鈴木たろうの年収は?Mリーグ解説【赤坂ドリブンズ麻雀の匠】本名は非公開?

Pocket

鈴木たろう

鈴木 たろう(すずき たろう、1973年10月4日 – )は、競技麻雀のプロ雀士。
麻雀プロになったのは1997年。
日本プロ麻雀棋士会に所属したのち、2005年に日本プロ麻雀協会へ移籍。
日本プロ麻雀協会(第5期前期生)。
茨城県水海道市(現在の常総市)出身。
高千穂大学出身。

日本プロ麻雀協会とは

一般社団法人日本プロ麻雀協会(にほんプロマージャンきょうかい)は、競技麻雀のプロ団体。
2001年土井泰昭(初代代表 現:全日本麻雀協会代表)により創設。
2010年法人化。代表は五十嵐毅(2018年6月現在)。

公式ルールとして他のプロ団体では認められていない25000点持ち30000点返しによる「オカ」が採用されており、順位点も「30000点-10000点」のためトップを取ることが最も重要視されるルールになっている。また、「役満の複合」が認められていることも大きな特徴になっている。

鈴木 たろう (すずき たろう)

【入会期・所属】
第5期前期・本部

【主なタイトル歴】
第15期 最強位、第2期 優駿位、第4回愛翔位
第14期 無双位、第10回 ビッグワンカップ優勝
第8回 野口賞受賞、第9・11・12・13期 雀王
第10回 オータムチャンピオンシップ優勝 など

引用: 一般社団法人日本プロ麻雀協会

【麻雀の匠 鈴木たろう 】トッププレイヤーの思考に迫る

鈴木たろうの本名は?

鈴木たろうは本名ではないことを本人が明かしている。

そうだ。同じ日本プロ麻雀協会に「鈴木達也プロ 」がいたり「鈴木性」が多いことにもよるが、本名は明かされていない。

プロになる前に雀荘に入り浸っていた頃、麻雀ばかりしていたので「麻雀たろう」と呼ばれていて、やがて麻雀が取れて「たろう」に。
プロ入りしてからも周りに「たろう」と呼ばれ続けたのでそのまま名前にしてしまったそうです。
つまり、芸名みたいなもので、雀ネームと呼ばれるそうです。

終わりに

鈴木たろうの年収は?Mリーグ解説【赤坂ドリブンズ麻雀の匠】本名は非公開?

年収については詳細は知ることが出来ませんでしたが、ユーチューブの動画を挙げておきましたが、この「【麻雀の匠 鈴木たろう】トッププレイヤーの思考に迫る」は、実際に半チャンをプレイしながら他3人はヘッドフォンをしてたろうの思考を詳しく話してくれています。
今年ドラフト指名され 渋谷ABEMASに加入した日向藍子と一緒に 一打一打の思いとその場の雰囲気、相手がどんな手の内なのかを詳しく話している。
とても参考になる動画なので是非、全部(11本)見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です