TOP

Pocket

Mリーグ チーム紹介

赤坂ドリブンズ

【所属選手】
 園田賢
 村上淳
 鈴木たろう
 丸山奏子

EX風林火山

【所属選手】
 勝又健志
 二階堂亜樹
 滝沢和典

KADOKAWAサクラナイツ

【所属選手】
 内川幸太郎
 岡田紗佳
 沢崎誠

KONAMI 麻雀格闘倶楽部

【所属選手】
 佐々木寿人
 高宮まり
 前原雄大
 藤崎智

渋谷ABEMAS

【所属選手】
  多井隆晴
  白鳥翔
  松本吉弘
  日向藍子

セガサミーフェニックス

【所属選手】
 魚谷侑未
 近藤誠一
 茅森早香
 和久津晶

TEAM RAIDEN / 雷電

【所属選手】
 萩原聖人
 瀬戸熊直樹
 黒沢咲

U-NEXT Pirates

【所属選手】
 小林剛
 朝倉康心
 石橋伸洋
 瑞原明奈

年間駅伝スケジュール

10/14(月・祝):第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走

10/20(日):プリンセス駅伝(クイーンズ駅伝予選会)

10/26(土):第96回箱根駅伝予選会

10/27(日):第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会

11/3(日):第51回全日本大学駅伝対校選手権大会

11/4(月祝)第60回東日本実業団対抗駅伝競走大会

11/10(日):第35回東日本女子駅伝

11/24(日):クイーンズ駅伝(第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会)

12/22(日):男子第70回・女子第31回全国高等学校駅伝競走大会

12/30(月):2019富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝競走)

1/1:ニューイヤー駅伝(第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会)

1/2・3:箱根駅伝(第96回東京箱根間往復大学駅伝競走)

1/19(日):天皇盃第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会

ニューイヤー駅伝

第64回(2020年1月1日)エントリー

1 旭化成
2 MHPS
3 トヨタ自動車
4 コニカミノルタ
5 トヨタ自動車九州
6 マツダ
7 カネボウ
8 中国電力
9 SUBARU
10 安川電機

11 小森コーポレーション
12 中電工
13 住友電工
14 九電工
15 トーエネック
16 日立物流
17 愛知製鋼
18 トヨタ紡織
19 黒崎播磨
20 ヤクルト

21 Honda
22 NTT西日本
23 YKK
24 プレス工業
25 NTN
26 愛三工業
27 西 鉄
28 JR東日本
29 SGホールディングスグループ
30 中央発條
31 セキノ興産
32 ひらまつ病院
33 GMOインターネットグループ
34 警視庁
35 コモディイイダ
36 大阪ガス
37 JFEスチール

出雲駅伝

正式名称:出雲全日本大学選抜駅伝競走

開催日:体育の日

第31回 2019年10月14日(日)

コース:島根県出雲市出雲大社~島根県出雲市出雲ドーム

区間:6区間45.1km

参加資格:各地区学連が選抜する20チームと 米国アイビーリーグ選抜1チームの計21チームで本戦が行われる。

2017年の第29回大会からはシード権制度が廃止となり、前年成績での枠配分となった。

枠配分

北海道地区代表(北海道学連)2枠北海道学連中長距離記録会兼出雲大学駅伝北海道地区選考会(同年7月実施)の上位2校
関東地区代表(関東学連)10枠箱根駅伝(同年1月実施)の上位10校
東海地区代表(東海学連)1枠東海学生駅伝(前年12月実施)の優勝校
関西地区代表(関西学連)3枠全日本大学駅伝関西学連出場大学選考競技会(同年6月実施)の上位3校
中四国地区代表(中四国学連)1枠中国四国学生駅伝(前年12月実施)の優勝校
九州地区代表(九州学連)1枠九州学生駅伝(前年12月実施)の優勝校
米国アイビーリーグ選抜 1枠

公式サイト: http://www.izumo-ekiden.jp/

全日本大学駅伝

正式名称:秩父宮賜杯全日本大学駅伝対校選手権大会

開催日:11月第1日曜日

第51回 2019年11月3日(日)

コース:名古屋市熱田神宮~三重県伊勢市伊勢神宮

区間:8区間106.8km

参加資格:前年度大会の上位8校(シード権)と 各地区学連の代表17校とオープン参加の日本学連選抜チーム ・東海学連選抜チームの計27校で本戦が行われる。

第50回の各地区で予選会・選考会

東海地区6月10日全日本大学駅伝東海地区選考会
関西地区6月10日全日本大学駅伝・関西学連出場大学選考競技会
九州地区6月10日全日本大学駅伝九州地区選考会
関東地区6月30日全日本大学駅伝・関東学生陸上競技連盟推薦校選考会
北信越地区7月21日全日本大学駅伝北信越地区選考会
北海道地区8月18日北海道大学駅伝対校選手権大会兼全日本大学駅伝北海道地区予選会
中四国地区9月23日全日本大学駅伝・中国四国地区最終選考会
9月24日東北地区全日本大学駅伝東北地区選考会

実力差と課題

大学駅伝日本一を争う最上位の競技会であるが、関東地方の大学では箱根駅伝の前哨戦として扱われる事が多い。実際のところ結果を見れば一目瞭然で関東の大学が上位を占めている。

第51回大会では、上位18チームのうち関東の大学以外が立命館大 (12位)・関西学院大 (17位)・京都産業大(18位)のわずか3チームという実力差がみられる。

そのため、 2010年の早稲田大学や2011年の駒澤大学のように以前は行われていた胴上げをせずに箱根駅伝での優勝が全てであるという態度をあからさまに出す事例が増えている。

公式サイト: https://daigaku-ekiden.com/

箱根駅伝

正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走

開催日:1月2・3日

第96回 2020年1月2日(木)・3日(金)

コース:東京大手町読売新聞社前~箱根町芦ノ湖駐車場入口往復

区間:10区間217.1km

出場資格:関東の学校(主催:関東学生陸上競技連盟)

前年度大会で上位10校(シード権)と10月に行われる予選会の上位10校と関東学生連合チーム1校の計21校で本戦が行われる。

第96回 出場校

前回大会シード権獲得校
東海大学
青山学院大学
東洋大学
駒澤大学
帝京大学
法政大学
國學院大學
順天堂大学
拓殖大学
中央学院大学

予選会通過校
東京国際大学
神奈川大学
日本体育大学
明治大学
創価大学
筑波大学
日本大学
国士舘大学
早稲田大学
中央大学
オープン参加:関東学生連合

公式サイト: https://www.hakone-ekiden.jp/

全日本大学女子駅伝対校選手権大会

略称は『全日本大学女子駅伝』 別称 『杜の都駅伝』

開催日:10月下旬の日曜日

第37回  2019年10月27日(日)

コース: 弘進ゴムアスリートパーク仙台~仙台市役所前市民広場
6区間38.1km

出場資格:前回大会の上位8校までをシード校とし 各地区学連から選抜された17チームを加えた25チーム。

公式サイト: http://www.morino-miyako.com/

全日本大学女子選抜駅伝競走

正式名称:富士山女子駅伝

日本学生陸上競技連合主催の女子の大学駅伝大会

毎年12月30日に開催

第14回 2019年12月30日(月)

7区間、全長43.4km

出場資格:全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)の上位12校と1チーム7名の5000m記録による10チームと日本学生選抜・静岡県学生選抜の計24チームで本戦が行われる。

公式サイト: https://www.fujisan-joshiekiden.jp/

第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝2019)上位12大学

1 東 海 名城大
2 関 東 大東文化大
3 関 西 立命館大 
4 中四国 松山大
5 関 東 日本体育大
6 関 東 城西大
7 関 西 大阪学院大
8 関 西 関西大
9 関 西 大阪芸術大
10 関 東 東京農業大
11 関 東 東洋大
12 関 西 佛教大

5000m7名のチーム記録による10大学

13 関 東 順天堂大
14 関 西 京都産業大
15 関 東 玉川大
16 東 北 東北福祉大
17 九 州 福岡大
18 関 東 拓殖大
19 関 西 京都光華女子大
20 九 州 鹿屋体育大
21 関 西 神戸学院大
22 関 西 関西外国語大

23 全日本大学選抜 全国8地区からの選抜チーム
24 静岡県学生選抜

全日本実業団女子駅伝予選会

愛称:プリンセス駅伝

11月24日に宮城で行われる女子駅伝日本一決定戦「クイーンズ駅伝」への出場権をかけた一発勝負の全国統一予選会

第5回 2019年10月20日(日)

コース:宗像市~福津市~宗像市(6区間・42.195km)

参加資格:2019年度日本実業団陸上競技会連合に登録されている女子競技者により編成されたチームであること。

上位成績14チームに第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会への出場資格を与える。

公式サイト:

全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

愛称:クイーンズ駅伝

日本実業団陸上競技連合が主催し、毎日新聞社とTBSが共催する、「実業団・女子日本一決定戦」

コース:松島町~仙台市(6区間・42.195Km)

第39回  2019年11月24日(日)

参加資格:前年度の上位8チーム(クイーンズ8)とプリンセス駅伝2019の上位14チームの計22チームで本戦が行われる。

公式サイト: