美人女流雀士Mリーガー”魚谷侑未”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円

Mリーグ2020が10月に開幕を迎えました。Mリーグ2019で所属チームの「セガサミーフェニックス」は惜しくも優勝を逃して、準優勝賞金が2,000万円をどのように分割というか、報奨金(ボーナス)みたいなものがあったのだろうか?

最速マーメイド

魚谷 侑未(うおたに ゆうみ)
1985年11月2日-
日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士(25期・六段)
新潟県柏崎市出身
血液型はB型
趣味はゲーム、乗馬

Mリーグでの年棒
Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

麻雀プロの収入の内訳

本業のリーグ戦での対局での対局料:0円
モンドなどのTV対局はギャラは発生するが若手でも1ゲームで4~500円、有名なプロだとギャラも跳ね上がります。

タイトル戦の賞金

各団体の大きなタイトル戦の賞金額は約100万と言われています。
RTDで1位300万円・2位120万円・3位80万円・4位40万円(2017年)
全国麻雀選手権は賞金総額1000万円で優勝賞金500万円と高額です

Mリーグによって雀士の収入にも夢が出てきました。
1000万プレイヤーがごろごろ出現する可能性も十分ありますね。

まとめ

美人女流雀士Mリーガー”魚谷侑未”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円ですが、確かな金額は公表されていません。残念!

美人女流雀士Mリーガー”茅森早香”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円

Mリーグ2020が10月に開幕を迎えました。Mリーグ2019で所属チームの「セガサミーフェニックス」は惜しくも優勝を逃して、準優勝賞金が2,000万円をどのように分割というか、報奨金(ボーナス)みたいなものがあったのだろうか?

天才すぎるオンナ雀士

茅森 早香(かやもり さやか)
1982年5月4日 – )
最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士
北海道苫小牧市出身
現在東京都在住
北海道苫小牧西高等学校中退
通り名としては日本プロ麻雀連盟所属の黒木真生が命名した「天才すぎるオンナ雀士」と呼ばれる事が多い
趣味は猫を愛でる事、ビールを飲む事
血液型はB型

Mリーグでの年棒
Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

麻雀プロの収入の内訳

本業のリーグ戦での対局での対局料:0円
モンドなどのTV対局はギャラは発生するが若手でも1ゲームで4~500円、有名なプロだとギャラも跳ね上がります。

タイトル戦の賞金

各団体の大きなタイトル戦の賞金額は約100万と言われています。
RTDで1位300万円・2位120万円・3位80万円・4位40万円(2017年)
全国麻雀選手権は賞金総額1000万円で優勝賞金500万円と高額です

Mリーグによって雀士の収入にも夢が出てきました。
1000万プレイヤーがごろごろ出現する可能性も十分ありますね。

まとめ

美人女流雀士Mリーガー”茅森早香”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円ですが、確かな金額は公表されていません。残念!

美人女流雀士Mリーガー”和久津晶”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円

Mリーグ2020が10月に開幕を迎えました。Mリーグ2019で所属チームの「セガサミーフェニックス」は惜しくも優勝を逃して、準優勝賞金が2,000万円をどのように分割というか、報奨金(ボーナス)みたいなものがあったのだろうか?

超攻撃型麻雀アマゾネス

和久津 晶(わくつ あきら)
1978年2月17日 – )
競技麻雀のプロ雀士
日本プロ麻雀連盟所属
Mリーグではセガサミーフェニックスに所属
愛称は「超攻撃型麻雀アマゾネス」
東京都出身

Mリーグでの年棒
Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

麻雀プロの収入の内訳

本業のリーグ戦での対局での対局料:0円
モンドなどのTV対局はギャラは発生するが若手でも1ゲームで4~500円、有名なプロだとギャラも跳ね上がります。

タイトル戦の賞金

各団体の大きなタイトル戦の賞金額は約100万と言われています。
RTDで1位300万円・2位120万円・3位80万円・4位40万円(2017年)
全国麻雀選手権は賞金総額1000万円で優勝賞金500万円と高額です

Mリーグによって雀士の収入にも夢が出てきました。
1000万プレイヤーがごろごろ出現する可能性も十分ありますね。

まとめ

美人女流雀士Mリーガー”和久津晶”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円ですが、確かな金額は公表されていません。残念!

美人女流雀士Mリーガー”瑞原明奈”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円

Mリーグ2020が10月に開幕を迎えました。Mリーグ2019で所属チームの「U-NEXT Pirates」が優勝したので優勝賞金が5,000万円をどのように分割というか、報奨金(ボーナス)みたいなものがあったのだろうか?

Mリーグは2018年に初のプロ麻雀という存在で創設されましたが、チームに参加できるのも1チームで3~4名、昨年から女子を1名必ず参加させるというルールもできたので、現在Mリーグに所属している女流雀士の一人”瑞原明奈”の気になる年収を調べてみました。

【メデューサ明奈】

瑞原 明奈(みずはら あきな)
1986年11月19日-
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
早稲田大学国際教養学部卒業
2017年3月まで日本プロ麻雀協会に所属


麻雀プロリーグであるMリーグのチームU-NEXT Piratesから2019年にドラフト指名された
オンライン麻雀「天鳳」においてみかん太のハンドルネームで九段まで昇段したことが知られている

さすがに昨シーズン優勝しているだけに、2019年の年棒よりも上がっているのではないでしょうか。予想ですが、U-NEXT Piratesからの2020年の年棒は600万円と予想します!

麻雀プロの収入の内訳

本業のリーグ戦での対局での対局料:0円
モンドなどのTV対局はギャラは発生するが若手でも1ゲームで4~500円、有名なプロだとギャラも跳ね上がります。

タイトル戦の賞金

各団体の大きなタイトル戦の賞金額は約100万と言われています。
RTDで1位300万円・2位120万円・3位80万円・4位40万円(2017年)
全国麻雀選手権は賞金総額1000万円で優勝賞金500万円と高額です

Mリーグによって雀士の収入にも夢が出てきました。
1000万プレイヤーがごろごろ出現する可能性も十分ありますね。

まとめ

美人女流雀士Mリーガー”瑞原明奈”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円ですが、確かな金額は公表されていません。残念!

Mリーグ2020シリーズ優勝予想10月23日第23戦・第24戦 赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツ vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

前回(第22戦)までのチーム順位表

第1回戦 第1位 丸山奏子:63.5

赤坂ドリブンズ 丸山奏子 第1位:63.5

KADOKAWAサクラナイツ 沢崎誠 第3位:-19.8

渋谷ABEMAS 多井隆晴 第4位:-51.7

TEAM RAIDEN / 雷電 黒沢咲 第2位:8.0

第2回戦 第1位 鈴木たろう:69.2

赤坂ドリブンズ 鈴木たろう 第1位:69.2

KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳 第4位:-54.4

渋谷ABEMAS 白鳥翔 第3位:-19.7

TEAM RAIDEN / 雷電 萩原聖人 第2位:4.9

Mリーグ2020シリーズ優勝予想10月22日第21戦・第22戦 EX風林火山 vsKONAMI麻雀格闘倶楽部 vsセガサミーフェニックス vsU-NEXT Pirates

前回(第20戦)までのチーム順位表

第1回戦 第1位 近藤誠一:68.5

EX風林火山 二階堂亜樹 第3位:-21.3

KONAMI麻雀格闘倶楽部 高宮まり 第4位:-67.8

セガサミーフェニックス 近藤誠一 第1位:68.5

U-NEXT Pirates 瑞原明奈 第2位:20.6

第2回戦 第1位 朝倉康心:61.3

EX風林火山 勝又健二 第2位:11.2

KONAMI麻雀格闘倶楽部 藤崎智 第4位:-49.7

セガサミーフェニックス 和久津晶 第3位:-22.8

U-NEXT Pirates 朝倉康心 第1位:61.3

Mリーグ2020シリーズ優勝予想10月20日第19戦・第20戦 KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部 vsセガサミーフェニックス vsTEAM RAIDEN / 雷電

前回(第18戦)までのチーム順位表

第19戦 第1位 前原雄大:50.3

KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾 第4位:-44.3

KONAMI麻雀格闘倶楽部 前原雄大 第1位:50.3

セガサミーフェニックス 茅森早香 第2位:9.2

TEAM RAIDEN / 雷電 黒沢咲 第3位:-15.2

第20戦 第1位 佐々木寿人:78.8

KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎 第4位:-54.2

KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人 第1位:78.8

セガサミーフェニックス 魚谷侑未 第2位:-0.4

TEAM RAIDEN / 雷電 瀬戸熊直樹 第3位:-24.2

第18回女流モンド杯優勝者は?二階堂亜樹プロ雀士のプロフィール<ツイッター>

人気実力ともに兼ね備えた女流プロ8名が意地とプライドをかけて戦う対局シリーズ。全16戦(予選14戦、決勝2戦)

https://www.mondotv.jp/special/member/mpl-officialdata/nikaidouaki

二階堂亜樹プロフィール

二階堂 亜樹(にかいどう あき)
1981年11月15日 – )
競技麻雀のプロ雀士
神奈川県鎌倉市出身
血液型はO型
日本プロ麻雀連盟所属(第15期生)
現在同団体内での段位は七段
愛称は「卓上の舞姫」
二階堂姉妹の妹で、姉は同じくプロ雀士の二階堂瑠美

Twitter @16003200

日本プロ麻雀連盟所属。大和証券Mリーグ2019EX風林火山。入門書、戦術書、啓発本、色々出てますので興味のある方は是非! お仕事の以来はこちらまで⇒info@2kaido.com

第18回女流モンド杯優勝者は?茅森早香プロ雀士のプロフィール<アヒル口>

人気実力ともに兼ね備えた女流プロ8名が意地とプライドをかけて戦う対局シリーズ。全16戦(予選14戦、決勝2戦)

茅森早香プロフィール

茅森 早香(かやもり さやか)
1982年5月4日 – )
最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士
北海道苫小牧市出身、現在東京都在住
北海道苫小牧西高等学校中退
通り名としては日本プロ麻雀連盟所属の黒木真生が命名した「天才すぎるオンナ雀士」と呼ばれる事が多い
趣味は猫を愛でる事、ビールを飲む事
血液型はB型

Twitter @sayakaya0504

最高位戦日本プロ麻雀協会所属 20年目/Mリーグセガサミーフェニックス所属/第11期女流最高位/MJ、雀ナビ/ YouTubeさやチャンネルωファンクラブ

第18回女流モンド杯優勝者は?大島麻美プロ雀士のプロフィール<立命館大学>

人気実力ともに兼ね備えた女流プロ8名が意地とプライドをかけて戦う対局シリーズ。全16戦(予選14戦、決勝2戦)

大島麻美プロフィール

大島 麻美(おおしま あさみ)
1992年2月14日 – )
兵庫県出身のプロ雀士
日本プロ麻雀協会所属(第14期前期)
血液型はA型
ニックネームは「あさみん」、キャッチフレーズは「降臨アサミラクル」

【入会期・所属】
第14期前期・関西
【主なタイトル歴】
第2回 女流モンド新人戦優勝
第7回 関西女流スプリント優勝
第16回 女流モンド杯優勝
第18期 女流雀王戦4位

Twitter @asami_npm

臨あさみらくる〜光る星麻雀プロでし/立命館/競輪自転車/第16回女流モンド杯優勝/#奈良ミッドナイト競輪/チャリチャン/#17Live認証ライバー/YouTubeをゆるりとしてます/自撮り加工最高