4 松山大学 富士山女子駅伝2019(第7回)エントリー選手の学部学科と偏差値可愛いランナー!

Pocket

区間エントリー 松山大学

2019年富士山女子 第11位 2:29:02

松山大学エントリー選手(2019年)

2019富士山女子駅伝

2019年12月30日(月) 10時00分スタート

富士山本宮浅間大社前( スタート )~ 富士総合運動公園陸上競技場( フィニッシュ ) 7区間、全長43.4km

1区(4.1km)
2区(6.8km)
3区(3.3km)
4区(4.4km)
5区(10.5km)
6区(6.0km)
7区(8.3km)

仙台を舞台に行われた2019年10月27日に行われた大学女子の駅伝No.1を決める、第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(通称「杜の都駅伝」)で上位12校が12月30日に行われる富士山女子駅伝2019の出場権を獲得することができる。

2019年12月30日に行われる「第14回全日本大学女子選抜駅伝競走(略称:富士山女子駅伝)」の参加資格(1)の条件を満たし、第4位の成績を収めたのが松山大学だ。

第37回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 第4位「 松山大学」

松山大女子駅伝部メンバー

松山大学の女子駅伝部のサイトを見つけたのですが、選手のプロフィールや写真がありませんでしたので、区間エントリーされた選手だけの名前だけになりますがご了承ください。

情報を入手し次第、更新していきます。

第1区 鈴木樺連

第2区 西山未奈美

第3区 大谷菜南子

第4区 小松優衣

第5区 岡田佳子

第6区 大内もか

引用:松山大学女子駅伝部

女子駅伝部は全日本大学女子駅伝「日本一」を目指して日々練習に励んでいます。2016年に悲願の初優勝を果たしましたが、2017年は13位に沈んだものの昨年は5位入賞を果たしシード権を獲得しました。個人種目では日本インカレ3000m障害で1位から3位を独占するなど力を付けています。チームスローガンである『骨々・淡々・丁寧に』を実践し、さらに飛躍の年にします!

終わりに

松山大学 富士山女子駅伝2019(第14回)エントリー選手の学部学科と偏差値可愛いランナー!

第1区 鈴木樺連
第2区 西山未奈美
第3区 大谷菜南子
第4区 小松優衣
第5区 岡田佳子
第6区 大内もか

“4 松山大学 富士山女子駅伝2019(第7回)エントリー選手の学部学科と偏差値可愛いランナー!” への1件の返信

  1. ピンバック: 富士山女子駅伝2019の出場大学と順位予想!|コースは?結果は? | (駅伝スポーツ芸能麻雀Mリーグ)ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です