2時間22分22秒の壁!東京オリンピックへの道!小原怜・松田瑞生・福士加代子 大阪国際女子M

Pocket

2020年1月26日(日)12:10号砲でスタートを切る。

MGCファイナルチャレンジの場として、大阪と3月の名古屋しか残っていない。

昨年行われたMGCで優勝した前田穂南と鈴木亜由子は東京オリンピックの切符を手にしているが、残す1枚の出場切符をかけて熾烈な戦いが繰り広げられそうだ。

招待選手の自己ベスト記録ランキング

1位 福士 加代子 2:22:17…途中棄権
2位 松田 瑞生 2:22:23
3位 小原 怜 2:23:20
4位 谷本 観月 2:25:28
5位 竹地 志帆 2:25:29
6位 田中 華絵 2:26:19
7位 石井 寿美 2:27:35
8位 山口 遥 2:27:39
9位 下門 美春 2:27:54
10位 阿部 有香里 2:28:02

代表への条件は日本陸連の設定記録「2時間22分22秒」を突破し、ファイナルチャレンジの指定レースの中で最速のタイムを出すこと。

今回の大阪国際女子マラソンと3月の名古屋ウィメンズの2大会しかないのだ。

設定記録の2時間22分22秒を突破した最速(日本人選手)選手が残る1枚の切符を手にすることになる。

期待の選手たち

No.05 :福士 加代子 – FUKUSHI, Kayoko

生年月日:1982.03.25
所属:ワコール
身長:161cm
体重:45kg
自己ベスト記録:2:22:17
2016 大阪国際女子 1位
2016 Osaka Womens Marathon First Place

No.06 :松田 瑞生 – MATSUDA, Mizuki

生年月日:1995.05.31
所属:ダイハツ
身長:158cm
体重:46kg
自己ベスト記録:2:22:23
2018 ベルリン 5位
2018 Berlin 5Place

No.08 :小原 怜 – OHARA, Rei

小原 怜選手は、昨年の東京で行われたMGCでは惜しくも3位という成績でしたが、陸連の定める設定時間を超える選手がいなければ、東京オリンピックの切符を手にすることができる。

生年月日:1990.08.10
所属:天満屋
身長:165cm
体重:47kg
自己ベスト記録:2:23:20
2016 名古屋ウィメンズ 3位
2016 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 3place

招待選手(日本人のみ)

No.11 :谷本 観月 – TANIMOTO, Mizuki

生年月日:1994.12.18
所属:天満屋
身長:153cm
体重:42kg
自己ベスト記録:2:25:28
2019 名古屋ウィメンズ 11位
2019 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 11Place

No.12 :竹地 志帆 – TAKECHI, Shiho

生年月日:1990.08.18
所属:ヤマダ電機
身長:159cm
体重:44kg
自己ベスト記録:2:25:29
2016 名古屋ウィメンズ 7位
2016 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 7Place

No.13 :田中 華絵 – TANAKA, Hanae

生年月日:1990.02.12
所属:資生堂
身長:160cm
体重:47kg
自己ベスト記録:2:26:19
2017 大阪国際女子 3位
2017 Osaka Women’s Marathon 3place

No.15 :石井 寿美 – ISHII, Hisami

生年月日:1995.08.10
所属:ヤマダ電機
身長:161cm
体重:46kg
自己ベスト記録:2:27:35
2017 名古屋ウィメンズ 5位
2017 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 5place

No.16 :山口 遥 – YAMAGUCHI, Haruka

生年月日:1987.07.07
所属:AC・KITA
身長:167cm
体重:49kg
自己ベスト記録:2:27:39
2019 神戸 1位
2019 KOBE MARATHON First place

No.17 :下門 美春 – SHIMOKADO, Miharu

生年月日:1990.04.24
所属:埼玉陸協
身長:162cm
体重:47kg
自己ベスト記録:2:27:54
2017 名古屋ウィメンズ 6位
2017 NAGOYA WOMEN’S MARATHON 6place

No.18 :阿部 有香里 – ABE, Yukari

生年月日:1989.08.21
所属:しまむら
身長:156cm
体重:43kg
自己ベスト記録:2:28:02
2019 大阪国際女子 5位
2019 Osaka Women’s Marathon 5Place

終わりに

2020年1月26日(日)に行われる大阪国際女子マラソンに出場する有力選手をお伝えしましたが、2時間22分22秒の壁を超えることが出来なかった場合には、3月の名古屋ウィメンズマラソンまでお預けになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です