女性Mリーガー:日向藍子【2022最新版】可愛い女流雀士

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~12位【2021最新版】

日向藍子

渋谷アベマズ

日向藍子プロフィール

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
19歳で麻雀と出会い、22歳でプロ試験に合格
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である
(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加)

日向藍子 旦那

結婚相手の旦那さんは誰なのか?

「梶本さんが旦那さんじゃなかったんだ」というコメント
旦那さんは一般人という

日向藍子 ツイッター

日向藍子
@hinaai0924
https://twitter.com/hinaai0924

日向藍子 バズライトイヤー

「日向藍子の顔はバズ・ライトイヤーに似てる」:白鳥翔

おバズりになられていました…

麻雀プロでYouTubeもやっています
ABEMAでMリーグぜひ見てください!
1歳の女の子の母です
日向藍子(ひなたあいこ)よろしくお願いします!

日向藍子 萩原聖人

オーラス目が覚める大逆転!!萩原聖人の悲願を打ち砕き、3勝目獲得!!

萩原悲願の初勝利かと思いきや、12巡目に日向からリーチが入る。萩原との点差は1万6600点と、逆転にはハネマンツモが必要。日向の手はイーペーコー・ドラ3の待ち。牌山にはが1枚残っているだけ。日向のリーチ棒によって、3着浮上の条件が緩和された前原がチートイツで追いかけリーチ。結果は日向が一発ツモ! 萩原ののぞみを打ち砕く3000・6000で、日向が3勝目を獲得した。

日向藍子 身長

公式なデータはなく、写真などから160cm前後ではないかと想像する

日向藍子 インスタ

【女流Mリーガーの強さランキング】Mリーグ2021-22レギュラーシーズン

女流Mリーガーの強さランキングをまとめました。
Mリーグ2021シーズンのレギュラーシーズンの成績を基にランキングにしました。
プロフィールやエピソードなども書いてみました。
どうぞ最後までお読みください。

第1位 瑞原明奈(1/32位)

U-NEXTパイレーツ

合計PT試合数平均着順
440.6211.9

瑞原 明奈(みずはら あきな)
1986年11月19日-
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
長崎県立佐世保西高等学校、早稲田大学国際教養学部卒業
2017年3月まで日本プロ麻雀協会に所属

2014年、日本プロ麻雀協会の13期生としてプロ入り
2015年7月、第1子となる女児を出産
2017年4月、最高位戦に移籍
2019年7月、Mリーグドラフト会議にてU-NEXT Piratesから指名

第2位 伊達朱里紗(4/32位)

麻雀格闘倶楽部

合計PT試合数平均着順
269.5212.29

伊達 朱里紗(だて ありさ)
1991年5月10日 –
日本の女性声優、プロ雀士
兵庫県出身
81プロデュース、日本プロ麻雀連盟所属
Mリーグ・KONAMI麻雀格闘倶楽部所属

2013年4月、81プロデュースに加入
2014年、麻雀を題材としたアニメ『咲-Saki- 全国編』に出演
それをきっかけに麻雀に本格的に取り組むようになる
2019年4月、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士になる
2021年、第1期桜蕾戦で優勝
2021年8月、Mリーグドラフト会議にてKONAMI麻雀格闘倶楽部から1巡目指名
まだプロ3年目ながらもMリーガーとなった

第3位 茅森早香(5/32位)

セガサミーフェニックス

合計PT試合数平均着順
251.6262.23

茅森 早香(かやもり さやか)
1982年5月4日 –
最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士
北海道苫小牧市出身、現在東京都在住
北海道苫小牧西高等学校中退
通り名は、「天才すぎるオンナ雀士」
趣味は、猫を愛でる事、ハイボールを飲む事、ゴルフ
血液型は、B型
2019年9月1日よりYouTubeチャンネル「さやチャンネルω」を開設
2018年、Mリーグドラフト会議にて3巡目指名でセガサミーフェニックスに加入

第4位 東城りお(15/32位)

セガサミーフェニックス

東城 りお(とうじょう りお)
1990年9月18日 –
秋田県出身のグラビアアイドル、プロ雀士
日本プロ麻雀連盟所属
Mリーグ・セガサミーフェニックス所属

合計PT試合数平均着順
55.9162.5

東城りおは本名ではなく芸名
2018年8月、一般男性との婚約を発表
2021年8月、離婚を公表
2021年8月、Mリーグドラフト会議にてセガサミーフェニックスから1巡目指名

第5位 二階堂亜樹(16/32位)

EX風林火山

合計PT試合数平均着順
49.4212.38

二階堂 亜樹(にかいどう あき)
1981年11月15日 –
競技麻雀のプロ雀士
神奈川県鎌倉市出身
血液型はO型
日本プロ麻雀連盟所属(第15期生)、現在同団体内での段位は七段
愛称は「卓上の舞姫」
二階堂姉妹の妹で、姉は同じくプロ雀士の二階堂瑠美。姉妹でYouTuberもやっている。

実家の家業が雀荘だった
幼少期に両親が離婚
姉妹は父親の親戚に預けられた
高校には進学せず、雀荘を転々としていた
2013年4月、自信のブログで妊娠と入籍を発表
2013年8月、女児を出産
その後、結婚相手が井手康平であることが公表された
2018年、Mリーグドラフト会議にてEX風林火山から1巡目指名を受ける
2019年、「フライデー」の報道を受け、離婚(親権は井手氏)

第6位 丸山奏子(17/32位)

赤坂ドリブンズ

合計PT試合数平均着順
45122.5

丸山 奏子(まるやま かなこ)
1993年8月17日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・赤坂ドリブンズ所属
北海道旭川市出身

雀荘でのアルバイトをきっかけに競技麻雀に興味を持つ
2018年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会
2019年、プロ入り2年目にしてMリーグ赤坂ドリブンズから指名

デビュー戦では、前年のスコアトップ3である
多井隆晴、滝沢和典、佐々木寿人と対局
南4局2本場を4着で迎え、トップを獲るには倍満自摸が必要な場面で、1着順上昇の跳満出和了(3着の佐々木寿人から)を見逃し、自身の最後の自摸番で倍満(立直、自摸、平和、一気通貫、赤2、ドラ1)を和了って、大逆転トップを獲るという鮮烈なデビューを飾った

第7位 魚谷侑未(21/32位)

セガサミーフェニックス

合計PT試合数平均着順
▲128.7262.69

魚谷 侑未(うおたに ゆうみ)
1985年11月2日 –
日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士(25期・六段)
新潟県柏崎市出身
血液型はB型
趣味はゲーム、乗馬
YouTubeチャンネル「ゆーみんちゃんねる」にて
バーチャルYouTuberとしても活動している

当初は騎手を志してトレーニングも行っていた
2008年に麻雀を覚えてプロ雀士を志す
2009年、日本プロ麻雀連盟に所属しプロ雀士としてデビュー
2018年、Mリーグドラフト会議にて、セガサミーフェニックスから1巡目指名を受ける
2021年1月、宮澤太佑と入籍

第8位 黒沢咲(23/32位)

TEAM雷電

合計PT試合数平均着順
▲148.8232.65

黒沢 咲(くろさわ さき)
10月6日 –
本名非公開、年齢非公開
競技麻雀のプロ雀士
東京都世田谷区出身
血液型A型
上智大学卒
日本プロ麻雀連盟所属
愛称は「強気のヴィーナス」、「セレブ」、「お嬢」
2018年、Mリーグドラフト会議にてチーム雷電より3巡目指名を受ける

父親は実業家で、実家は都内の9LDKの豪邸
2019年9月、Mリーグのインタビューにて結婚を発表

第9位 日向藍子(24/32位)

渋谷ABEMAS

合計PT試合数平均着順
▲168.5172.71

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
19歳で麻雀と出会い、22歳でプロ試験に合格
2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

服飾科の短大に進学、将来の夢はアパレル業界で働くことだった
卒業後、フリーターとして雀荘で働く
2021年、プロデビュー(同期入会に土田浩翔など)
2018年6月からユーチューバーとなる
同月、RTDガールズファイト3を制する
12月、結婚と妊娠を発表
2019年4月、女児を出産
2019年7月、Mリーグドラフト会議にて、渋谷アベマズに指名をうける

第10位 高宮まり(25/32位)

麻雀格闘倶楽部

合計PT試合数平均着順
▲237.4202.8

高宮 まり(たかみや まり)
1988年11月8日 –
日本のプロ雀士
茨城県出身
日本プロ麻雀連盟所属、27期生、四段
グラビアアイドルとしても活動している
身長152cm
血液型はO型

2010年、プロ入会
2018年7月、Mリーグにて、KONAMI麻雀格闘倶楽部から
ドラフト2巡目指名される

第11位 岡田紗佳(26/32位)

KADOKAWAサクラナイツ

合計PT試合数平均着順
▲209.9162.8

岡田 紗佳(おかだ さやか)
1994年2月19日 –
日本のグラビアアイドル、ファッションモデル、プロ雀士
青山学院卒業
東京都出身
父は日本人、母は中国人
6歳から6年間上海の祖母が経営する雀荘で過ごす
アーティストハウス・ピラミッド所属
身長は170cm
3サイズは、B58、W58、H83

2012年2月号から「non-no」の専属モデルとなる
2017年、日本プロ麻雀連盟に入会
2018年9月、われめDEポンで、役満九蓮宝燈を和了った

2019年、Mリーグドラフト会議にて
KADOKAWAサクラナイツに2巡目指名を受ける

第12位 二階堂瑠美(27/32位)

EX風林火山

合計PT試合数平均着順
▲275.8182.83

二階堂 瑠美(にかいどう るみ)
1980年9月27日 –
競技麻雀のプロ雀士
神奈川県鎌倉市出身
血液型はA型
日本プロ麻雀連盟所属「天衣無縫」の異名をとる

麻雀を始めたのは17歳のとき
2021年、Mリーグドラフト会議にてEX風林火山より2巡目指名

終わりに

Mリーグへの女流雀士の参加には賛否両論がある。
しかし、Mリーグの発展は女流雀士なくしてはありえない。
老若男女、ハンデなく同じ土俵で戦う。
それが麻雀の醍醐味だ。
これからも女流プロ雀士たちは、そんなドラマを私たちに見せてくれるに違いない。

日向藍子 ラブフェニックス|Mリーグ可愛いアニメ声と結婚生活「ちゅもっ」るみあきchanねる

日向藍子

【ちゅも】日向藍子選手について語ってみた!【10分トーク】
日向藍子かわいい!渋谷ABEMAS|Mリーグ2022

1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加
Twitter:日向藍子 @hinaai0924

日向藍子かわいい!インスタ画像|渋谷ABEMAS|Mリーグ2022

日向藍子プロフィール

日向藍子

年齢:33歳
出身地:長野県
プロ歴:11年
第16・17期プロクイーン、 RTD ガールズファイト3

出身地:長野県茅野市
生年月日:1988年9月24日(33歳)
プロ入会:2011年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ
初ドラフト:2019年/全体8番目
2019-:渋谷ABEMAS

日向藍子インスタ画像

Mリーグ美人すぎる女流雀士【渋谷ABEMAS 日向藍子】2021年1月3日

日向藍子


日向藍子 結婚
日向藍子 旦那
日向藍子 ツイッター
日向藍子 娘
日向藍子 かわいい
日向藍子 インスタ
日向藍子 身長
日向藍子 妊娠
日向藍子 実力
日向藍子 チュモ

【号泣】日向藍子プロ 2019ドラフト指名の瞬間【動画あり】

1:32:50 日向指名

Mリーグ美人すぎる女流雀士【渋谷ABEMAS 日向藍子】2021年1月3日

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

Mリーグ美人すぎる女流雀士【渋谷ABEMAS 日向藍子】2021年1月3日

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

日向藍子特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2020最新版】

日向藍子のサジェストキーワード

日向藍子 インスタ
日向藍子 結婚
日向藍子 ツイッター
日向藍子 かわいい
日向藍子 ブログ
日向藍子 ガンプラ
日向藍子 強い
日向藍子 youtube
日向藍子 怪我
日向藍子 ドラフト

美人女流雀士Mリーガー”日向藍子”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円

Mリーグ2020が10月に開幕を迎えました。Mリーグ2019で所属チームの「渋谷ABEMAS」は惜しくも優勝を逃して、第3位賞金が1,000万円をどのように分割というか、報奨金(ボーナス)みたいなものがあったのだろうか?

ラブフェニックス

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

Mリーグでの年棒
Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

麻雀プロの収入の内訳

本業のリーグ戦での対局での対局料:0円
モンドなどのTV対局はギャラは発生するが若手でも1ゲームで4~500円、有名なプロだとギャラも跳ね上がります。

タイトル戦の賞金

各団体の大きなタイトル戦の賞金額は約100万と言われています。
RTDで1位300万円・2位120万円・3位80万円・4位40万円(2017年)
全国麻雀選手権は賞金総額1000万円で優勝賞金500万円と高額です

Mリーグによって雀士の収入にも夢が出てきました。
1000万プレイヤーがごろごろ出現する可能性も十分ありますね。

まとめ

美人女流雀士Mリーガー”日向藍子”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円ですが、確かな金額は公表されていません。残念!

第18回女流モンド杯優勝者は?日向藍子プロ雀士のプロフィール<4ブロック>

人気実力ともに兼ね備えた女流プロ8名が意地とプライドをかけて戦う対局シリーズ。全16戦(予選14戦、決勝2戦)

日向藍子プロフィール

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 – )
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加)

Twitter @hinaai0924

36期前期最高位戦入会(*´艸`*)大和証券Mリーグ渋谷ABEMAS所属!A2リーグ・第1回女流モンド新人戦優勝/ABEMAガールズファイト3優勝/第16期17期プロクイーン連覇/フジテレビONE極雀実況/われポン解説/MONDO TV第14.15.16回女流モンド杯出場/MJ参戦中/YouTube配信!

Mリーグ 日向藍子~YouTuberMリーガー!ラブフェニックス最高位戦唯一のB1リーグに所属~

日向藍子プロフィール

競技麻雀のプロ雀士。最高位戦日本プロ麻雀協会所属。Mリーグ・渋谷ABEMAS所属。愛称は「ラブフェニックス」。長野県出身。2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位に位置する選手である。

獲得タイトル
第1回女流モンド新人戦
RTDガールズファイト3
プロクイーン決定戦(第16・17期)

出身地:長野県
生年月日:1988年9月24日(31歳)
プロ入会:2011年 プロ歴9年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

最近はアベマTVの麻雀チャンネルにハマっている!特に、Mリーグだ。

今年度から各チームに 女流雀士を必ず参加させなければならないというルールが発足したため、Mリーグの対局で 女流雀士を昨年に比べてよくみかけるようになった。

そして、女流雀士はみんな可愛いね!と思います。そこで、Mリーグの女流雀士の中で1番かわいい?と思う人を紹介してみます。

日向藍子 渋谷ABEMAS

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 (31歳)
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(B1リーグ)に位置する選手である(2019年度は産休のため不参加)

Mリーグ  渋谷ABEMAS

【所属選手】
 多井隆晴
 白鳥翔
 松本吉弘
 日向藍子

1番かわいいのは?日向藍子

終わりに

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

PAGE TOP