Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【11/7(火)】30日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

KADOKAWAサクラナイツ

内川幸太郎
岡田紗佳
堀慎吾
渋川難波

TEAM雷電

萩原聖人
瀬戸熊直樹
黒沢咲
本田朋広

KONAMI麻雀格闘倶楽部

佐々木寿人
高宮まり
伊達朱里紗
滝沢和典

UNEXTパイレーツ

小林剛
瑞原明奈
鈴木優
仲林圭

第1回戦

KADOKAWAサクラナイツ 渋川難波(7戦目) 第4位:-52.6P
TEAM雷電 本田朋広(8戦目) 第3位:-19.6P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 滝沢和典(8戦目) 第1位:+68.9P
UNEXTパイレーツ 仲林圭(7戦目) 第2位:+3.3P

第2回戦

KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳(7戦目) 第4位:-55.1P
TEAM雷電 萩原聖人(8戦目) 第1位:+62.1P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 高宮まり(6戦目) 第2位:+10.7P
UNEXTパイレーツ 小林剛(7戦目) 第3位:-17.7P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【11/6(月)】29日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

EX風林火山

二階堂亜樹
勝又健志
松ヶ瀬隆弥
二階堂瑠美

セガサミーフェニックス

魚谷侑未
茅森早香
東城りお
醍醐大

渋谷ABEMAS

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

BEAST Japanext

猿川真寿
菅原千瑛
鈴木大介
中田花奈

第1回戦

EX風林火山 松ヶ瀬隆弥(7戦目) 第1位:+60.0P
セガサミーフェニックス 魚谷侑未(6戦目) 第2位:+12.4P
渋谷ABEMAS 白鳥翔(8戦目) 第4位:-48.2P
BEAST Japanext 鈴木大介(9戦目) 第3位:-24.2P

第2回戦

EX風林火山 二階堂亜樹(6戦目)第1位:+72.2P
セガサミーフェニックス 醍醐大(7戦目)第2位:+14.7P
渋谷ABEMAS 松本吉弘(9戦目)第3位:-29.6P
BEAST Japanext 猿川真寿(7戦目)第4位:-57.3P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【11/3(金)】28日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

KADOKAWAサクラナイツ

内川幸太郎
岡田紗佳
堀慎吾
渋川難波

TEAM雷電

萩原聖人
瀬戸熊直樹
黒沢咲
本田朋広

セガサミーフェニックス

魚谷侑未
茅森早香
東城りお
醍醐大

BEAST Japanext

猿川真寿
菅原千瑛
鈴木大介
中田花奈

第1回戦

KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎(5戦目) 第2位:+26.2P
TEAM雷電 本田朋広(7戦目) 第1位:+68.1P
セガサミーフェニックス 茅森早香(7戦目) 第4位:-71.9P
BEAST Japanext 中田花奈(4戦目) 第3位:-22.4P

第2回戦

KADOKAWAサクラナイツ 渋川難波(6戦目) 第2位:+21.9P
TEAM雷電 黒沢咲(6戦目) 第1位:+69.4P
セガサミーフェニックス 東城りお(6戦目) 第4位:-76.2P
BEAST Japanext 猿川真寿(6戦目) 第3位:-15.1P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【11/2(木)】27日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

赤坂ドリブンズ

園田賢
鈴木たろう
浅見真紀
渡辺太

KONAMI麻雀格闘倶楽部

佐々木寿人
高宮まり
伊達朱里紗
滝沢和典

EX風林火山

二階堂亜樹
勝又健志
松ヶ瀬隆弥
二階堂瑠美

渋谷ABEMAS

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

第1回戦

赤坂ドリブンズ 園田賢(8戦目) 第1位:+62.6P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗(5戦目) 第4位:-48.7P
EX風林火山 勝又健志(9戦目) 第2位:+4.4P
渋谷ABEMAS 日向藍子(5戦目) 第3位:-18.3P

第2回戦

赤坂ドリブンズ 浅見真紀 (5戦目) 第2位:+28.2P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 高宮まり (5戦目) 第4位:-70.6P
EX風林火山 二階堂亜樹 (7戦目) 第3位:-34.7P
渋谷ABEMAS 松本吉弘 (8戦目) 第1位:+77.1P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【10/31(火)】26日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

赤坂ドリブンズ

園田賢
鈴木たろう
浅見真紀
渡辺太

TEAM雷電

萩原聖人
瀬戸熊直樹
黒沢咲
本田朋広

EX風林火山

二階堂亜樹
勝又健志
松ヶ瀬隆弥
二階堂瑠美

UNEXTパイレーツ

小林剛
瑞原明奈
鈴木優
仲林圭

第1回戦

赤坂ドリブンズ 園田賢(7戦目) 第4位:-64.7P
TEAM雷電 萩原聖人(6戦目) 第3位:-25.1P
EX風林火山 二階堂瑠美(5戦目) 第2位:+20.5P
UNEXTパイレーツ 鈴木優(7戦目) 第1位:+69.3P

第2回戦

赤坂ドリブンズ 渡辺太(7戦目) 第3位:-14.8P
TEAM雷電 瀬戸熊直樹(6戦目) 第2位:+17.8P
EX風林火山 二階堂瑠美(6戦目) 第4位:-67.9P
UNEXTパイレーツ 小林剛(6戦目) 第1位:+64.9P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【10/30(月)】25日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

KADOKAWAサクラナイツ

内川幸太郎
岡田紗佳
堀慎吾
渋川難波

渋谷ABEMAS

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

KONAMI麻雀格闘倶楽部

佐々木寿人
高宮まり
伊達朱里紗
滝沢和典

セガサミーフェニックス

魚谷侑未
茅森早香
東城りお
醍醐大

第1回戦

KADOKAWAサクラナイツ 岡田紗佳 (6戦目) 第1位:+67.7P
渋谷ABEMAS 多井隆晴 (6戦目) 第2位:+16.4P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人 (7戦目) 第3位:-24.7P
セガサミーフェニックス 茅森早香 (6戦目) 第4位:-59.4P

第2回戦

KADOKAWAサクラナイツ 堀慎吾(7戦目) 第2位:+25.5P
渋谷ABEMAS 白鳥翔(7戦目) 第1位:+66.1P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 滝沢和典(7戦目) 第3位:-30.2P
セガサミーフェニックス 東城りお(5戦目) 第4位:-61.4P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【10/27(金)】24日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

赤坂ドリブンズ

園田賢
鈴木たろう
浅見真紀
渡辺太

渋谷ABEMAS

多井隆晴
白鳥翔
松本吉弘
日向藍子

TEAM雷電

萩原聖人
瀬戸熊直樹
黒沢咲
本田朋広

UNEXTパイレーツ

小林剛
瑞原明奈
鈴木優
仲林圭

第1回戦

赤坂ドリブンズ 鈴木たろう(6戦目) 第2位:+11.1P
渋谷ABEMAS 多井隆晴(5戦目) 第1位:+52.6P
TEAM雷電 萩原聖人(6戦目) 第3位:-19.8P
UNEXTパイレーツ 鈴木優(6戦目) 第4位:-43.9P

第2回戦

赤坂ドリブンズ 浅見真紀(4戦目) 第4位:-51.0P
渋谷ABEMAS 白鳥翔(6戦目) 第1位:+54.0P
TEAM雷電 本田朋広(6戦目) 第3位:-14.7P
UNEXTパイレーツ 仲林圭(6戦目) 第2位:+11.7P

Mリーグ2023-24シーズンレギュラー日程|メンバー個人成績【10/26(木)】23日目

本ページはプロモーションが含まれています

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

対戦カード

EX風林火山

二階堂亜樹
勝又健志
松ヶ瀬隆弥
二階堂瑠美

KONAMI麻雀格闘倶楽部

佐々木寿人
高宮まり
伊達朱里紗
滝沢和典

セガサミーフェニックス

魚谷侑未
茅森早香
東城りお
醍醐大

BEAST Japanext

猿川真寿
菅原千瑛
鈴木大介
中田花奈

第1回戦

EX風林火山 松ヶ瀬隆弥(6戦目) 第1位:+53.9P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人(6戦目) 第2位:+9.0P
セガサミーフェニックス 茅森早香(5戦目) 第3位:-11.5P
BEAST Japanext 菅原千瑛(6戦目) 第4位:-51.4P

第2回戦

EX風林火山 二階堂瑠美(4戦目)第2位:+10.8P
KONAMI麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗(4戦目)第1位:+60.6P
セガサミーフェニックス 醍醐大(6戦目)第4位:-60.1P
BEAST Japanext 鈴木大介(8戦目)第3位:-11.3P

全日本大学女子駅伝2023の出場校!名城大学は7連覇なるか?

エントリー美人&注目選手のプロフィール

第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(10/29開催)

はじめに

  • 全日本大学女子駅伝対校選手権とは、日本学生陸上競技連合と読売新聞社が主催する大会で、今年で41回目を迎える。
  • 10月29日に宮城県仙台市で開催される。
  • 前回大会上位8チームがシードとなり、そのほか各地区学連の代表や5000mの記録による出場校など、総計26チームが出場する。
  • 近年は名城大学が圧倒的な強さを見せており、前回大会で史上初の6連覇を達成した。
  • 今大会ではさらに記録を伸ばし、7連覇を達成できるかに注目が集まる。

出場校一覧

  • シード校は以下の8校である。
    • 名城大学(25年連続25回目)
    • 立命館大学(34年連続34回目)
    • 大阪学院大学(15年連続30回目)
    • 大東文化大学(13年連続13回目)
    • 拓殖大学(6年連続6回目)
    • 日本体育大学(12年連続35回目)
    • 城西大学(29年連続30回目)
    • 関西大学(16年連続16回目)

各地区代表校

<北海道>
札幌国際大学(6年連続6回目)

<東北>
東北福祉大学(17年連続21回目)

<関東>
玉川大学(2年連続21回目)
中央大学(5年連続32回目)
順天堂大学(4年連続30回目)

<北信越>
新潟医療福祉大学(12年連続12回目)

<東海>
中京学院大学(5年連続5回目)

<関西>
大阪芸術大学(8年連続11回目)
関西外国語大学(4年連続9回目)
京都光華女子大学(2年連続6回目)

<中国四国>
環太平洋大学(5大会連続6回目)

<九州>
福岡大学(14年連続35回目)

<5000mチーム記録上位5校>
東京農業大学(2年連続29回目)
筑波大学(3年連続27回目)
亜細亜大学(2年連続9回目)
城西国際大学(12年ぶり11回目)
東洋大学(2年連続10回目)

<オープン参加>
東北学連選抜チーム

名城大学女子駅伝部

全日本大学女子駅伝2023
名城大学エントリーメンバー

増渕祐香さん(4)
谷本七星さん(3)
米澤奈々香さん(2)
柳樂あずみさん(2)
石松愛朱加さん(2)
原田紗希さん(2)
瀬木彩花さん(1)
薮谷奈瑠さん(1)
山田未唯さん(1)
力丸楓さん(1)

城西大学女子駅伝部

コース紹介

  • コースは弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)発着で、6区間38.0kmである。
  • 各区間の距離と経路は以下の通りである。
    • 1区(6.6km)弘進ゴムアスリートパーク仙台 → 仙台市中央卸売市場前
    • 2区(4.0km)仙台市中央卸売市場前 → 仙台育英学園前(総合運動場側)
    • 3区(5.8km)仙台育英学園前(総合運動場側)→ 太白区役所前
    • 4区(4.8km)太白区役所前 → 五橋中学校前
    • 5区(9.2km)五橋中学校前 → 石井組前
    • 6区(7.6km)石井組前 → 弘進ゴムアスリートパーク仙台

まとめ

  • 全日本大学女子駅伝2023の出場校やコース、テレビ放送情報を紹介した。
  • 名城大学の7連覇や他校の挑戦など、熱い戦いが期待される。
  • ぜひ応援しよう!

小宮 悠(こみや はるか)最高位戦プロ麻雀協会のスター、小宮悠に迫る

麻雀界において、最高位戦プロ麻雀協会のスターといえば、小宮悠の名前が挙がるでしょう。彼女は、元看護師からプロ雀士に転身し、数々のタイトルを獲得してきました。しかし、彼女の魅力は、その実力だけではありません。彼女の人柄や趣味、恋愛観など、ファンが知りたい情報をここでお届けします。

小宮 悠(こみや はるか) プロフィール

出身地:愛知県
生年月日:1987年1月20日(36歳)
プロ入会:2016年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Xアカウント:( @komiharururu

小宮 悠(こみや はるか) 人となり

小宮 悠は、麻雀に対する情熱と才能を持つ個人です。彼女は5歳の時にテレビゲームを通じて麻雀を知り、家族麻雀でルールを覚えました。大学生時代には雀荘でアルバイトを経験し、麻雀のスキルを磨きました。大学卒業後、看護師として働いていましたが、体調を崩してしまい、退職せざるを得なかったようです。

社会復帰を目指す彼は、再び雀荘で働き始め、プロ雀士を目指す決意をしました。彼女は2016年にRMUに入会し、その後、2020年にはB級ライセンスを取得しました。さらに、同じ年に最高位戦日本プロ麻雀協会に移籍したことが分かります。

彼女は苦境に立たされたり、体調を崩したりしながらも、麻雀への情熱を持ち続け、プロ雀士としての道を歩んでいることがわかります。その花序は、麻雀との関連で様々な経験を積んできたことを示しており、将来がますます楽しみです。

小宮 悠(こみや はるか) 獲得タイトル

2019年度オープンリーグ 優勝
Princess of the year 第3期 優勝
女流名人位 第22期 優勝
夕刊フジ杯 第16期 女王

小宮 悠(こみや はるか)の麻雀スタイルと特徴

小宮悠の麻雀スタイルは、攻撃的で大胆なものと言われています。彼女は、自分の手牌に合わせて柔軟に打ち方を変えることができます。また、相手の心理や牌姿を読み取って、効果的な打牌や仕掛けを行うことも得意です。彼女の特徴的な技術としては、「小宮リーチ」と呼ばれるものがあります。これは、リーチをかけた後に自分の待ち牌を捨てることで、相手にリーチが掛かっていないことを伝える技です。この技で相手を油断させたり、自分の待ち牌を変えたりすることができます。

小宮 悠(こみや はるか) …

こんにちは、麻雀ファンの皆さん!

今回は、最高位戦日本プロ麻雀協会の小宮悠選手についてご紹介しました。

小宮悠選手は、2019年オープンリーグ優勝や第22期女流名人優勝などの実績を持つ女流トッププレイヤーですが、彼女の人生は決して平坦ではありませんでした。音楽や絵が得意で芸術的な才能に溢れていた彼女は、音大を目指していましたが、途中で看護師に転向しました。しかし、看護師としての仕事に耐えられず、うつ病になりました。

その時に麻雀に出会い、命を救われたと言います。麻雀プロとして活躍するようになり、数々のタイトルを獲得しました。小宮悠選手は、麻雀に一生を捧げると語っています。

彼女の半生を詳しく知りたい方は、こちらのコラムを読んでみてください。小宮悠選手の魅力や苦労が伝わってくると思います。彼女の対局の実況や解説もYouTubeやABEMAなどで見ることができます。彼女のファンや麻雀好きな方はぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

小宮悠は愛知県出身の36歳のプロ麻雀選手で、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属しています。彼女は幼少期から麻雀に情熱を燃やし、大学卒業後看護師として働いたが、体調不良で退職。再び雀荘で働き、プロ雀士の道を歩み始めました。2016年にRMUに入会し、2020年にB級ライセンスを取得し、最高位戦に移籍しました。

小宮悠は苦難に立ち向かいつつ、麻雀への情熱を貫き、多くのタイトルを獲得しました。彼女の卓越した麻雀の腕前だけでなく、彼女の人生の転機や努力が魅力的です。小宮悠は麻雀への情熱を貫き、ファンや麻雀愛好家にとっては注目の選手です。彼女の試合実況や解説もYouTubeやABEMAで楽しめるので、ファンはお見逃しなく。

PAGE TOP