Mリーグ美人すぎる女流雀士【渋谷ABEMAS 日向藍子】2021年1月3日

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

日向藍子特選画像10選

美人すぎる女流雀士-麻雀プロ一覧TOP1~15位【歴代・2020最新版】

日向藍子のサジェストキーワード

日向藍子 インスタ
日向藍子 結婚
日向藍子 ツイッター
日向藍子 かわいい
日向藍子 ブログ
日向藍子 ガンプラ
日向藍子 強い
日向藍子 youtube
日向藍子 怪我
日向藍子 ドラフト

美人女流雀士Mリーガー”日向藍子”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円

Mリーグ2020が10月に開幕を迎えました。Mリーグ2019で所属チームの「渋谷ABEMAS」は惜しくも優勝を逃して、第3位賞金が1,000万円をどのように分割というか、報奨金(ボーナス)みたいなものがあったのだろうか?

ラブフェニックス

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 –
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加

Mリーグでの年棒
Mリーグでは最低400万円の年棒が保証されています。

麻雀プロの収入の内訳

本業のリーグ戦での対局での対局料:0円
モンドなどのTV対局はギャラは発生するが若手でも1ゲームで4~500円、有名なプロだとギャラも跳ね上がります。

タイトル戦の賞金

各団体の大きなタイトル戦の賞金額は約100万と言われています。
RTDで1位300万円・2位120万円・3位80万円・4位40万円(2017年)
全国麻雀選手権は賞金総額1000万円で優勝賞金500万円と高額です

Mリーグによって雀士の収入にも夢が出てきました。
1000万プレイヤーがごろごろ出現する可能性も十分ありますね。

まとめ

美人女流雀士Mリーガー”日向藍子”の気になる年収?Mリーグの最低年俸は400万円ですが、確かな金額は公表されていません。残念!

第18回女流モンド杯優勝者は?日向藍子プロ雀士のプロフィール<4ブロック>

人気実力ともに兼ね備えた女流プロ8名が意地とプライドをかけて戦う対局シリーズ。全16戦(予選14戦、決勝2戦)

日向藍子プロフィール

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 – )
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県茅野市出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(A2リーグ)に位置する選手である(2019年度~2020年度は、産休・育休のため不参加)

Twitter @hinaai0924

36期前期最高位戦入会(*´艸`*)大和証券Mリーグ渋谷ABEMAS所属!A2リーグ・第1回女流モンド新人戦優勝/ABEMAガールズファイト3優勝/第16期17期プロクイーン連覇/フジテレビONE極雀実況/われポン解説/MONDO TV第14.15.16回女流モンド杯出場/MJ参戦中/YouTube配信!

Mリーグ 日向藍子~YouTuberMリーガー!ラブフェニックス最高位戦唯一のB1リーグに所属~

日向藍子プロフィール

競技麻雀のプロ雀士。最高位戦日本プロ麻雀協会所属。Mリーグ・渋谷ABEMAS所属。愛称は「ラブフェニックス」。長野県出身。2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位に位置する選手である。

獲得タイトル
第1回女流モンド新人戦
RTDガールズファイト3
プロクイーン決定戦(第16・17期)

出身地:長野県
生年月日:1988年9月24日(31歳)
プロ入会:2011年 プロ歴9年
所属団体:最高位戦日本プロ麻雀協会

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

最近はアベマTVの麻雀チャンネルにハマっている!特に、Mリーグだ。

今年度から各チームに 女流雀士を必ず参加させなければならないというルールが発足したため、Mリーグの対局で 女流雀士を昨年に比べてよくみかけるようになった。

そして、女流雀士はみんな可愛いね!と思います。そこで、Mリーグの女流雀士の中で1番かわいい?と思う人を紹介してみます。

日向藍子 渋谷ABEMAS

日向 藍子(ひなた あいこ)
1988年9月24日 (31歳)
競技麻雀のプロ雀士
最高位戦日本プロ麻雀協会所属
Mリーグ・渋谷ABEMAS所属
愛称は「ラブフェニックス」
長野県出身
2019年度現在、最高位戦リーグにおける女流プロの中で最上位(B1リーグ)に位置する選手である(2019年度は産休のため不参加)

Mリーグ  渋谷ABEMAS

【所属選手】
 多井隆晴
 白鳥翔
 松本吉弘
 日向藍子

1番かわいいのは?日向藍子

終わりに

女流雀士 1番かわいいのは?日向藍子Mリーグ ~ 渋谷ABEMAS

Mリーグのかわいい女流雀士ランキング/渋谷ABEMAS日向藍子の画像集

Mリーグ女流雀士かわいいランキング!
今回はMリーグの女流雀士にかわいい選手がいるのか?気になったので記事にしてみました。 渋谷ABEMAS所属の日向藍子さんについてお話をしますね。

渋谷ABEMAS日向藍子

年齢:31歳
出身地:長野県
プロ歴:8年
第1回女流モンド新人戦、RTDガールズファイト3、プロクイーン 第16期

2011年にプロデビュー。同期入会には土田浩翔(日本プロ麻雀連盟、RMUを経て入会)など。2016年3月に第1回女流モンド新人戦を優勝し、女流モンド杯への出場権を得る。2018年6月からYouTuberとして麻雀ウォッチのYouTubeチャンネル内で「ひなたんの麻雀するしない」を開始。

渋谷ABEMAS

株式会社サイバーエージェントによるチーム。自社キャラクターのアベマくんと創業以来拠点とする渋谷をモチーフに命名。2014年麻雀最強戦優勝の実力を誇る藤田晋が率います。

男性メンバー

多井隆晴

年齢:47歳
出身地:東京都
プロ歴:25年
麻雀日本シリーズ2015、2016、第31期王位、第1回、第9回日本オープン

白鳥翔

年齢:33歳
出身地:東京都
プロ歴:13年
第24・25期麻雀マスターズ

松本吉弘

年齢:27歳
出身地:神奈川県
プロ歴:6年
第25期發王位

監督  藤田晋

年齢:46歳
出身地:福井県
プロ歴:
2014麻雀最強位

日向藍子さんの画像集

まとめ

多井隆晴 白鳥翔 松本吉弘 日向藍子

株式会社サイバーエージェントによるチーム。自社キャラクターのアベマくんと創業以来拠点とする渋谷をモチーフに命名。2014年麻雀最強戦優勝の実力を誇る藤田晋が率います。

【中古】 近代麻雀Presents 麻雀最強戦2015 全日本プロ代表決定戦 上巻 /(趣味/教養),日向藍子,大島智,古本和宏,須藤泰久 【中古】afb

楽天で購入