小宮 悠(こみや はるか)最高位戦プロ麻雀協会のスター、小宮悠に迫る

麻雀界において、最高位戦プロ麻雀協会のスターといえば、小宮悠の名前が挙がるでしょう。彼女は、元看護師からプロ雀士に転身し、数々のタイトルを獲得してきました。しかし、彼女の魅力は、その実力だけではありません。彼女の人柄や趣味、恋愛観など、ファンが知りたい情報をここでお届けします。

小宮 悠(こみや はるか) プロフィール

出身地:愛知県
生年月日:1987年1月20日(36歳)
プロ入会:2016年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Xアカウント:( @komiharururu

小宮 悠(こみや はるか) 人となり

小宮 悠は、麻雀に対する情熱と才能を持つ個人です。彼女は5歳の時にテレビゲームを通じて麻雀を知り、家族麻雀でルールを覚えました。大学生時代には雀荘でアルバイトを経験し、麻雀のスキルを磨きました。大学卒業後、看護師として働いていましたが、体調を崩してしまい、退職せざるを得なかったようです。

社会復帰を目指す彼は、再び雀荘で働き始め、プロ雀士を目指す決意をしました。彼女は2016年にRMUに入会し、その後、2020年にはB級ライセンスを取得しました。さらに、同じ年に最高位戦日本プロ麻雀協会に移籍したことが分かります。

彼女は苦境に立たされたり、体調を崩したりしながらも、麻雀への情熱を持ち続け、プロ雀士としての道を歩んでいることがわかります。その花序は、麻雀との関連で様々な経験を積んできたことを示しており、将来がますます楽しみです。

小宮 悠(こみや はるか) 獲得タイトル

2019年度オープンリーグ 優勝
Princess of the year 第3期 優勝
女流名人位 第22期 優勝
夕刊フジ杯 第16期 女王

小宮 悠(こみや はるか)の麻雀スタイルと特徴

小宮悠の麻雀スタイルは、攻撃的で大胆なものと言われています。彼女は、自分の手牌に合わせて柔軟に打ち方を変えることができます。また、相手の心理や牌姿を読み取って、効果的な打牌や仕掛けを行うことも得意です。彼女の特徴的な技術としては、「小宮リーチ」と呼ばれるものがあります。これは、リーチをかけた後に自分の待ち牌を捨てることで、相手にリーチが掛かっていないことを伝える技です。この技で相手を油断させたり、自分の待ち牌を変えたりすることができます。

小宮 悠(こみや はるか) …

こんにちは、麻雀ファンの皆さん!

今回は、最高位戦日本プロ麻雀協会の小宮悠選手についてご紹介しました。

小宮悠選手は、2019年オープンリーグ優勝や第22期女流名人優勝などの実績を持つ女流トッププレイヤーですが、彼女の人生は決して平坦ではありませんでした。音楽や絵が得意で芸術的な才能に溢れていた彼女は、音大を目指していましたが、途中で看護師に転向しました。しかし、看護師としての仕事に耐えられず、うつ病になりました。

その時に麻雀に出会い、命を救われたと言います。麻雀プロとして活躍するようになり、数々のタイトルを獲得しました。小宮悠選手は、麻雀に一生を捧げると語っています。

彼女の半生を詳しく知りたい方は、こちらのコラムを読んでみてください。小宮悠選手の魅力や苦労が伝わってくると思います。彼女の対局の実況や解説もYouTubeやABEMAなどで見ることができます。彼女のファンや麻雀好きな方はぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

小宮悠は愛知県出身の36歳のプロ麻雀選手で、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属しています。彼女は幼少期から麻雀に情熱を燃やし、大学卒業後看護師として働いたが、体調不良で退職。再び雀荘で働き、プロ雀士の道を歩み始めました。2016年にRMUに入会し、2020年にB級ライセンスを取得し、最高位戦に移籍しました。

小宮悠は苦難に立ち向かいつつ、麻雀への情熱を貫き、多くのタイトルを獲得しました。彼女の卓越した麻雀の腕前だけでなく、彼女の人生の転機や努力が魅力的です。小宮悠は麻雀への情熱を貫き、ファンや麻雀愛好家にとっては注目の選手です。彼女の試合実況や解説もYouTubeやABEMAで楽しめるので、ファンはお見逃しなく。

女性雀士の輝かしいキャリア:(Mリーガー以外の)プロ雀士 女性 一覧とその実績

麻雀は男性のイメージが強いかもしれませんが、実は女性も多くのプロ雀士が活躍しています。女性雀士は美しさだけでなく、技術や知性、魅力も兼ね備えています。この記事では、プロ雀士 女性 一覧とその実績を紹介します。女性雀士の輝かしいキャリアに触れて、麻雀の世界に興味を持ってみません。

愛内よしえ

日本の麻雀プリンセス、愛内よしえ(AIUちゃん)が登場!競馬、競輪、そして麻雀のトリプルスレットな才女!

朝倉ゆかり

名前:朝倉ゆかり
読み:あさくらゆかり
所属:日本プロ麻雀協会
生年月日:7月11日
出身地:沖縄県
血液型:O型

安藤りな

安藤りな、北海道札幌市の輝く宝石。日本プロ麻雀連盟の魅力的な女流雀士、通り名は「七彩の雪月華」、愛称は「りなたん」。2023年6月、彼女はニ段の段位を誇り、その年の女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン8で栄冠を手にし、初のタイトルを手に入れました。彼女の才能が光り輝く瞬間です。

石井あや

石井あや、競技麻雀のスーパースター!沈黙のスナイパーが女流タイトル戦を制覇し、プロクイーン決定戦で輝かしいスタートを切った。福岡県出身、熊本大学の地球科学科卒業生で、学生時代は地層と化石に魅了されていた彼女。さらに、2017年には結婚と妊娠を発表し、一新された章が始まった。

石田亜沙己

石田亜沙己:競技麻雀のスター、プロ雀士の輝かしい経歴

愛知県日進市出身の石田亜沙己(いしだ あさみ)は、競技麻雀のプロ雀士として日本プロ麻雀連盟に所属し、第29期生の誇りを胸に四段の段位を持つ実力派です。

しかし、その活躍は単なる麻雀に留まりません。彼女は「あさちび」としても知られ、読者モデルやブロガーとしても成功を収め、さらには名古屋の地方アイドル「N-GIRL」としても輝かしい一面を持っています。

石田亜沙己は、同世代の女性たちに麻雀の楽しさを広める使命感に駆られ、プロ雀士としての道を歩みました。その情熱が実を結び、2013年12月18日に稼動を開始したアーケードゲーム『麻雀格闘倶楽部 頂の陣』に新たに参戦。

さらに、2014年秋に行われた「日本プロ麻雀連盟 投票選抜戦2014 プロ雀士戦国時代」では女性部門(及び総合)で8位に輝き、次回作『麻雀格闘倶楽部 彩の華』のプロモーションビデオにも抜擢されました。

彼女の明るい性格は彼女の魅力の一部であり、趣味や必需品に加えて、「世界最後の日に何をするか」という問いに「おしゃべり」と答えるほどのしゃべり好きぶりが彼女のファンを魅了しています。

さらに、石田亜沙己の夫は、同じ団体の猿川真寿で、彼らの結婚はファンにとっても感動的な瞬間となりました。

和泉由希子

“氷の美女”和泉由希子:プロ麻雀プレイヤー、レースクイーン、そして一流タレント

和泉由希子(いずみ ゆきこ)は、1979年10月24日に日本で誕生しました。彼女は、競技麻雀のプロフェッショナルで、レースクイーンとしても活躍し、タレントとしても知られています[2]。現在、彼女は日本プロ麻雀連盟に所属し、五段の実力を持っています[3]。彼女はその冷静な対局スタイルから「アイスドール」として讃えられています[2]。彼女は東京都足立区出身で、タレント活動においては有限会社アーティストボックスに所属していました。

内田みこ

1996年7月2日に東京で生まれた内田みこは、競技麻雀のスーパースターです。彼女は日本プロ麻雀連盟に所属し、女流桜花C1リーグで活躍中。初段の段位を誇っています。

しかし、彼女のキャリアには新たな転機が訪れました。2023年、BEAST Japanextの「ドラフト会議指名オーディション」に応募し、厳しい選考会においてトップ8に選ばれました。予選A組では実力派たちと競り合い、新井啓文に次ぐ2位でセミファイナルに進出。セミファイナルでは浅井堂岐、そして連盟のベテラン、山井弘と宮内こずえを相手に、+79.7ポイントの圧倒的な成績でファイナル進出を果たしました。

しかし、ファイナルでは勝利の糸口をつかむことができず、4着に終わりました。BEAST Japanextの指名権を手にするには至りませんでしたが、内田みこの魅力と実力はますます注目されています。彼女の未来がどのように輝くか、期待して待ちましょう。

梅村日奈子

1991年3月13日に東京で誕生した、音楽と声優の魔法使い、梅村妃奈子。ガールズバンド・SILENT SIRENの元メンバーで、彼女の演奏は魅了の嵐!身長164 cm、血液型A型の彼女をひなんちゅと呼ぶファン続出!

大平亜季

1980年9月19日生まれ、鹿児島県出身の競技麻雀のプロ、大平亜季(愛称: “ズム”)が、麻雀界に華麗な足跡を刻んでいます。彼女は最高位戦日本プロ麻雀協会の一員で、第39期前期にデビューしました。

その輝かしいキャリアは、2014年に始まりました。第14期女流Bリーグで2位通過し、準決勝1位で女流最高位決定戦に進出。初日は3位で終えましたが、2日目に一気に追い上げ、プロ1年目で女流タイトルを獲得する史上初の快挙を達成しました。

そして、四神降臨2015女流王座決定戦では、第13期女流雀王の豊後葵を含む強力な対戦相手を打ち破りました。2015年の第15期女流最高位決定戦でも、トップを1度しか取れなかったにもかかわらず、巧妙な麻雀戦術と忍耐力により、連覇を達成しました。

2016年の第16期女流最高位決定戦では、最終8回戦のオーラスで追い詰められましたが、大平は冷静さを保ち、ラス目に滑り込んだ相手を制して3連覇を達成しました。大平亜季の麻雀の才能と勇気には、魅了されること間違いありません。

小笠原奈央

佐月麻理子

篠原冴美

白田みお

椿彩奈

都美

長澤茉里奈

仲田加南

西嶋千春

根本佳織

古谷知美

松嶋桃

丸山奏子

御崎千結

水口美香

宮内こずえ

山本ひかる

山脇千文美

和久津晶

美人すぎる女流雀士-MリーガーTOP1~11位【2023最新版】+新規参入3名

Mリーグ美人すぎる女流雀士【セガサミーフェニックス 東城りお】2023年8月

出身地:秋田県潟上市
生年月日:1990年9月18日
プロ入会:2013年 29期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト2021年/第1巡全体1番目
2021-セガサミーフェニックス

東城りお特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

東城りおのサジェストキーワード

東城りお 子供
東城りお twitter
東城りお 魚谷
東城りお パチスロ
東城りお 麻雀
東城りお インスタ
東城りお mリーグ
東城りお 多井隆晴
東城りお サンタ
東城りお 来店

Mリーグ美人すぎる女流雀士【セガサミーフェニックス 東城りお】2023年8月

Mリーグ美人すぎる女流雀士【ビーストジャパネクスト 中田花奈】2023年8月

中田花奈プロは、元乃木坂46のメンバーで、2021年3月に日本プロ麻雀連盟に正規合格しました。その後、麻雀カフェのオーナー店長やテレビ番組の出演など、麻雀界と芸能界で活躍してきました。

中田花奈プロは、2023年6月30日に行われたMリーグ2023-24シーズンのドラフト会議で、新規参入チームのBEAST Japanextから指名を受けました。これにより、元乃木坂46初のMリーガーが誕生することになりました。

生年月日:1994年8月6日
出身地:埼玉県
身長:158 cm
血液型:A型
職業:タレント、プロ雀士、雀荘カフェ経営者
プロ入会:2021年
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト2023年/全体4番目
2023-BEAST Japanext

中田花奈特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

中田花奈のサジェストキーワード

中田花奈 麻雀
中田花奈 写真集
中田花奈 mリーグ
中田花奈 パパ
中田花奈 麻雀カフェ
中田花奈 学歴
中田花奈 乃木坂
中田花奈 インスタ
中田花奈 選抜
中田花奈 写真

Mリーグ美人すぎる女流雀士【ビーストジャパネクスト 中田花奈】2023年8月

Mリーグ美人すぎる女流雀士【KONAMI麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗】2023年8月

伊達朱里紗プロは、声優として数多くのアニメ作品に出演しながら、2021年に日本プロ麻雀連盟からKONAMI麻雀格闘倶楽部にドラフト指名され、Mリーグ初の声優Mリーガーとなりました。Mリーグデビュー1年目から32人中4位の大活躍を見せ、2022-23シーズンでは開幕日に役満・四暗刻をアガるスタートダッシュを決めると、最後は激しいMVP争いも勝ち切り、Mリーグ史上初となる2年連続MVPに輝きました。

出身地:兵庫県三田市
生年月日:1991年5月10日
血液型:B型
身長:159 cm
職業:声優
プロ入会:2019年
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト2021年/第1巡全体3番目
2021-KONAMI麻雀格闘倶楽部

伊達朱里紗特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

伊達朱里紗のサジェストキーワード

伊達朱里紗 声優
伊達朱里紗 結婚
伊達朱里紗 キャラ
伊達朱里紗 麻雀
伊達朱里紗 mリーグ
伊達朱里紗 本名
伊達朱里紗 岡田
伊達朱里紗 インスタ
伊達朱里紗 ライブ
伊達朱里紗 年齢

Mリーグ美人すぎる女流雀士【KONAMI麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗】2023年8月

Mリーグ美人すぎる女流雀士【EX風林火山 二階堂瑠美】2023年8月

二階堂瑠美プロは、2021年のMリーグドラフトでEX風林火山に二巡目指名され、Mリーグ初の姉妹Mリーガーとなりました。妹の二階堂亜樹プロと同じチームに所属することになりましたが、特に意識の変化はなく、普段通りに麻雀を楽しんでいるそうです。

出身地:神奈川県鎌倉市
生年月日:1980年9月27日
プロ入会:2000年 16期
所属団体:日本プロ麻雀連盟
Mリーグ:ドラフト2021年/第2巡全体6番目
2021-EX風林火山

二階堂瑠美特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

二階堂瑠美のサジェストキーワード

二階堂瑠美 旦那
二階堂瑠美 タモリ
二階堂瑠美 年収
二階堂瑠美 若い頃
二階堂瑠美 年齢
二階堂瑠美 ツイッター
二階堂瑠美 パチンコ
二階堂瑠美 最強位
二階堂瑠美 身長
二階堂瑠美 昔

Mリーグ美人すぎる女流雀士【EX風林火山 二階堂瑠美】2023年8月

Mリーグ美人すぎる女流雀士【赤坂ドリブンズ 浅見真紀】2023年8月

浅見真紀プロは、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属する女流プロ雀士で、高打点を狙う攻撃的な打ち方で注目を集めています。
2023年6月30日に開催されたMリーグドラフト会議で、赤坂ドリブンズから1巡目全体6番目で指名されました。
浅見真紀プロは、Mリーグの舞台に立つことについて「少し前の自分には想像もできませんでした。ただ、今はもう覚悟を決めました」とコメントしています。

出身地:埼玉県
生年月日:1985年8月30日
プロ入会:2010年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会
Mリーグ:ドラフト2023年/1巡目全体6番目

浅見真紀特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

浅見真紀のサジェストキーワード

浅見真紀 夫
浅見真紀 mリーグ
浅見真紀 実況
浅見真紀 結婚
浅見真紀 ブログ
浅見真紀 大学
浅見真紀 note
浅見真紀 茅森
浅見真紀 ドリブンズ
浅見真紀 麻雀

Mリーグ美人すぎる女流雀士【赤坂ドリブンズ 浅見真紀】2023年8月

Mリーグ美人すぎる女流雀士【EX風林火山 二階堂亜樹】2023年8月

二階堂 亜樹(にかいどう あき)
1981年11月15日 –
競技麻雀のプロ雀士
神奈川県鎌倉市出身
血液型はO型
日本プロ麻雀連盟所属(第15期生)
現在同団体内での段位は七段
愛称は「卓上の舞姫」
二階堂姉妹の妹で、姉は同じくプロ雀士の二階堂瑠美

二階堂亜樹特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

二階堂亜樹のサジェストキーワード

二階堂亜樹 多井隆晴
二階堂亜樹 本名
二階堂亜樹 瑠美
二階堂亜樹 身長
二階堂亜樹 かわいい
二階堂亜樹 昔
二階堂亜樹 写真集
二階堂亜樹 tシャツ
二階堂亜樹 年齢
二階堂亜樹 グッズ

Mリーグ美人すぎる女流雀士【TEAM RAIDEN / 雷電 黒沢咲】2023年8月

黒沢 咲(くろさわ さき)
10月6日 –
本名非公開
年齢非公開
競技麻雀のプロ雀士
東京都世田谷区出身
血液型A型
上智大学卒
日本プロ麻雀連盟所属(現在、同団体内での段位は六段)
愛称は「強気のヴィーナス」

黒沢咲特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2020最新版】

黒沢咲のサジェストキーワード

黒沢咲 年齢
黒沢咲 旦那
黒沢咲 小林剛
黒沢咲 強い
黒沢咲 最高得点
黒沢咲 ツイッター
黒沢咲 なんj
黒沢咲 父親
黒沢咲 本
黒沢咲 子供

Mリーグ美人すぎる女流雀士【TEAM RAIDEN / 雷電 黒沢咲】2023年8月

Mリーグ美人すぎる女流雀士【渋谷ABEMAS 日向藍子】2023年8月

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

日向藍子特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2023最新版】

日向藍子のサジェストキーワード

日向藍子 夫
日向藍子 結婚 梶本
日向藍子 ドラマ
日向藍子 本名
日向藍子 高校
日向藍子 子供
日向藍子 身長
日向藍子 結婚相手
日向藍子 ツイッター
日向藍子 チュモ

Mリーグ美人すぎる女流雀士【渋谷ABEMAS 日向藍子】2023年8月

PAGE TOP