Mリーグ2020 開催までの間に多井隆晴が所属するRMUって?Mリーグ渋谷ABEMAS

私は恥ずかしながら、Mリーグに興味を持つようになったのが、Mリーグ2019がすでに始まっていました。アベマTVで毎夜のように見るようになり、Mリーグについて少しずつ知識をつけていきました。

2020年に入り、新型コロナ感染症のせいでMリーグが約3か月間中断がありました。セミファイナルが終わり、さ~ファイナルステージだ!と思った矢先でした。

その間もアベマTVで過去の対戦などを見るのを楽しみにしていましたが、とうとうMリーグ2019もファイナルが終わり、パイレーツの優勝が決定しました。

Mリーグ2020は、例年のサイクルよりは早く開催れることになると藤田社書も言っていましたので、その間「Mリーグロス」にならないように、さらに情報を収集してここに発表をしていきますので、お楽しみに!

渋谷ABEMAS 多井隆晴

出身地:東京都葛飾区
生年月日:1972年3月17日(48歳)
プロ入会:1995年
所属団体:RMU
Mリーグ:2018- 渋谷ABEMAS

RMUとは?

RMU(アール エム ユー)は、競技麻雀のプロ団体である。2007年6月に設立。団体名称は、「Real Mahjong Unit」の略から。

「真の麻雀プロを作る」という理念のもと、トイツ理論で有名な土田浩翔を始め、阿部孝則、多井隆晴、河野高志、古久根英孝といったトッププロが集まって創設された。その後、2010年3月末に団体の中心メンバーだった土田・古久根が離脱したため、後述するように組織の運営方針に変化が生じている。

RMUの主要タイトル戦

令昭位戦Aリーグ(旧称:RMUリーグ)

クライマックスリーグ

令昭位戦B1~D1リーグ(旧称:Rリーグ)

長崎リーグ

赤坂ぷろす杯

ティアラリーグ

歴代令昭位
第1期 2009年 多井隆晴
第2期 2010年 阿部孝則
第3期 2011年 多井隆晴
第4期 2012年 谷井茂文
第5期 2013年 河野高志
第6期 2014年 多井隆晴
第7期 2015年 阿部孝則
第8期 2016年 多井隆晴
第9期 2017年 松ヶ瀬隆弥
第10期 2018年 谷井茂文
第11期 2019年 多井隆晴

RMUに所属するMリーガー

多井隆晴さんだけでした。

日本麻雀機構との関係

2006年に日本プロ麻雀連盟を脱退したプロ雀士が中心となって設立された。理事長は土田浩翔。麻雀のもつ社会性・公共性を意識し、公共の福祉と安寧に寄与することを目的とする。またアマ・プロの共存する集団を目指していたが、2010年6月、土田の体調不良が原因で活動休止が発表された。

Mリーグ2020 開催までの間に二階堂亜樹が所属する日本プロ麻雀連盟って?MリーグEX風林火山

私は恥ずかしながら、Mリーグに興味を持つようになったのが、Mリーグ2019がすでに始まっていました。アベマTVで毎夜のように見るようになり、Mリーグについて少しずつ知識をつけていきました。

2020年に入り、新型コロナ感染症のせいでMリーグが約3か月間中断がありました。セミファイナルが終わり、さ~ファイナルステージだ!と思った矢先でした。

その間もアベマTVで過去の対戦などを見るのを楽しみにしていましたが、とうとうMリーグ2019もファイナルが終わり、パイレーツの優勝が決定しました。

Mリーグ2020は、例年のサイクルよりは早く開催れることになると藤田社書も言っていましたので、その間「Mリーグロス」にならないように、さらに情報を収集してここに発表をしていきますので、お楽しみに!

EX風林火山所属 二階堂亜樹

出身地:神奈川県鎌倉市
生年月日:1981年11月15日(38歳)
プロ入会:1999年
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:2018- EX風林火山

日本プロ麻雀連盟とは?

日本プロ麻雀連盟(にほんプロマージャンれんめい)は、競技麻雀のプロ団体。2019年時点の7つあるプロ団体の中で所属人数がもっとも多い。2019年現在の会長は森山茂和。

日本プロ麻雀連盟の主要タイトル戦

プロリーグ(鳳凰戦)
現鳳凰位は藤崎智。

十段戦
現十段位は伊藤優孝。

王位戦
現王位は森下剛任。

麻雀マスターズ
現マスターズは真光祐尚。

麻雀グランプリMAX
現グランプリMAXは本田朋広。

女流桜花
現女流桜花は古谷知美。

プロクイーン
現プロクイーンは日向藍子。

麻雀日本シリーズ
沢崎誠

女流プロ麻雀日本シリーズ
仲田加南

日本プロ麻雀連盟に所属するMリーガー

瀬戸熊直樹さん、滝沢和典さん、藤崎智さん、佐々木寿人さん、白鳥翔さん、沢崎誠さん、勝又健志さん、萩原聖人さん、内川幸太郎さん、前原雄大さん、黒沢咲さん、魚谷侑未さん、和久津晶さん、高宮まりさん、岡田紗佳さんといった蒼々たるメンバーです。

現RMU代表の多井隆晴さんも所属していました。

Mリーグ2020 開催までの間に鈴木たろうが所属する日本プロ麻雀棋士会って?Mリーグ赤坂ドリブンズ【fuzzカップ】って?

私は恥ずかしながら、Mリーグに興味を持つようになったのが、Mリーグ2019がすでに始まっていました。アベマTVで毎夜のように見るようになり、Mリーグについて少しずつ知識をつけていきました。

2020年に入り、新型コロナ感染症のせいでMリーグが約3か月間中断がありました。セミファイナルが終わり、さ~ファイナルステージだ!と思った矢先でした。

その間もアベマTVで過去の対戦などを見るのを楽しみにしていましたが、とうとうMリーグ2019もファイナルが終わり、パイレーツの優勝が決定しました。

Mリーグ2020は、例年のサイクルよりは早く開催れることになると藤田社書も言っていましたので、その間「Mリーグロス」にならないように、さらに情報を収集してここに発表をしていきますので、お楽しみに!

赤坂ドリブンズ所属 鈴木たろう

出身地:茨城県水海道市
生年月日:1973年10月4日(46歳)
プロ入会:1997年
所属団体:日本プロ麻雀協会
Mリーグ:2018- 赤坂ドリブンズ

日本プロ麻雀協会とは?

一般社団法人日本プロ麻雀協会(にほんプロマージャンきょうかい)は、競技麻雀のプロ団体。2001年に土井泰昭(初代代表で現・全日本麻雀協会代表)により創設された。

2010年法人化。代表は五十嵐毅(2018年6月現在)。

最高位戦日本プロ麻雀協会、RMU、麻将連合-μ-と仲がよく、「麻雀スリアロチャンネル」などで交流機会が多い。また、アーケードゲーム・セガネットワーク対戦麻雀MJシリーズに全面協力している他、麻雀に特化したSNSである『はこてんパラダイス』に多くのプロが参加するなど一般ファンとの接点を拡げる活動を積極的に行っている。

公式ルールとして他のプロ団体では認められていない25000点持ち30000点返しによる「オカ」が採用されており、順位点も「30000点-10000点」のためトップを取ることが最も重要視されるルールになっている。また、「役満の複合」が認められていることも大きな特徴になっている。(wikipedia

日本プロ麻雀協会 主要タイトル戦

雀王戦
第18期 堀慎吾

雀竜位戦
第18期 大浜岳

女流雀王戦
第18期 逢川恵夢

新人王戦
第18期 ヨンス

日本オープン
第17回 下出和洋(麻将連合)

オータムチャンピオンシップ
第14回 岩崎啓悟

日本プロ麻雀棋士会に所属するMリーガー

アベマTVの解説でおなじみの松嶋桃さん、鈴木たろうさん、松本吉弘さんです。

第1回 fuzzカップ

Mリーガーの鈴木たろう・松本吉弘に加え、現タイトルホルダー・雀王決定戦進出者・fuzzカップ予選優勝者の総勢8名の協会トッププロ達がリーダーとなり、本気で選んだ2名のチームメイトと共に戦う『fuzzカップ』が始まります!

鈴木 たろう【赤坂ドリブンズ】チーム
愛内 よしえ 木原 浩一

松本 吉弘【渋谷ABEMAS】チーム
鈴木 達也 松嶋 桃

堀 慎吾【現雀王】チーム
安斎 瞬 都美

矢島 亨【現雀竜位】チーム
水口 美香 浅井 堂岐

逢川 恵夢【現女流雀王】チーム
田内 翼 宮崎 和樹

渋川 難波【雀王決定戦3位】チーム
佐月 麻理子 コウ

金 太賢【雀王決定戦4位】チーム
下石 戟 麻生 ゆり

菊地 俊介【fuzzカップ予選優勝】チーム
仲林 圭 朝倉 ゆかり (参照:第1回fuzzカップ

≪ルール≫

半荘戦
25000点持ち、30000点返し
一発、裏ドラ、カンドラ、カン裏ドラあり
赤ドラ5萬・5筒・5索の各1枚をドラとする。
パオの適用を受けた場合、ツモアガリは責任払い、放銃者がいた場合は折半払い
(パオの適用は「大三元」「大四喜」「四槓子」の3種類)
チョンボはチームのトータルポイントから△20P減点
半荘終了時の供託はトップ者に加算される
テンパイ宣言は原則、東家→南家→西家→北家の順で行う
※その他のルールは『日本プロ麻雀協会 協議規定』に準ずる

≪システム≫

各チーム6半荘×3節=18半荘を行い、上位4チームで決勝を行う
決勝は全6半荘、予選のポイントを半分持ち越して行う
予選の各チームメンバーの最低打荘数は3半荘、最大打荘数は9半荘とする
決勝の各チームメンバーの最低打荘数は1半荘、最大打荘数は3半荘とする

≪その他≫

全自動配牌卓を使用
場所決めは東南西北の掴み取り、東を引いた者は予め決められた場所に座り、そのまま起家となる
積み場の表示は100点棒を出さない

Mリーグ2020 開催までの間に園田賢が所属する最高位戦日本プロ麻雀協会(最高位戦)って?Mリーグ赤坂ドリブンズ

私は恥ずかしながら、Mリーグに興味を持つようになったのが、Mリーグ2019がすでに始まっていました。アベマTVで毎夜のように見るようになり、Mリーグについて少しずつ知識をつけていきました。

2020年に入り、新型コロナ感染症のせいでMリーグが約3か月間中断がありました。セミファイナルが終わり、さ~ファイナルステージだ!と思った矢先でした。

その間もアベマTVで過去の対戦などを見るのを楽しみにしていましたが、とうとうMリーグ2019もファイナルが終わり、パイレーツの優勝が決定しました。

Mリーグ2020は、例年のサイクルよりは早く開催れることになると藤田社書も言っていましたので、その間「Mリーグロス」にならないように、さらに情報を収集してここに発表をしていきますので、お楽しみに!

赤坂ドリブンズ所属 園田賢

出身地:兵庫県神戸市
生年月日:1980年11月25日(39歳)
プロ入会:2003年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ:2018 – 赤坂ドリブンズ

一般社団法人最高位戦日本プロ麻雀協会とは?

一般社団法人最高位戦日本プロ麻雀協会(さいこういせんにほんプロマージャンきょうかい)は、競技麻雀のプロ団体。略称は「最高位戦」。会長新津潔(2018年8月現在)。

同協会最高峰のタイトル戦である最高位戦は、1976年に創設されたが、第1期(1976年)から第9期(1984年)までは竹書房発行の麻雀専門誌『近代麻雀』(現在は廃刊。現存する同名の麻雀劇画誌とは別物)によって主催・運営され、同誌の誌上タイトル戦だった。しかし『近代麻雀』が編集方針の変更等の理由により、最高位戦の主催・運営を打ち切ったため、第10期(1985年)から参加選手による自主運営という形で開催されるようになり、これが現在の組織の母体となっている。

日本プロ麻雀連盟や麻将連合-μ-、日本プロ麻雀協会といった競技団体は、いずれも最高位戦に参加していたプロが袂を分かつ形で設立した団体である。(wikipedia

最高位戦の主要タイトル戦

最高位戦
2019 44期:坂本大志

Classic
2019 14期:森本俊介

發王位
2019 28期:白鳥翔(連盟)

新輝戦
2019 3期:山田独歩

女流最高位
2019 19期:西嶋千春

女流名人位
2019 20期:木崎ゆう

新人王
2019 44期:松井夢実

アマ最高位
2019 17期:篠原 啓太

最高位戦に所属するMリーガー

アベマTVの解説でおなじみの土田浩翔さんや近藤誠一さん、村上淳さん、朝倉康心さん、茅森早香さん、日向藍子さん、瑞原明奈さん、丸山奏子も同協会のメンバーです。

「NiziU」(ニジュー)メンバー9人決定!2020年秋メジャーデビュー&6/30のプレデビューを発表!

NiziU[ニジュー]メンバープロフィール


MAKO/マコ:2001年4月4日生(19歳)、A型

NiziUのリーダー

RIKU/リク:2002年10月26日生(17歳)、AB型

NiziUのエネルギッシュなリス!

RIMA/リマ:2004年3月26日生(16歳)、O型

NiziUの魅力的なボイス

RIO/リオ:2002年2月4日生(18歳)、B型

NiziUの元気の源

MAYA/マヤ:2002年4月8日生(18歳)、O型

NiziUの白鳥、マヤ!


MIIHI/ミイヒ:2004年8月12日生(15歳)、O型

NiziUのスマイルメーカー

MAYUKA/マユカ:2003年11月13日生(16歳)、A型

NiziUのカメレオン

AYAKA/アヤカ:2003年6月20日生(17歳)、A型

NiziUのふわふわビューティ

NINA/ニナ:2005年2月27日生(15歳)、O型

NiziUの明るい末っ子

落選メンバー(残念)

リリアさん

アカリさん

ユナさん

モモカさん

NiziU 虹プロジェクトのグループ名が発見? 予想! 12人全員デビュー!?무지개

NiziUがJYP Entertatinmentで商標登録され虹プロジェクトの正式デビュー名と推定されるたのが韓国でも話題になっています。

Nizi U

とても暇な人なのか、興味深く虹プロジェクトに関心があった人なのか、よく見つけ出したではありませんか。

最終ステージで、マコチームとマヤチームが対決して有終の美を飾ってほしいので、誰かが落選するというシナリオは考えにくい。

虹プロジェクトのスタート時点では、虹というと7色というイメージから13人の中から7人を選抜してデビューさせようとしているのではないかと思っていましたが、そうではないようです。

TVを見ていての感想というか、私感なのですが、いまさら誰かが落選するなんてファンとしてみてきた人にとっては、許しがたいことのように思うからです。

予想! 12人全員デビュー!

Nizi Uが二十(にじゅう)と読めるところから、逆読みすると「じゅうに=12」とイメージができるので、デビューする人数が12人ということを示唆しているのでは?

そもそもが『虹プロジェクト』なので、Niziは当然のこと。

そこに『U』がくっついている意味を考えてみると、12人全員を合格させたとして12人全員での活動は多いイメージになります。

そのため、ファイナルでの6人チーム「マコチーム」「マヤチーム」をそれぞれユニットとして活動するというイメージができてきた。

どちらかをAチームにするというすみ分けはしないと思うが、曲のイメージでマコチームは○○、マヤチームは○○みたいに、ユニットで活動して全国ツアーなんかでは合同で活動するという感じが思われます。

マコチームvsマヤチーム:虹プロファイナルステージ「全員デビューしてほしい」の声が殺到!『Nizi U』

(1)マコチーム

https://www.youtube.com/watch?v=uK6viMng3N8

マコさん

リオさん

ユナさん

アカリさん

アヤカさん

リリアさん

(2)マヤチーム 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=62&v=zwJPph5srz0&feature=emb_logo

マヤさん

リマさん

ミイヒさん

リクさん

マユカさん

ニナさん

マコチームとマヤチームが引き分けとなって互角だったということはやはり、全員デビューってことかな?

ネットの声~マコちゃん

マコちゃんさすがだよー!

マコちゃん慣れない言葉だろうに盛りあげるために言ったの可愛すぎだし マコオンニの言葉に爆笑してるミイヒちゃんかわいい

マコちゃんはいつも強いけど、やっぱり誰よりもプレッシャーすごかったやろうし、ほんまにこの涙見て、今すぐマコちゃんも抱きしめたくなった!

Mリーグファイナル優勝は?#Mリーグ本日優勝決定 UーNEXTパイレーツ

祝優勝 UーNEXTパイレーツ

第2位 セガサミーフェニックス

第3位 渋谷ABEMAS

第4位 KADOKAWAサクラナイツ

サクラナイツフェニックスABEMASPirates
16/15
(月)
沢崎
-54.4
茅森
-29.3
多井
1.0
小林
82.7
26/15
(月)
内川
-40.4
魚谷
497
白鳥
7.4
石橋
-16.7
47.6
(3位)
106.4
(1位)
40.4
(4位)
64.3
(2位)
36/16
(火)
内川
-54.2
近藤
16.7
日向
65.6
瑞原
28.1
46/16
(火)
沢崎
-53.1
魚谷
62.9
松本
-18.1
朝倉
8.3
-59.7
(4位)
186.0
(1位)
87.9
(2位)
44.5
(3位)
56/18
(木)
岡田
4.2
近藤
-61.9
多井
-36.7
朝倉
94.4
66/18
(木)
沢崎
3.4
和久津
54.2
白鳥
-18.5
小林
-39.1
-52.1
(4位)
178.3
(1位)
32.7
(3位)
99.8
(2位)
76/19
(金)
内川
-61.3
魚谷
10.1
瑞原
77.2
内川
-61.3
86/19
(金)
沢崎
-15.2
魚谷
13.5
松本
59.6
小林
-57.9
-128.6
(4位)
201.9
(1位)
66.3
(3位)
119.1
(2位)
96/22
(月)
岡田
-58.9
魚谷
-19.8
多井
71.8
石橋
6.9
106/22
(月)
内川
-42.2
茅森
508
多井
8.7
朝倉
-17.3
-229.7
(4位)
232.9
(1位)
146.8
(2位)
108.7
(第3位)
116/23
(火)
内川
1.5
近藤
-54.7
白鳥
-18.9
石橋
74.8
126/23
(火)
沢崎
-20.9
魚谷
9.6
多井
49.9
小林
61.2
-249.1
(4位)
185.1
(2位)
78.0
(3位)
244.7
(1位)

ファイナル第12戦出場選手(6月23日)

多井隆晴 (渋谷ABEMAS) 第4位:-49.9

魚谷侑未 (セガサミーフェニックス) 第2位:9.6

小林剛 (UーNEXTパイレーツ) 第1位:61.2

沢崎誠 (KADOKAWAサクラナイツ) 第3位:-20.9

ファイナル第11戦出場選手(6月23日)

内川幸太郎 (KADOKAWAサクラナイツ)  第2位:1.5

白鳥翔 (渋谷ABEMAS)  第3位:-18.9

近藤誠一 (セガサミーフェニックス)  第4位:-57.4

石橋伸洋 (UーNEXTパイレーツ)  第1位:74.8

Mリーグファイナル第9戦結果速報!トップが多井 第10戦結果速報!トップが茅森

ファイナル第10戦出場選手(6月22日)

内川幸太郎 (KADOKAWAサクラナイツ)  第4位:-42.2

多井隆晴 (渋谷ABEMAS)  第2位:8.7

茅森早香 (セガサミーフェニックス)  第1位:50.8

朝倉康心 (UーNEXTパイレーツ)  第3位:-17.3

ファイナル第9戦出場選手(6月22日)

岡田紗佳 (KADOKAWAサクラナイツ)  第4位:-58.9

多井隆晴 (渋谷ABEMAS)  第1位:71.8

魚谷侑未 (セガサミーフェニックス)  第3位:-19.8

石橋伸洋 (UーNEXTパイレーツ)  第2位:6.9

Mリーグファイナル第7戦結果速報!トップが瑞原 第8戦結果速報!トップが松本

ファイナル第8戦出場選手(6月19日)

沢崎誠 (KADOKAWAサクラナイツ)  3位:-15.2

松本吉弘 (渋谷ABEMAS)  1位:59.6

魚谷侑未 (セガサミーフェニックス)  2位:13.5

小林剛 (UーNEXTパイレーツ)  4位:-57.9

ファイナル第7戦出場選手(6月19日)

内川幸太郎 (KADOKAWAサクラナイツ) 4位:-61.3

日向藍子 (渋谷ABEMAS) 3位:-26.0

魚谷侑未 (セガサミーフェニックス) 2位:10.1

瑞原明奈 (UーNEXTパイレーツ) 1位:77.2

Mリーグファイナル第5戦結果速報!トップが朝倉第6戦結果速報!トップが和久津

ファイナル第5戦出場選手(6月18日)

岡田紗佳 (KADOKAWAサクラナイツ) 第2位:4.2

多井隆晴 (渋谷ABEMAS) 第3位:-36.7

近藤誠一 (セガサミーフェニックス) 第4位:-61.9

朝倉康心 (UーNEXTパイレーツ) 第1位:94.4

ファイナル第6戦出場選手(6月18日)

沢崎誠 (KADOKAWAサクラナイツ)  第2位:3.4

白鳥翔 (渋谷ABEMAS) 第3位;-18.5 

和久津晶 (セガサミーフェニックス) 第1位:54.2

小林剛 (UーNEXTパイレーツ) 第4位:-39.1

Mリーグファイナル第3戦結果速報!トップが日向 第4戦結果速報!トップが魚谷

ファイナル第3戦出場選手

内川幸太郎 (KADOKAWAサクラナイツ) 第4位:-54.2

日向藍子 (渋谷ABEMAS)  第1位:65.6

近藤誠一 (セガサミーフェニックス) 第3位:16.7

瑞原明奈 (UーNEXTパイレーツ)  第3位:28.1

ファイナル第4戦出場選手

 沢崎誠 (KADOKAWAサクラナイツ) 第4位:-53.1

 松本吉弘 (渋谷ABEMAS)  第3位:-18.1

 魚谷侑未 (セガサミーフェニックス) 第1位:62.9

 朝倉康心 (UーNEXTパイレーツ)  第2位:8.3

Mリーグファイナル第1戦結果速報!トップが小林剛 第2戦結果速報!トップが魚谷侑未

ファイナル第1戦出場選手

沢崎誠 KADOKAWAサクラナイツ

多井隆晴 渋谷ABEMAS

茅森早香 セガサミーフェニックス

小林剛 UーNEXTパイレーツ

第1戦結果速報!

ファイナル第2戦出場選手

内川幸太郎 サクラナイツ

白鳥翔 渋谷アベマズ

魚谷侑未 セガサミーフェニックス

石橋伸洋 U-Nextパイレーツ

第2戦結果速報!

Mリーグ2019ファイナルシリーズ優勝は?6月19日先発選手発表!内川vs日向vs魚谷vs瑞原

2020年4月7日、新型コロナウイルス感染症の流行により、緊急事態宣言が発令されたのに伴って、ファイナルシリーズの延期が発表されていましたが、いよいよ本日(6月14日)にファイナルシリーズの再開で楽しみにしていた決勝戦がはじまります。

Mリーグ2019ファイナル

Mリーグ2019ファイナルシリーズ 第4日 19:00〜

KADOKAWAサクラナイツ 内川幸太郎 (-94.6)
渋谷ABEMAS 日向藍子 (65.6)
セガサミーフェニックス 魚谷侑未 (112.6)
UーNEXTパイレーツ 瑞原明奈 (-28.1)

KADOKAWAサクラナイツ
セミファイナルチーム:142.4 (第1位)
沢崎誠 セミファイナル個人成績:157.4
内川幸太郎 セミファイナル個人成績:69.6
岡田紗佳 セミファイナル個人成績:33.5
ファイナルシリーズ昨日までの順位と成績:第4位 -52.1

セガサミーフェニックス
セミファイナルチーム:172.0 (第2位)
近藤誠一 セミファイナル個人成績:67.5
魚谷侑未 セミファイナル個人成績:0.5
和久津晶 セミファイナル個人成績:-41.7
茅森早香 セミファイナル個人成績:-102.1
ファイナルシリーズ昨日までの順位と成績:第1位 178.3

渋谷ABEMAS
セミファイナルチーム:32.0 (第3位)
日向藍子 セミファイナル個人成績:27.6
松本吉弘 セミファイナル個人成績:-3.6
白鳥翔 セミファイナル個人成績:-28.3
多井隆晴 セミファイナル個人成績:-68.7
ファイナルシリーズ昨日までの順位と成績:第3位 32.7

UーNEXTパイレーツ
セミファイナルチーム:-3.5 (第4位)
石橋伸洋 セミファイナル個人成績:211.7
小林剛 セミファイナル個人成績:-13.2
瑞原明奈 セミファイナル個人成績:-34.6
朝倉康心 セミファイナル個人成績:-66.3
ファイナルシリーズ昨日までの順位と成績:第2位 99.8

Mリーグ2019ファイナルシリーズ優勝は?6月18日先発選手発表!

2020年4月7日、新型コロナウイルス感染症の流行により、緊急事態宣言が発令されたのに伴って、ファイナルシリーズの延期が発表されていましたが、いよいよ本日(6月14日)にファイナルシリーズの再開で楽しみにしていた決勝戦がはじまります。

Mリーグ2019

Mリーグ2019ファイナルシリーズ 本日19:00〜開幕

岡田紗佳 セミファイナル個人成績:33.5
(KADOKAWAサクラナイツ) セミファイナルチーム:142.4

多井隆晴 セミファイナル個人成績:-68.7
(渋谷ABEMAS) セミファイナルチーム:32.0

近藤誠一 セミファイナル個人成績:67.5
(セガサミーフェニックス) セミファイナルチーム:86.0

朝倉康心 セミファイナル個人成績:-66.3
(UーNEXTパイレーツ) セミファイナルチーム:-1.7