大泉洋、小池栄子主演『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(原作:太宰治)』に出演の犬山イヌコさん?「ナイロン100℃」

Pocket

大泉洋、小池栄子主演の『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』が2020年2月14日に劇場公開日されます。

監督:成島出
原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
脚本:奥寺佐渡子

太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点を交えたスクリューボールコメディとして「グッドバイ」のタイトルで戯曲化、演出した舞台を大泉洋、小池栄子主演で映画化

ケラリーノ・サンドロヴィッチさんプロフィール

引用:株式会社キューブ

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
本名:小林一三(こばやし かずみ)
妻は女優の緒川たまき
生年月日:1963年1月3日
出身:東京都
職業:ミュージシャン、劇作家、俳優、脚本家、演出家、映画監督
日本大学鶴ヶ丘高等学校、横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)卒業。
インディーズレーベル「ナゴムレコード」主宰
劇団「ナイロン100℃」主宰。
別名義・ケラ(KERA名義でも活動)
キューブ所属

犬山イヌコさんプロフィール

犬山イヌコ(いぬやま イヌコ)
生年月日:12月16日
日本の女優、声優、ナレーター
出身地:東京都
身長:155cm
血液型:O型
代表作
『ポケットモンスター』シリーズ(ニャース)
『怪奇恋愛作戦』(唄子)
『ラブ&ピース』(スネ公)などがある

引用:Neverまとめ

1993年、演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の劇団「ナイロン100℃」に旗揚げから参加し、看板女優として活躍。

太宰治の「遺書」と呼ばれるのはなぜ?

原作の「グッド・バイ」は太宰の遺書と呼ばれることがある。その理由は、この作品を太宰は最期まで書いており、未完のまま自殺してしまったことだと思います。太宰治の遺書は「人間失格」だと言われていますが、実はその「人間失格」を書いた後、執筆にとりかかったのが「グッド・バイ」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です