大相撲 力士の給与体系とは?十両と幕下では天と地の違いが!

Pocket

力士の給与は、十両以上は月給制・幕下は月給制ではありません。

力士の給与(月給(固定給))

横綱:300万
大関:250万
関脇・小結:180万
前頭(平幕):140万
十両:110万

横綱を例えてみると、300万円×12月=3600万円が年収になり、その他にも諸手当などの加算金があります。

3役以上の力士の諸手当

1  本場所手当

横綱:20万円
大関:15万円
関脇・小結:5万円

年6回の場所がありますので、それぞれの場所で支給されます。(休場時は減額)

2  出張手当

3月・7月・11月に、それぞれ35日分支給される

横綱:宿泊費8,000円 日当:3,000円
関脇:宿泊費7,500円 日当:2,000円
三役:宿泊費6,500円 日当:1,600円
平幕:宿泊費5,700円 日当:1,400円
十両:宿泊費5,300円 日当:1,200円

3  力士補助金

月・5月・9月に、髪結の補助金として支給される。
横綱から十両まで一律25,000円。

4  力士褒賞金

成績により受取れる賞金。実際に支給されるのは、関取だけですが、すべての力士が算定の対象となります。関取(十両以上)になるまで支給はされない。
力士の地位と成績によって、支給金額が違う。

勝ち越しに応じた金額(支給標準額)

勝ち星一つ:0.5円(50銭)
金星:10円
幕内優勝:30円
幕内全勝優勝:50円

実際に支給されるのは、上記の金額に4,000倍した額

例えば、8勝したら0.5円×4000=2,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です