坂ドリブンズにドラフト指名されました。彼女は打点重視の攻撃型の雀風で、好きな役は純チャンや混一色です。彼女は第9回野口恭一郎賞(女性棋士部門)や第13回日本オープン準優勝などの実績を持っています。彼女は「守備を忘れた特攻シンデレラ」や「清純派黒魔術師」というキャッチフレーズを持ち、可愛らしいルックスと独特なアニメ声が特徴です。彼女はYouTubeチャンネル「くろさわチャンネル」で麻雀やバラエティなどの動画を配信しています。

Mリーグ メンバー 女性の見どころ|強さと美しさを兼ね備えた雀士たち

Mリーグに参戦する女性雀士たちは、強さと美しさを兼ね備えた魅力的なプレイヤーです。彼女たちの見どころをいくつかご紹介しましょう。

女性雀士の中でも特に強いのは、瑞原明奈、伊達朱里紗、黒沢咲の3人です。彼女たちは2022年の個人成績ランキングで上位3位に入りました。瑞原明奈は最優秀選手賞を受賞し、伊達朱里紗は個人スコア賞を受賞しました。黒沢咲はチーム雷電の主力として活躍しました。彼女たちは2023年も引き続き高いパフォーマンスを見せるでしょう。

女性雀士の中でも特に美しいのは、岡田紗佳、高宮まり、魚谷侑未の3人です。彼女たちはグラビアアイドルとしても活躍しており、DVDや写真集なども発売しています。岡田紗佳と高宮まりは共演した写真集「牌×牌III」が話題になりました。魚谷侑未は泣き虫マーメイドという愛称で親しまれています。

女性雀士の中でも特に多才なのは、伊達朱里紗、東城りお、中田花奈の3人です。彼女たちは声優やアイドルとしても有名です。伊達朱里紗はテレビアニメ「咲-Saki- 全国編」や「ヲタクに恋は 好きな彼とのラブライフを描いた「ヲタ恋」や「麻雀放浪記2023」などの人気作品に出演しています 。東城りおは元アイドルグループ「アイドリング!!!」のメンバーであり、現在は女優やタレントとしても活躍しています 。中田花奈は元AKB48のメンバーであり、現在は女優やタレントとしても活躍しています 。彼女たちは麻雀以外にも多くのファンを持っています。

Mリーグ メンバー 女性の注目ポイント|チームや個人の目標と戦略

Mリーグ2023-24に参戦する女性雀士たちは、チームや個人の目標と戦略を持っています。彼女たちの注目ポイントをいくつかご紹介しましょう。

KADOKAWAサクラナイツの岡田紗佳は、チームのエースとして活躍することが目標です。彼女は前シーズンでは苦戦しましたが、今シーズンは成長した姿を見せることができるでしょう。彼女の戦略は、自分の得意な手役を狙って攻めることです。

KONAMI麻雀格闘倶楽部の高宮まりと伊達朱里紗は、チームの優勝を目指します。彼女たちは前シーズンでは2位に終わりましたが、今シーズンはさらに強化されたメンバーで挑みます。彼女たちの戦略は、相手の手牌を読んで対応することです。

EX風林火山の二階堂亜樹と二階堂瑠美は、姉妹で連携して勝利を目指します。彼女たちは前シーズンでは3位に入りましたが、今シーズンは優勝を狙います。彼女たちの戦略は、華麗な手役で相手を圧倒することです。

セガサミーフェニックスの魚谷侑未と東城りおは、チームの仲間と楽しく麻雀することが目標です。彼女たちは前シーズンでは4位に入りましたが、今シーズンはもっと上を目指します。彼女たちの戦略は、速攻で相手を制することです。

U-NEXT Piratesの瑞原明奈は、個人成績1位を維持することが目標です。彼女は前シーズンでは最優秀選手賞を受賞しましたが、今シーズンもその実力を発揮します。彼女の戦略は、バランスよく攻守を切り替えることです。

ビーストジャパネクストの中田花奈と菅原千瑛は、チームの新加入メンバーとして活躍することが目標です。彼女たちは前シーズンでは別々のチームに所属していましたが、今シーズンは同じチームで挑みます。彼女たちの戦略は、自分の魅力を発揮することです。

チーム雷電の黒沢咲は、チームのリーダーとして活躍することが目標です。彼女は前シーズンでは個人成績3位に入りましたが、今シーズンはチームの優勝を目指します。彼女の戦略は、攻撃的で大胆な打ち方で相手を崩すことです。

ドリブンズの浅見真紀は、チームの新規参入メンバーとして活躍することが目標です。彼女は前シーズンではMリーグに参加していませんでしたが、今シーズンは初めてMリーグに挑戦します。彼女の戦略は、守備力が高く、安定した打ち方で相手を抑えることです。

まとめ

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

Mリーグ2023-24に参戦する女性雀士たちは、強さと美しさを兼ね備えた魅力的なプレイヤーです。彼女たちはそれぞれのチームや個人の目標と戦略を持っています。Mリーグ2023-24は9月から始まります。ぜひ、女性雀士たちの活躍を応援しましょう!

プロ雀士 女性 一覧!麻雀界のアイドルと呼ばれる雀士たちのルックスや戦歴をチェック!

今回は、『かわいい女流プロ雀士ランキング!最も美人な麻雀女子プロは?』というサイトを参考に記事を書きます。

第1位 瑞原明菜

12.5万 フォロワー

瑞原明奈さんプロフィール

出身地:長崎県佐世保市
生年月日:1986年11月19日(36歳)
プロ入会:2014年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ:ドラフト 2019年/全体6番目
2019-:U-NEXT Pirates

瑞原明奈さんのルックスについて

・長い黒髪に清楚で上品な雰囲気を持つ美人
・丸い顔立ちに大きな瞳と小さな鼻、ふっくらとした唇が特徴
・肌は白くてツルツルで、笑顔が素敵
・身長は161㎝で、スタイルは細身だがバランスが良い
・ファッションはシンプルで落ち着いた色合いのものが多いが、時々華やかなドレスやアクセサリーを身につける

第2位 高宮まり

14.7万 フォロワー

高宮まりさんプロフィール

出身地:茨城県
生年月日:1988年11月8日(34歳)
プロ入会:2011年 27期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト 2018年/2巡目
2018-:KONAMI麻雀格闘倶楽部

高宮まりさんのルックス

・長い茶髪にキュートで元気な雰囲気を持つ美人
・丸い顔立ちに小さな目と鼻、ぷっくりとした唇が特徴
・肌は日焼けしていて健康的で、笑顔が素敵
・ファッションはカジュアルでカラフルなものが多く、時々セクシーな水着やランジェリーを身につける

第3位 岡田紗佳

30.1万 フォロワー

岡田紗佳さんプロフィール

出身地:東京都
生年月日:1994年2月19日(29歳)
プロ入会:2017年
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト 2019年/全体2番目
2019-:KADOKAWAサクラナイツ

岡田紗佳さんのルックス

・長い黒髪にクールで知的な雰囲気を持つ美人
・細い顔立ちに大きな目と高い鼻、引き締まった唇が特徴
・肌は白くてツルツルで、表情が豊か
・身長は170cmで、スタイルはスレンダーだがグラマラス
・ファッションはシックでエレガントなものが多く、時々セクシーなドレスやワンピースを身につける

第4位 東城りお

13.2万 フォロワー

東城りおさんプロフィール

出身地:秋田県潟上市
生年月日:1990年9月18日(32歳)
プロ入会:2013年 29期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト 2021年/第1巡全体1番目
2021-:セガサミーフェニックス

東城りおさんのルックス

・長い茶髪にキュートで元気な雰囲気を持つ美人
・丸い顔立ちに大きな目と小さな鼻、ぷっくりとした唇が特徴
・肌は日焼けしていて健康的で、笑顔が素敵
・身長は168cmで、スタイルはぽっちゃりだが可愛らしい
・ファッションはカジュアルでカラフルなものが多く、時々セクシーな水着やランジェリーを身につける

第5位 二階堂瑠美

9.2万 フォロワー

二階堂瑠美さんプロフィール

出身地:神奈川県鎌倉市
生年月日:1980年9月27日(42歳)
プロ入会:2000年 16期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト 2021年/第2巡全体6番目
2021-:EX風林火山

二階堂瑠美さんのルックス

・長い黒髪にクールで知的な雰囲気を持つ美人
・細い顔立ちに大きな目と高い鼻、引き締まった唇が特徴
・肌は白くてツルツルで、表情が豊か
・身長は155cmで、スタイルはスレンダーだがグラマラス
・ファッションはシックでエレガントなものが多く、時々セクシーなドレスやワンピースを身につける

第6位 茅森早香

7.3万 フォロワー

茅森早香さんプロフィール

出身地:北海道苫小牧市
生年月日:1982年5月4日(41歳)
プロ入会:2001年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ:ドラフト 2018年/3巡目
2018-:セガサミーフェニックス

茅森早香さんのルックス

・長い茶髪にキュートで元気な雰囲気を持つ美人
・丸い顔立ちに大きな目と小さな鼻、ぷっくりとした唇が特徴
・肌は日焼けしていて健康的で、笑顔が素敵
・身長は158cmで、スタイルはぽっちゃりだが可愛らしい
・ファッションはカジュアルでカラフルなものが多く、時々セクシーな水着やランジェリーを身につける

第7位 日向藍子

7.5万 フォロワー

日向藍子さんプロフィール

出身地:長野県茅野市
生年月日:1988年9月24日(34歳)
プロ入会:2011年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ:ドラフト 2019年/全体8番目
2019-:渋谷ABEMAS

日向藍子さんのルックス

・長い黒髪に清楚で上品な雰囲気を持つ美人
・細い顔立ちに大きな目と高い鼻、引き締まった唇が特徴
・肌は白くてツルツルで、表情が豊か
・ファッションはシンプルで落ち着いた色合いのものが多く、時々華やかなドレスやアクセサリーを身につける

第8位 丸山奏子

10.5万 フォロワー

丸山奏子さんプロフィール

出身地:北海道旭川市
生年月日:1993年8月17日(30歳)
プロ入会:2018年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ:ドラフト 2019年/全体10番目
2019-2023:赤坂ドリブンズ

丸山奏子さんのルックス

・長い黒髪にクールで知的な雰囲気を持つ美人
・細い顔立ちに大きな目と高い鼻、引き締まった唇が特徴
・肌は白くてツルツルで、表情が豊か
・身長は147㎝で、スタイルはスレンダーだがグラマラス
・ファッションはシックでエレガントなものが多く、時々セクシーなドレスやワンピースを身につける

第9位 中田花奈

10.8万 フォロワー

中田花奈さんプロフィール

生年月日:1994年8月6日(29歳)
出身地:埼玉県
身長:158 cm
血液型:A型
職業:タレント、プロ雀士、雀荘カフェ経営者
活動期間:2011年 –
事務所:乃木坂46合同会社
所属団体:日本プロ麻雀連盟
ドラフト:2023年/全体4番目
2023-:BEAST Japanext

中田花奈さんのルックス

・長い茶髪にキュートで元気な雰囲気を持つ美人
・丸い顔立ちに大きな目と小さな鼻、ぷっくりとした唇が特徴
・肌は日焼けしていて健康的で、笑顔が素敵
・身長は158cmで、スタイルはぽっちゃりだが可愛らしい
・ファッションはカジュアルでカラフルなものが多く、時々セクシーな水着やランジェリーを身につける

第10位 松嶋桃

7.2万 フォロワー

松嶋桃さんプロフィール

出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1984年9月16日(38歳)
プロ入会:2010年
所属団体:日本プロ麻雀協会

松嶋桃のルックス

・麻雀界で京大出身といえば彼女というほどの高学歴雀士
・可愛らしいルックスとは裏腹に、攻撃的な麻雀スタイルから「京大式小型肉食獣」という愛称が付けられている
・大きな目とちょっと童顔な顔立ちが特徴的
・髪型やメイクもよく変えておしゃれにしている
・ネット上でも多くの人が彼女のルックスを絶賛している
・写真や動画を見ると、その可愛さや魅力が伝わってくる

第11位 二階堂亜樹

9.9万 フォロワー

二階堂亜樹さんプロフィール

出身地:神奈川県鎌倉市
生年月日:1981年11月15日(41歳)
プロ入会:1999年 15期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト 2018年/1巡目
2018-:EX風林火山

二階堂亜樹さんのルックス

・美貌と実力を兼ね備えた人気の女流雀士で、「卓上の舞姫」というキャッチフレーズが付けられている
・長い黒髪と白い肌が印象的で、清楚で上品な雰囲気を持っている
・フォトギャラリーでは、さまざまな表情やポーズを見せており、その可愛さや美しさが際立っている
・Mリーグでは、EX風林火山のユニフォームに身を包み、鋭い眼光と落ち着いた態度で打ち込んでいる
・パチプロとしても活動しており、パチンコ機の開発のアドバイザーやパチスロ雑誌の連載なども行っている

第12位 水口美香

3.6万 フォロワー

水口美香さんプロフィール

出身地:東京都
生年月日:1988年1月3日(35歳)
プロ入会:2011年
所属団体:日本プロ麻雀協会

水口美香さんのルックス

・ネコのようなクールで可愛らしいルックス²³ で、「卓上の舞姫」というキャッチフレーズが付けられている
・髪型は長い黒髪で、衣装も白や黒などシンプルな色が多い
・表情に変化がなく、打牌のリズムが一定であることから「氷の微笑」という愛称もある
・Moreという歌って踊れる女流雀士アイドルユニットのメンバーでもあり、歌やダンスも披露している
・好きな役はリーチ、タンヤオで、自らの麻雀スタイルを「現代っ子麻雀」と表現している³
・麻雀最強戦の予選にあたる女流プレミアトーナメントでは2017年と2019年と2度優勝し、ファイナルまで進出している

第13位 都美

3.6万 フォロワー

都美さんプロフィール

出身地:京都
生年月日:1992年12月16日(30歳)
所属団体:日本プロ麻雀協会

都美さんのルックス

・都美さんは、可愛すぎて人気もルックスもヤバイと評されています。彼女はMリーグのドラフト候補にも挙がっており、麻雀界でも注目されています。
・都美さんは、かわいい女流プロ雀士10名の中にも選ばれています。彼女は、ルックスだけでなく、麻雀の実力も高く、多くのタイトルを獲得しています。
・都美さんは、コスプレイヤーとしても活動しており、「みゃこ」という名前で知られています。彼女は、衰えない美しさとコスプレの人気で、日本だけでなく海外でもファンを持っています。

第14位 宮内こずえ

3.9万 フォロワー

宮内こずえさんプロフィール

出身地:愛媛県松山市
生年月日:1980年3月28日(43歳)
所属団体:日本プロ麻雀連盟

宮内こずえさんのルックス

・彼女は「純白の牌奏者」というキャッチフレーズを持ち、可愛らしい顔立ちと明るい笑顔で人気を集めています。
・彼女は二階堂姉妹や和泉由希子とともに「女流四天王」と呼ばれるほどの美人雀士で、かわいい女流プロ雀士10名の中にも選ばれています。
・彼女はコスプレイヤーとしても活動しており、「こじゅ」という名前で知られています³。彼女は様々な衣装やメイクで自分の魅力を引き出しています。

第15位 和泉由希子

3.7万 フォロワー

和泉由希子さんプロフィール

出身地:東京都足立区
生年月日:1979年10月24日(43歳)
プロ入会:2003年
所属団体:日本プロ麻雀連盟

和泉由希子さんのルックス

・元レースクイーンで、グラビアアイドルとしても活動している
・クールビューティーで、西川史子に似ていると言われることがある
・ポーカーフェイスな攻撃型のプロ雀士で、「アイスドール」というキャッチフレーズがある

第16位 魚谷侑未

10.1万 フォロワー

魚谷侑未さんプロフィール

出身地:新潟県柏崎市
生年月日:1985年11月2日(37歳)
プロ入会:2009年 25期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト 2018年/1巡目
2018-:セガサミーフェニックス

魚谷侑未さんのルックス

・日本プロ麻雀連盟所属の人気女流雀士で、デジタル派の理論派雀士として知られる
・おっとりとしたかわいらしいルックスで、「最速マーメイド」というキャッチフレーズがある
・グラビア活動も行う高宮まりプロとは親友で、「美しすぎるGカッププロ雀士」と呼ばれる高宮と並んで「美女雀士」として注目される
・好きな男性のタイプはツンデレな感じで、みんなの前ではクールで二人のときは優しい男性だと話している
・2021年に同じ日本プロ麻雀連盟に所属する宮澤太佑と入籍したことをTwitterで発表した

第17位 石田亜沙己

2.1万 フォロワー

石田亜沙己さんプロフィール

出身地:愛知県日進市
生年月日:1990年2月2日(33歳)
プロ入会:2013年 第29期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
夫は、同じ団体の猿川真寿

石田亜沙己さんのルックス

・元読者モデルや地方アイドルで、グラビア活動もしている
・小柄で「Asachibi」「リトルマシンガン」という愛称がある
・クールで攻撃的なプレイスタイルを持つプロ雀士で、「アイスドール」というキャッチフレーズがある
・2016年に同じ日本プロ麻雀連盟に所属する猿川真寿と結婚し、男児を出産した

まとめ

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

日テレプラス麻雀リーグ 2023 ヤングマスターズ ペナントレースの見どころと注目選手|9/3(日)24:00~テレビ初放送

麻雀は、日本の国民的なゲームと言っても過言ではありません。しかし、麻雀をプロとして生業にする人は、まだまだ少数派です。そんな中、人気・話題のある麻雀プロ16名が揃い、リーグ戦で優勝者を決める番組があります。それが、「日テレプラス麻雀リーグ 2023 ヤングマスターズ ペナントレース」です。この記事では、この番組の見どころや注目選手についてご紹介します。

「打ち筋」で分かれた二つのリーグ

日テレプラス麻雀リーグ 2023 ヤングマスターズ ペナントレースは、出場選手の「打ち筋」によって分けられた「セイラーズ・リーグ」と「パイレーツ・リーグ」の二つのリーグで構成されています。

「打ち筋」とは、麻雀における個人の打ち方や戦略の傾向のことで、大きく分けると「積極的な打ち筋」と「慎重な打ち筋」に分類されます。

「セイラーズ・リーグ」は、「積極的な打ち筋」を持つ選手が所属するリーグで、「パイレーツ・リーグ」は、「慎重な打ち筋」を持つ選手が所属するリーグです。各リーグでは、8名の選手が総当たり戦を行い、上位4名が決勝トーナメントに進出します。

決勝トーナメントでは、各リーグの上位4名が交互に対戦し、最終的に優勝者が決定されます。このように、「打ち筋」で分けられた二つのリーグは、それぞれ異なる魅力や緊張感を持っています。

セイラーズ・リーグの注目選手

セイラーズ・リーグは、「積極的な打ち筋」を持つ選手が所属するリーグです。このリーグでは、攻撃的な麻雀が見られることが多く、大きな点数差や逆転劇が起こることもあります。セイラーズ・リーグの注目選手としては、以下のような人物が挙げられます。

萩原聖人、東城りお、笠原拓樹、山脇千文美、滝沢和典、川原舞子、白鳥翔、魚谷侑未

パイレーツ・リーグの注目選手

パイレーツ・リーグは、「慎重な打ち筋」を持つ選手が所属するリーグです。このリーグでは、守備的な麻雀が見られることが多く、小さな点数差や粘り強い戦いが起こることもあります。パイレーツ・リーグの注目選手としては、以下のような人物が挙げられます。

井出康平、岡田紗佳、石井良樹、高宮まり、佐々木寿人、白銀紗希、和久津晶、早川健太

日テレプラス麻雀リーグ 2023 ヤングマスターズ ペナントレースのスケジュール

9月3日(日)24:00〜25:30 #4 パ・リーグ予選(2)
9月10日(日)24:00〜25:30 #5 セ・リーグ予選(3)
9月17日(日)24:00〜25:30 #6 パ・リーグ予選(3)
9月24日(日)24:00〜25:30 #7 セ・リーグ予選(4)
10月1日(日)24:00〜25:30 #8 パ・リーグ予選(4)
10月8日(日)24:00〜25:30 #9 セ・リーグ予選(5)
10月15日(日)24:00〜25:30 #10 パ・リーグ予選(5)
10月22日(日)24:00〜25:30 #11 セ・リーグ予選(6)
10月29日(日)24:00〜25:30 #12 パ・リーグ予選(6)

まとめ

日テレプラス麻雀リーグ 2023 ヤングマスターズ ペナントレースは、人気・話題のある麻雀プロ16名が揃い、「打ち筋」によって分けられた「セイラーズ・リーグ」と「パイレーツ・リーグ」で対決します。各リーグでは、総当たり戦と決勝トーナメントを行い、最終的に優勝者が決定されます。この番組では、攻撃的な麻雀や守備的な麻雀、それぞれの特徴や魅力を楽しむことができます。

【Mリーグ】新チーム「ビーストジャパネクスト」のメンバーは誰?麻雀界の注目選手を紹介!

麻雀ファンの皆さん、こんにちは。この記事では、2023年シーズンからMリーグに新たに参入したチーム「ビーストジャパネクスト」のメンバーを紹介します。ビーストジャパネクストは、BSデジタルテレビジョン放送局「BSJapanext」がオーナー企業となり、2023年5月に設立されたチームです。

チーム名の「ビースト」は、「最強の獣」という意味で、攻撃的で勝負強い雀風を持つ選手が集まっています。チームのメンバーは、ドラフト会議で指名された4人のプロ雀士で構成されており、その中には将棋棋士でもある鈴木大介九段や、元アイドルの中田花奈さんも含まれています。それでは、一人ずつ詳しく見ていきましょう。

ビーストジャパネクスト メンバー① 猿川真寿

猿川真寿(さるかわ まさとし)は、2001年に日本プロ麻雀連盟に加入したベテランのプロ麻雀プレイヤーです。彼は第17回麻雀マスターズや2021年の男子プロ鋭角集中戦など、いくつかのタイトルを獲得しています。彼は2023年のMリーグドラフトでBEAST Japanextから全体1位で指名されました。彼の攻撃的で鋭いプレースタイルは「モンキーマジック」と呼ばれることがあります。彼は別のプロ麻雀プレイヤーである石田亜沙己と結婚しており、1人の子供がいます。

ビーストジャパネクストのドラフト1巡目全体1番目で指名されたのは、猿川真寿選手です。猿川選手は、1979年生まれの44歳で、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士です。小学2年生で麻雀を始めたという猿川選手は、2001年にプロ入りし、2008年に第17期麻雀マスターズで優勝するなど、数々の実績を残してきました。

また、麻雀最強戦では9回出場中5回ファイナル進出という驚異的な成績を誇ります。猿川選手の雀風は、攻撃重視で鳴きも駆使するキレ味鋭いもので、「モンキーマジック」と称されることもあります。その一方で、「プロ雀士サル」という通り名も持ち、破天荒なキャラクターでも知られています。猿川選手は、ビーストジャパネクストのエースとして活躍が期待されます。

ビーストジャパネクスト メンバー② 菅原千瑛

菅原千瑛(すがわら ちえ)は、2014年に日本プロ麻雀連盟に加入したプロ麻雀プレイヤーです。彼女はRTDリーグや麻雀最強戦などの多くのトーナメントに参加しており、2021年の男子プロ鋭角集中戦では猿川を破り優勝しました。彼女はBEAST Japanextのドラフトオーディションで優勝し、新チームの一員に選ばれました。彼女は陽気でポジティブな性格で知られており、麻雀に対する思いや気持ちを表現する能力も持っています。

ビーストジャパネクストのドラフト指名内定者となったのは、菅原千瑛選手です。菅原選手は、1990年生まれの33歳で、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士です。2012年にプロ入りした菅原選手は、2021年にRTD Girls Tournament 2021で優勝し、悲願のタイトルを獲得しました。

菅原選手は、自分らしく全力で戦う姿勢が評価されており、「夢のようです」と涙した優勝インタビューが話題になりました6。菅原選手は、ビーストジャパネクストのオーディションで優勝し、ドラフト指名に内定しました。菅原選手は、ビーストジャパネクストのムードメーカーとして、チームの雰囲気を盛り上げるでしょう。

ビーストジャパネクスト メンバー③ 鈴木大介

鈴木大介(すずき だいすけ)は、プロ将棋プレイヤーでありプロ麻雀プレイヤーでもあります。彼は1994年にプロ将棋プレイヤーとしてデビューし、9段の段位を持っています。彼は第12回龍王戦や第77回棋聖戦など、いくつかのタイトルを獲得しています。また、2021年に日本プロ麻雀連盟にも加入し、BEAST Japanextから2023年のMリーグドラフトで全体2位で指名されました。彼は将棋のスキルと麻雀の知識を組み合わせた多彩で創造的なプレースタイルで知られています。

ビーストジャパネクストのドラフト2巡目で指名されたのは、鈴木大介選手です。鈴木選手は、1974年生まれの49歳で、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士です。しかし、鈴木選手は、プロ雀士だけでなく、将棋棋士でもあります。

1986年に将棋のプロ入りし、2017年に九段に昇段した鈴木選手は、2023年に日本プロ麻雀連盟にも入会しました。鈴木選手は、将棋と麻雀の両方で高い実力を発揮しており、Mリーグでは初めての二刀流となります。鈴木選手は、ビーストジャパネクストの知恵袋として、チームの戦略を支えるでしょう。

ビーストジャパネクスト メンバー④ 中田花奈

中田花奈(なかだ かな)は、元アイドルでありプロ麻雀プレイヤーです。彼女は2011年から2020年まで人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーでした。彼女は幼少期から麻雀に興味を持ち、家族や友人とよくプレイしていました。彼女は2021年に日本プロ麻雀連盟のプロテストに合格し、同年6月に自身の麻雀カフェをオープンしました。彼女はBEAST Japanextから2023年のMリーグドラフトで全体4位で指名されました。彼女は明るくエネルギッシュな性格で知られており、麻雀の魅力をもっと多くの人々に広める情熱を持っています[^10^] 。

ビーストジャパネクストのドラフト3巡目で指名されたのは、中田花奈選手です。中田選手は、1994年生まれの29歳で、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士です。しかし、中田選手は、プロ雀士だけでなく、元アイドルでもあります。

2011年に乃木坂46の一期生としてデビューし、2020年に卒業した中田選手は、2021年にプロテストに合格しました。中田選手は、アイドル時代から麻雀が好きで、世間に麻雀をより身近に感じてもらう活動を続けてきました。中田選手は、ビーストジャパネクストのアイドルとして、チームの人気を高めるでしょう。

まとめ

以上が、ビーストジャパネクストのメンバー紹介でした。ビーストジャパネクストは、攻撃的で勝負強い雀風を持つ猿川真寿選手や菅原千瑛選手、将棋と麻雀の両方で活躍する鈴木大介選手、元アイドルでプロ雀士となった中田花奈選手という個性豊かな4人が揃っています。

このチームは、「最強の獣」という名にふさわしく、Mリーグでどんな戦いを見せてくれるのか楽しみですね。ビーストジャパネクストの応援よろしくお願いします!

Mリーグで活躍する渡辺太プロの魅力に迫る!ドリブンズの新星は医学部出身でネット麻雀の伝説

Mリーグは、日本のプロ麻雀リーグで、2018年に発足しました。現在は9チームが参加しており、各チームには4人の選手が所属しています。Mリーグでは、各チームの特色や戦略が大きく影響するため、チーム別に強みと弱みを分析することが重要です。今回は、Mリーグで活躍する渡辺太プロの魅力に迫ります。

渡辺太プロは、2023年に赤坂ドリブンズに加入した新人選手で、医学部出身でネット麻雀の伝説と呼ばれるほどの実力者です。どのようなプレイスタイルを持ち、どのような役割を果たすのでしょうか?Mリーグ チーム別特集!各チームの強みと弱みを徹底分析!では、渡辺太プロのプロフィールや成績、戦術などを詳しく見ていきましょう。

渡辺太プロのプロフィールと経歴【Mリーグ チーム別特集!各チームの強みと弱みを徹底分析!】

渡辺太プロは、1988年7月25日生まれの35歳です。埼玉県出身で、東京大学医学部を卒業した現役の医師でもあります。麻雀は10歳から始めたということで、幼少期から磨いてきた技術があります。オンライン麻雀では、「太くないお」「ないおトン」などのハンドルネームで知られており、天鳳では3回も天鳳位に到達するという快挙を成し遂げました。

また、雀魂でも3麻・4麻共に最高位段位である魂天に到達しています。2023年に最高位戦日本プロ麻雀協会に入会し、プロ雀士としてデビューしました。同年6月に行われたMリーグドラフト会議では、赤坂ドリブンズから2巡目全体7番目に指名されました。

渡辺太プロのプレイスタイルと特徴【Mリーグ チーム別特集!各チームの強みと弱みを徹底分析!】

渡辺太プロは、オンライン麻雀で培った高度な打牌技術と読み筋を持つ選手です。彼の打ち筋は、「速さ」「攻撃性」「柔軟性」の3つのキーワードで表すことができます。

速さとは、早い段階からテンパイを目指し、相手に圧力をかけることです。攻撃性とは、高打点やダマテンなどの積極的な打ち方を選択し、相手に譲らないことです。柔軟性とは、場況や相手の動きに応じて打ち筋を変えることです。

渡辺太プロはこれらの要素をバランスよく使い分けることができるため、どんな相手にも対応できる強さを持っています。また、彼は自分の打ち筋に自信を持っており、自分の考えをしっかりと伝えることができる選手でもあります。これは、チームプレイにおいても重要な要素です。

渡辺太プロの戦績と評価【Mリーグ チーム別特集!各チームの強みと弱みを徹底分析!】

渡辺太プロは、Mリーグ2023-24シーズンで初めて赤坂ドリブンズの一員としてプレーしました。彼はレギュラーシーズンで24試合に出場し、トータルポイントでは+110.7ポイントでチーム内2位、リーグ全体でも11位の成績を残しました。また、彼は平均打点が29,800点という高い数字を記録し、リーグ全体でも3位にランクインしました。

これは、彼の攻撃的な打ち方が功を奏した結果と言えます。渡辺太プロは、ドリブンズの新戦力として期待に応える活躍を見せましたが、一方で彼のプレイには課題もありました。彼は平均失点が28,900点という高い数字を記録し、リーグ全体でも最下位にランクインしました。

これは、彼の積極的な打ち方が裏目に出た結果と言えます。渡辺太プロは、自分の打ち筋に固執するあまり、相手の動きや危険度を見落とすことがあったようです。渡辺太プロは、Mリーグで初めてプレーした選手としては素晴らしい成績を残しましたが、さらなる高みを目指すためには、自分の打ち筋を見直すことや、チームメイトとの連携を深めることが必要だと言えます。

まとめ

Mリーグ チーム別特集!各チームの強みと弱みを徹底分析!では、渡辺太プロについて紹介しました。渡辺太プロは、医学部出身でネット麻雀の伝説と呼ばれるほどの実力者です。彼は、「速さ」「攻撃性」「柔軟性」の3つのキーワードで表される打ち筋で相手に圧倒することができます。しかし、彼のプレイには失点が多いという欠点もあります。彼は、自分の打ち筋に固執するあまり、相手の動きや危険度を見落とすことがあるからです。

渡辺太プロは、Mリーグで初めてプレーした選手としては素晴らしい成績を残しましたが、さらなる高みを目指すためには、自分の打ち筋を見直すことや、チームメイトとの連携を深めることが必要だと言えます。渡辺太プロは、赤坂ドリブンズの新星として今後も注目される選手です。

PAGE TOP