若山牧水賞とは?宮崎日日新聞 松村由利子さんと黒岩剛仁さんが受賞!

受賞作

優れた短歌文学をたたえる「第24回若山牧水賞」が25日に発表されました。

沖縄県石垣市の松村由利子さん(59) の歌集「光のアラベスク」

東京都の黒岩剛仁さん(60) の歌集「野球小僧」

若山牧水賞とは?

若山牧水賞は、歌人・若山牧水の業績を顕彰するため、短歌文学の分野で傑出した功績を挙げた者に贈られる賞。宮崎県・宮崎県教育委員会・宮崎日日新聞社・延岡市・東郷町で構成される若山牧水賞運営委員会が主催している。 年1回発表されている。(引用:Wikipedia

松村由利子さんのプロフィール

1960年9月14日生まれ

日本の歌人

1960年9月、福岡県福岡市生まれ。福岡県立筑紫丘高等学校、東洋英和女学院短期大学、西南学院大学文学部英文科卒。同大学院中退。朝日新聞社を経て、毎日新聞社に入社し、千葉支局、生活家庭部、科学環境部の記者をつとめる。2006年よりフリーとなり、2010年より沖縄県石垣島在住。まつむらゆりこ名義で、科学関係の児童書の翻訳も手がける。

黒岩剛仁 さんのプロフィール

黒岩剛仁のWiki情報を探したのですが見つかりませんでしたので黒岩剛仁の作品を紹介しましょう。

天機―黒岩剛仁歌集
トリアージ―黒岩剛仁歌集

第23回若山牧水賞の受賞者(平成30年10月)

受賞者
穂村弘(ほむら ひろし)氏

プロフィール
昭和37年5月21日、北海道札幌市生まれ(受賞決定時56歳)
上智大学文学部英文学科卒業

受賞作品
歌集『水中翼船炎上中(すいちゅうよくせんえんじょうちゅう)』(第4歌集)
◎発行所/講談社
◎発行年月日/平成30年5月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です