松田瑞生まとめ 東京五輪代表選考レースで2時間22分22秒の壁!大阪国際女子M 2:21:47

06 :松田 瑞生 – MATSUDA, Mizuki

生年月日:1995.05.31
所属:ダイハツ
身長:158cm
体重:46kg
自己ベスト記録:2:22:23
2018 ベルリン 5位
2018 Berlin 5Place

ツイートまとめ

大阪国際女子マラソン見てるけど 松田瑞生は自分が作った記録 2時間22分23秒が五輪代表への壁になってるのがなんとも言えないドラマだなぁ 自分の記録を破れなければ五輪代表になれない こんなの映画化決定ですわ

松田瑞生、3戦3勝の無敵カラフルネイルで五輪つかむ!

大阪国際女子マラソン、松田瑞生選手を見ていると「破壊なくして創造なし」という言葉を思い出す。 新谷選手のペースメークも小原選手のMGC3位も福士選手の思惑も目標にされた自身のベスト記録も全てぶっ壊すつもりの走りをしている。

松田瑞生の走りは力強い❣️
2時間22分22秒は切るなー。
代表争いはし烈な争い🇯🇵
見ている方は面白い🇯🇵

えっ、大阪国際女子マラソン、観てないの!福士加代子が今25キロ棄権しました。松田瑞生トップ外国人と並走。30キロ、東京オリンピック確定、自虐的?誇りだけ。

小原怜今回もダメなようで東京は厳しそうだな。松田瑞生は沿道の大阪らしい声援に励まされて最後の最後まで衰えない走り

松田瑞生選手の走りがすごい🥺心揺さぶられる走り🥺

松田選手、こんな走り方をするランナーもいるんやね。2軸で力強い。そしてかわいい。

2時間22分22秒の壁!東京オリンピックへの道!小原怜・松田瑞生・福士加代子 大阪国際女子M

2020年1月26日(日)12:10号砲でスタートを切る。

MGCファイナルチャレンジの場として、大阪と3月の名古屋しか残っていない。

昨年行われたMGCで優勝した前田穂南と鈴木亜由子は東京オリンピックの切符を手にしているが、残す1枚の出場切符をかけて熾烈な戦いが繰り広げられそうだ。

招待選手の自己ベスト記録ランキング

1位 福士 加代子 2:22:17…途中棄権
2位 松田 瑞生 2:22:23
3位 小原 怜 2:23:20
4位 谷本 観月 2:25:28
5位 竹地 志帆 2:25:29
6位 田中 華絵 2:26:19
7位 石井 寿美 2:27:35
8位 山口 遥 2:27:39
9位 下門 美春 2:27:54
10位 阿部 有香里 2:28:02

代表への条件は日本陸連の設定記録「2時間22分22秒」を突破し、ファイナルチャレンジの指定レースの中で最速のタイムを出すこと。

今回の大阪国際女子マラソンと3月の名古屋ウィメンズの2大会しかないのだ。

設定記録の2時間22分22秒を突破した最速(日本人選手)選手が残る1枚の切符を手にすることになる。

期待の選手たち

No.05 :福士 加代子 – FUKUSHI, Kayoko

生年月日:1982.03.25
所属:ワコール
身長:161cm
体重:45kg
自己ベスト記録:2:22:17
2016 大阪国際女子 1位
2016 Osaka Womens Marathon First Place

No.06 :松田 瑞生 – MATSUDA, Mizuki

生年月日:1995.05.31
所属:ダイハツ
身長:158cm
体重:46kg
自己ベスト記録:2:22:23
2018 ベルリン 5位
2018 Berlin 5Place

No.08 :小原 怜 – OHARA, Rei

小原 怜選手は、昨年の東京で行われたMGCでは惜しくも3位という成績でしたが、陸連の定める設定時間を超える選手がいなければ、東京オリンピックの切符を手にすることができる。

生年月日:1990.08.10
所属:天満屋
身長:165cm
体重:47kg
自己ベスト記録:2:23:20
2016 名古屋ウィメンズ 3位
2016 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 3place

招待選手(日本人のみ)

No.11 :谷本 観月 – TANIMOTO, Mizuki

生年月日:1994.12.18
所属:天満屋
身長:153cm
体重:42kg
自己ベスト記録:2:25:28
2019 名古屋ウィメンズ 11位
2019 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 11Place

No.12 :竹地 志帆 – TAKECHI, Shiho

生年月日:1990.08.18
所属:ヤマダ電機
身長:159cm
体重:44kg
自己ベスト記録:2:25:29
2016 名古屋ウィメンズ 7位
2016 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 7Place

No.13 :田中 華絵 – TANAKA, Hanae

生年月日:1990.02.12
所属:資生堂
身長:160cm
体重:47kg
自己ベスト記録:2:26:19
2017 大阪国際女子 3位
2017 Osaka Women’s Marathon 3place

No.15 :石井 寿美 – ISHII, Hisami

生年月日:1995.08.10
所属:ヤマダ電機
身長:161cm
体重:46kg
自己ベスト記録:2:27:35
2017 名古屋ウィメンズ 5位
2017 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 5place

No.16 :山口 遥 – YAMAGUCHI, Haruka

生年月日:1987.07.07
所属:AC・KITA
身長:167cm
体重:49kg
自己ベスト記録:2:27:39
2019 神戸 1位
2019 KOBE MARATHON First place

No.17 :下門 美春 – SHIMOKADO, Miharu

生年月日:1990.04.24
所属:埼玉陸協
身長:162cm
体重:47kg
自己ベスト記録:2:27:54
2017 名古屋ウィメンズ 6位
2017 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 6place

No.18 :阿部 有香里 – ABE, Yukari

生年月日:1989.08.21
所属:しまむら
身長:156cm
体重:43kg
自己ベスト記録:2:28:02
2019 大阪国際女子 5位
2019 Osaka Women’s Marathon 5Place

終わりに

2020年1月26日(日)に行われる大阪国際女子マラソンに出場する有力選手をお伝えしましたが、2時間22分22秒の壁を超えることが出来なかった場合には、3月の名古屋ウィメンズマラソンまでお預けになります。

鈴木愛vs渋野日向子vs申ジエ 最年少賞金女王リコーカップ 渋野日向子の可能性は?

2019年のツアーもリコーカップで年間の賞金女王が決まります。

11月28日〜12月1日に国内女子ツアー最終戦LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ2019(宮崎県 宮崎カントリークラブ)が開催されます。

賞金女王の可能性があるのが、鈴木愛vs渋野日向子vs申ジエの3人だ。

現在賞金ランキング( リコーカップ 前)

1位 鈴木愛   153,025,665円

2位 申ジエ   138,037,195円  (1位との差:14,988,470円)

3位 渋野日向子   137,914,314円 (1位との差:15,111,351)

鈴木愛の賞金女王の条件

リコーカップで単独2位以内。

申ジエの賞金女王の条件

リコーカップで絶対条件。

渋野日向子の賞金女王の条件

リコーカップで2位以上が絶対条件。ただし申ジエと並んで2位タイだと女王の座を渡すこととなります。

鈴木愛が単独2位になった場合は、賞金女王を逃す。

渋野日向子が2位の場合、鈴木愛が単独10位以上もしくは申ジエが優勝か2位タイだと賞金女王を逃す。

鈴木愛プロフィール

生年月日:1994年5月9日(25歳)
身長:155 cm (5 ft 1 in)
体重:55 kg (121 lb)
出身地:徳島県三好郡東みよし町(旧:三加茂町)

プロ転向:2013年8月2日 85期生
LPGAツアー優勝:1回
日本LPGA優勝:15回

鈴木愛 年度別大会成績(2019年)

渋野日向子プロフィール

ニックネーム:シブコ
生年月日:1998年11月15日(21歳)
身長:165 cm (5 ft 5 in)
体重:62 kg (137 lb)
出身地:岡山県岡山市

プロ転向:2018年=JLPGA90期
LPGAツアー優勝:1回(全英女子OP優勝:2019)
日本LPGA優勝:4回

渋野日向子 年度別大会成績(2019年)

申ジエプロフィール

名前:申智愛
生年月日:1988年4月28日(31歳)
身長:156 cm (5 ft 1 in)
国籍:大韓民国の旗 大韓民国
出身地:全羅南道霊光郡

LPGAツアー優勝:11回
日本LPGA優勝:22回
韓国LPGA優勝:20回

申ジエ 年度別大会成績(2019年)

リコーカップの賞金配分

色々と調べてみましたが、賞金配分が通常のツアーとは少し異なることが分かりました。リコーカップは、予選カットがないこと、出場者が少数精鋭であることから上位に厚く、下位には薄くがより明確になっている大会です。

賞金総額:¥120,000,000

優勝賞金は3,000万円

1位:25.0% 30,000,000円
2位:14.5% 17,400,000円
3位:10.0% 12,000,000円
4位:8.00% 9,600,000円
5位:6.85% 8,220,000円

2019年11月29日現在

終わりに

鈴木愛vs渋野日向子vs申ジエ 最年少賞金女王リコーカップ 渋野日向子の可能性は?

リコーカップ最終日、12月1日(日)に賞金女王が決まります。今年一躍脚光を浴びた 渋野日向子プロ。まだ21歳の若さで堂々と1年間を戦ってきました。

ことし賞金女王が取れなくても、来年の活躍も期待できる若手の女子プロゴルファーです。

DeNA筒香 メジャー移籍を目指す~球団初ポスティングでブルージェイズが理想的~

今日の午後のニュースでDeNA筒香がメジャーに挑戦することを決めたというのが流れてきました。「DeNA筒香「決断しました」メジャー挑戦を表明」

海外メディアは移籍先にブルージェイズを“お勧め”している。

DeNA筒香プロフィール

筒香嘉智(つつごう よしとも)

出身地:和歌山県橋本市
生年月日:1991年11月26日(27歳)
身長:185 cm
体重:97 kg

投球・打席:右投左打
ポジション:外野手、内野手
プロ入り:2009年 ドラフト1位
初出場:2010年10月5日
年俸:4億円(2019年)

横浜高等学校
横浜ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ (2010 – )

年度別打撃成績

引用:wikipedia

報道陣からの質問に答える筒香

球団、ファンへ一言。

「横浜DeNAベイスターズに入団して10年経ちましたが、昨年ポスティングの話をさせていただいたときも、今年も、快く決断を尊重して下さったことに感謝しかないです。ファンの方は、もちろんプレーする中で良いとき、そうでないときありましたが、毎日変わらず熱いご声援をいただき成長できたと思いますので、感謝の気持ちしかないです」

筒香が理想とされているブルージェイズとは?

2019年 アメリカン・リーグ東地区  4

1977年にカナダ2番目の球団として誕生。2005年以降、米国以外に本拠地を置く唯一の球団となっている。

2019年はチャーリー・モントーヨ新監督の下、3割打者なしで終わったシーズンからの再建を図る。2017年13勝のマーカス・ストローマンが先発陣の柱で、剛腕ケン・ジャイルズがクローザーを務める。打線はジャスティン・スモーク、ケンドリー・モラレスの両スイッチヒッターがけん引する。

在籍した日本人に、大家友和(2007年)、五十嵐亮太(2012年)、川崎宗則(2013年〜2015年)、青木宣親(2017年)がいる。

終わりに

DeNA筒香 メジャー移籍を目指す~ポスティングでブルージェイズが理想的~

マリナーズ、ホワイトソックス、インディアンス、ロッキーズ、ジャイアンツの名前を挙げているが、ポスティング制度で筒香の米球団への移籍が成立すれば、横浜時代を含めてDeNAの選手としては初めてとなる。

柏原明日架 美人でかわいい!延田マスターズGCレディース優勝で通算2勝目

最終ラウンド、首位から6打差の4位タイで出た柏原明日架がスコアを6伸ばし、通算14アンダーで逆転優勝した。

名前:柏原 明日架
生年月日:1996年1月30日(23歳)
身長:171 cm (5 ft 7 in)
体重:63 kg (139 lb)
出身地:宮崎県宮崎市
プロ転向:2014年

2019年9月29日 第47回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント優勝。日本ツアー初勝利。

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 優勝 ¥12,600,000 -10

2019年10月27日 延田マスターズGCレディース 優勝賞金は3600万円。2位は1打差でイ・ボミ(韓)

2か月連続で優勝ができるなんて 「こんなに早く優勝できるとは思っていなかった。」との談話を残している。

終わりに

柏原明日架 美人でかわいい!延田マスターズGCレディース優勝で通算2勝目

参照:Yahoo!ニュース

スポニチゴルフ 女子プロ / 2020年カレンダー


藤田菜七子騎手 JRA40勝目成績「菜七子のどこがすごい!?」

藤田菜七子騎手が、今年の40勝目!
新潟6Rチャチャチャ に騎乗し、人気に応え快勝!
JRA通算87勝だよ。おめでとう!

藤田菜七子プロフィール

出身地:茨城県北相馬郡守谷町(現:守谷市)
生年月日:1997年8月9日(22歳)
身長:157.4 cm
体重:45.6 kg
血液型:A型
所属団体:日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎:根本康広(美浦)
初免許年:2016年

エピソード
ももいろクローバーZの大ファンで、代表曲を完璧な振り付けで歌うことができ、競馬関係者との忘年会などでも披露したというエピソードがある。

藤田菜七子騎手 JRA40勝目戦績

藤田菜七子 2016年の騎乗成績(6勝)

2016/12/24 5回中山8日ダ1800 シルヴァーメテオ
2016/10/9 4回東京2日ダ1400 ラミアカーサ 
2016/5/28 2回東京11日ダ1300 ネイチャーポイント
2016/5/15 1回新潟6日芝1000 ピュアリーソリッド
2016/4/30 2回東京3日ダ1400 リンガスヴィグラス
2016/4/10 1回福島2日ダ1150 サニーデイズ

藤田菜七子 2017年の騎乗成績(14勝)

2017/12/10 4回中京4日ダ1200ビックリシタナモー
2017/11/12 3回福島4日ダ1700シトロプシス
2017/10/21 3回新潟3日芝1000ベルモントラハイナ
2017/10/14 3回新潟1日ダ1200 トップライセンス
2017/10/7 4回東京1日ダ1400 ホノカ
2017/8/27 2回新潟10日ダ1200 ラブターボ
2017/8/20 2回新潟8日ダ1800 コパノビジン
2017/8/6 2回新潟4日ダ1200 コパノディール
2017/8/5 2回新潟3日芝1000 フローラルシトラス
2017/5/27 2回東京11日ダ1600 コパノアラジン
2017/5/7 1回新潟4日芝1000 サンドベージュ
2017/5/6 1回新潟3日ダ1800 コパノアラジン
2017/4/8 1回福島1日ダ1700 ドリームリヴァール
2017/2/25 1回小倉5日芝1200 リルティングインク

藤田菜七子 2018年の騎乗成績(28勝)

2018/12/16 4回中京6日芝1200 シャインサンデー
2018/11/25 5回京都8日ダ1200 モズベイビー
2018/11/18 5回東京6日芝2000 マルーンエンブレム
2018/11/10 3回福島3日ダ1150 アポロアミ
2018/11/4 3回福島2日ダ1700 ヒイナヅキ
2018/10/28 3回新潟6日ダ1200 クールティアラ
2018/10/28 3回新潟6日芝1400 ゴールデンゾーン
2018/10/27 3回新潟5日芝1000 リンシャンカイホウ
2018/10/21 3回新潟4日芝1200 ミリオンゲーム
2018/10/20 3回新潟3日芝1800 スズカノロッソ
2018/10/13 3回新潟1日芝1000 リンシャンカイホウ
2018/10/6 4回東京1日芝1400 ゴールデンゾーン
2018/9/23 4回中山7日ダ1800 ポルカシュネル
2018/9/8 4回中山1日ダ1200 ヴィーダ
2018/9/1 2回新潟11日ダ1800 ポルカシュネル
2018/8/26 2回新潟10日芝1200 エコロトム
2018/7/22 2回福島8日芝1200 ヤサカリベルテ
2018/7/14 2回福島5日ダ1700 ソンタク
2018/7/7 2回福島3日ダ1150 ロードコメット
2018/6/30 2回福島1日芝1800 マルーンエンブレム
2018/5/6 1回新潟4日芝1000 プリンシアブラスカ
2018/4/15 1回福島4日ダ1150 ホーカスポーカス
2018/3/3 1回小倉7日芝1200 ディアボレット
2018/2/18 1回小倉4日芝1200 プリンシアブラスカ
2018/2/10 1回小倉1日ダ1000 ブランシュ
2018/1/28 1回中京6日ダ1800 ベルクカッツェ
2018/1/20 1回中京3日ダ1400 ラインフィール
2018/1/14 1回中京2日ダ1200 クーリュ

藤田菜七子 2019年の騎乗成績(28勝)

2019/10/20 3回新潟4日ダ1800 オデュッセイア
2019/10/19 3回新潟3日芝1200 チェアリングソング
2019/10/15 4回東京3日ダ1300 エコロアーサー
2019/10/6 3回新潟2日芝1800 エピックスター
2019/10/5 3回新潟1日ダ1200 パリテソーロ
2019/10/5 3回新潟1日芝2000 シーオブザムーン
2019/10/5 3回新潟1日ダ1800 キクノフェリックス
2019/10/5 3回新潟1日ダ1200 クリスタルアワード
2019/9/29 4回中山9日芝2000 ヴィエナブロー
2019/9/21 4回中山6日芝1600 グレイトホーン
2019/9/14 4回中山3日ダ1200 デビルスダンサー
2019/8/25 2回札幌4日ダ1700 キモンボーイ
2019/8/18 2回新潟8日芝1000 ガーシュウィン
2019/8/18 2回新潟8日ダ1800 ワンダーマンボ
2019/8/17 2回新潟7日芝1000 バカラクイーン
2019/8/4 2回新潟4日ダ1200 チャンダナ
2019/8/3 2回新潟3日芝1000 コスモリモーネ
2019/7/27 2回新潟1日芝1200 リュウグウヒメ
2019/7/21 2回福島8日芝1200 ディザイアソング
2019/7/21 2回福島8日芝1200 ビブショウ
2019/7/14 2回福島6日芝2000 スパークオブライフ
2019/7/7 2回福島4日芝1200 コパノビアンカ
2019/6/15 3回東京5日ダ1600 アサクサマヤ
2019/5/25 2回東京11日ダ1400 マイウェイアムール
2019/5/19 1回新潟8日ダ1200 サンタナブルー
2019/5/18 1回新潟7日ダ1800 エイシンムジカ
2019/5/4 1回新潟3日芝1800 ベルキューティ
2019/4/29 1回新潟2日芝2400 コロンバスデイ
2019/4/29 1回新潟2日ダ1200 ワールドイズマイン
2019/4/28 2回東京4日ダ1300 リトルモンスター
2019/3/23 2回中京5日ダ1200 エルズリー
2019/3/23 2回中京5日ダ1900 ローザノワール
2019/3/16 2回中山7日ダ1200 ハルサカエ
2019/3/9 2回中京1日ダ1400 ヒイナヅキ
2019/3/3 1回小倉8日芝1200 アラスカノオーロラ
2019/2/9 1回小倉1日芝1800 ワイプティアーズ
2019/2/2 1回中京5日ダ1200 リチュアルローズ
2019/1/27 1回中京4日芝1400 コパノピエール

2019年10月26日以降

87勝 2019.10.26 新潟6R チャチャチャ( 6戦1勝[1-2-3-0] )
86勝 2019.10.26 新潟3R エアコンヴィーナ( 7戦1勝[1-1-1-4] )

加藤優 女子プロ野球で美しい筋肉3人衆Sにファン驚愕

日本女子プロ野球リーグの埼玉アストライアでプレーする加藤優外野手が25日、自身のインスタグラムを更新しチームメートの田口真奈、山崎まりと筋トレ写真を公開。

ファン驚愕!!!

加藤優のプロフィール

出身地 神奈川県秦野市
生年月日 1995年5月15日(24歳)
身長 167 cm
体重 60 kg

投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
厚木商業高等学校(ソフトボール部)
アサヒトラスト(アサヒ産業の実業団)
埼玉アストライア (2016 – )

加藤優が所属する 埼玉アストライア

埼玉県を拠点とする、日本女子プロ野球機構(JWBL)に所属する野球チームである。獲得したタイトルは、計3回(ジャパンカップ優勝1回・女子プロ野球年間優勝2回)である。

ジャパンカップに向けトレーニングに励むアストライア3人衆の実際の写真

加藤優はお団子ヘア 田口真奈はVサイン 山崎まりはダンベル片手に笑顔

彼女たちが目指している女子野球ジャパンカップについてしらべてみました。

【第9回女子野球ジャパンカップ 開催概要】

■大会期間

2019年11月8日(金)~10日(日)

※雨天予備日11日(月)、12日(火)

■大会会場

わかさスタジアム京都(京都府京都市)

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町29

■出場チーム数:8チーム

<高校> ※4校

作新学院高校(4年ぶり2回目)

履正社高校(3年連続3回目)

札幌新陽高校(初出場)

福知山成美高校(2年ぶり7回目)

<大学> ※2校

尚美学園大学(8年連続8回目)

環太平洋大学(初出場)

<プロ> ※2チーム

京都フローラ

埼玉アストライア